エッカート・モークリー賞

エッカート・モークリー賞(Eckert–Mauchly Award) は、デジタルシステム、コンピュータ・アーキテクチャの貢献者に授与される賞である。

コンピュータ・アーキテクチャのコミュニティの最も権威のある賞として知られている。

1943年から1946年にかけて、最初の大規模な電子計算機ENIACの設計と作成に協力したジョン・プレスパー・エッカートジョン・モークリーにちなみ、1979年に創設された。

コンピューターとデジタルシステムアーキテクチャの分野で顕著な貢献があった者へ、Association for Computing Machinery (ACM)とIEEE Computer Societyから、賞金5,000ドルとともに贈られる。

受賞者編集

参考文献編集