メインメニューを開く

エッジ・オブ・サニティ

エッジ・オブ・サニティ (Edge of Sanity)は、スウェーデン出身のデスメタルバンドメロディックデスメタル(メロデス)の誕生・発展に多大な貢献を果たした。オーペスミカエル・オーカーフェルトと互いに影響を与え合い、共に70年代のプログレッシブ・ロックデスメタルを組み合わせたスタイルを作り上げた[1]

エッジ・オブ・サニティ
Edge of Sanity
出身地  スウェーデン
エステルイェータランド県
フィンスポング
ジャンル メロディックデスメタル
デスメタル
プログレッシブ・メタル
活動期間 1989年 - 1999年
2003年
レーベル ブラック・マーク・プロダクション
ビクター・エンタテインメント
日本クラウン
メンバー ダン・スワノ (ボーカルギターベースキーボードドラム)
旧メンバー ロバート・カールソン (ボーカル)
サミ・ネルバーグ (ギター)
アンドレアス・ドレッド・アクセルソン (ギター)
アンダース・リンドバーグ (ベース)
ベニー・ラーソン (ドラム)

略歴編集

1989年11月にレコーディングスタジオを所有するダン・スワノ(ボーカル)とそのスタジオを使っていた人を中心に結成。当初は、単なるセッションバンドで本格的な活動を視野に入れていなかった[2]

1990年ブラック・マーク・プロダクションと契約。

1991年に1stアルバム『ナッシング・バット・デス・リメインズ』をリリースしデビュー。

その後も、デモをリリースしつつ、2ndアルバム『アンオーソドックス』、3rdアルバム『スペクトラル・ソロウズ』をリリースする。1994年にリリースされた、4thアルバム『パーガトゥリィ・アフターグロウ』で、ビクター・エンタテインメントから日本盤がリリースされ、日本デビューを果たす。このとき、1stから3rdアルバムまでのアルバムも日本盤がリリースされた。

1996年に40分以上に及ぶ超大作「Crimson」1曲のみで構成された5thアルバム『クリムゾン』をリリース。

1997年リリースの6thアルバム『インフェルナル』は何れの曲もコンパクトかつストレートにまとめられ、キーボードやアコースティックギター等の凝った装飾を排したアレンジも、至ってシンプルな作風に変わっていった。また、6thアルバムは、各楽曲ごとに奏者がクレジットされており、各楽曲ごとに関わっている人が異なっている[3][4]。しかし、同年中に音楽的意見の相違によってダン・スワノは脱退してしまう。その代わりに、ロバート・カールソンがボーカリストとして参加して、同1997年に、7thアルバム『クリプティック』をリリースしている。

その後、1999年前後に解散。

2003年にダン・スワノによって再結成。再結成とはいっても、メンバーは、ダン・スワノ一人である。同年に、8thアルバム『Crimson II』をリリース。同アルバムでは、基本的には、すべてのパートをダン・スワノ一人が担っている。また、ボーカリスト2人とギタリスト2人がゲストで参加している。5thアルバム『クリムゾン』に通じる作品で、前述の「Crimson」を超える、43分の超大作「Crimson II」1曲で構成されている。ただし、今作では、その1曲を9つのパートにわけ、それを更に1トラック2分未満に分割して収録しており、44トラックで43分というアルバムになっている。同年中に、再び解散した。

影響編集

中心人物のダン・スワノはいくつかのインタビューで自身のルーツを語っている。幼少期にはキッスジューダス・プリーストダストラモーンズユーライア・ヒープモキシーなどを愛聴していた[5]。エクストリームメタルの中では、デスペスティレンスヴォイヴォドセルティック・フロストキャンドルマスからの影響を語っている[5]。あるインタビューではお気に入りのプログレッシブ・ロック・アルバムとして、ジェネシスの『月影の騎士』、カンサスの『永遠の序曲』、マリリオンの『美しき季節の終焉』、スポックス・ビアードの『カインドネス・オブ・ストレンジャーズ』、U.K.の『デンジャー・マネー』を挙げている[1]。人生を変えたメタルのアルバムは、デスの『レプロシー』、マーシフル・フェイトの『ドント・ブレイク・ジ・オース~禁断の誓い』と『メリッサ』、ジューダス・プリーストの『運命の翼』と『背信の門』、W.A.S.P.の『魔人伝』だという[6]

メンバー編集

最終メンバー編集

マルチプレイヤーで様々な楽器の演奏を行うことができる。
結成時はボーカル専任だったが、5thアルバム『クリムゾン』よりギター、キーボードを担うようになる。6thアルバムの一部楽曲では、ベースも兼任した。そして再結成後は、全ての楽器を一人で担った。
音楽プロデューサーとしても活動しており、結成当時フィンスポングにスタジオを所有していた。同スタジオは、その後エッジ・オブ・サニティ活動中に、エレブルー県エレブルーに移転している。

旧メンバー編集

  • ロバート・カールソン (Roberth Karlsson) - ボーカル (1997年-1999年)
インキャパシティでも活動していた。スカー・シンメトリーフェイスブレイカーなどで活動中。
  • サミ・ネルバーグ (Sami Nerberg) - ギター (1989年-1999年)
6thアルバム『インフェルナル』には不参加。
  • アンドレアス・ドレッド・アクセルソン (Andreas "Dread" Axelsson) - ギター (1989年-1999年)
3rdアルバム『スペクトラル・ソロウズ』では、ベースも兼任した。3rdアルバムより、ドレッド (Dread)名義でクレジットされるようになった。
マーダックインキャパシティではボーカリストとして活動していた。
  • アンダース・リンドバーグ (Anders Lindberg) - ベース (1989年-1999年)
3rdアルバム『スペクトラル・ソロウズ』には、兵役の関係で参加できなかった。
  • ベニー・ラーソン (Benny Larsson) - ドラム (1989年-1999年)

セッション・メンバー編集

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

EP編集

コンピレーション・アルバム編集

デモ編集

  • Euthanasia (1989年)
  • Kur-Nu-Gi-A (1990年)
  • The Dead (1990年)
  • The Immortal Rehearsals (1990年)
  • Dead But Dreaming (1992年)
  • Darkday (1993年)
  • Lost (1993年)
  • The Spectral Sorrows Demos (1993年)
  • Infernal Demos (1996年)

脚注編集

  1. ^ a b Dan Swano”. 2014年10月8日閲覧。
  2. ^ 奥村裕司 (1994年). "ナッシング・バット・デス・リメインズ" [CDライナー]. エッジ・オブ・サニティ 『Nothing But Death Remains』のアルバム・ノーツ 日本東京都渋谷区: ビクター・エンタテインメント (VICP-23108).
  3. ^ ギタリストのサミ・ネルバーグは参加していないが、作曲には携わった。
  4. ^ 一部の楽曲では、ダン・スワノの参加していない楽曲も存在する。
  5. ^ a b Dan Swano Interview – Witherscape The Inheritance album” (2013年7月16日). 2014年10月8日閲覧。
  6. ^ Interviews Dan Swanö” (2006年2月14日). 2014年10月8日閲覧。

外部リンク編集