メインメニューを開く

エティエンヌ・アンリ・ジルソン(Étienne Henri Gilson、1884年6月13日 - 1978年9月19日)は、フランス哲学者。E・ジルソンと略記されることも多い。

生涯編集

研究編集

指導教官ルシアン・レヴィ=ブリュール (Lucian Lévy-Bruhl) に勧められたことから、デカルトの研究を開始する。そして、1912年に、デカルトの定立した概念がいかに中世に定立された概念に依拠しているかを文献を詳細に比較して分析した『スコラ哲学=デカルト哲学索引』 (Index scolastico-cartésien) を発表する[1]

その上で、近代ないし近世哲学と中世哲学との連続性を主張して、暗黒の中世的な哲学史観に転換を迫り、中世哲学の研究で業績を上げた。コレージュ・ド・フランスで、アンリ・ベルクソンの講義を聞き、トマス・アクィナスの研究を始めた。そこから、中世西洋哲学には、古代ギリシア哲学にはない、存在優位の思想があると主張して、両者の異質性を強調した。

エミール・ブレイエ (Emile Bréhier) らは、物理学や数学にキリスト教的物理学やキリスト教的数学が存在し得ないのと同じように、キリスト教的哲学 (philosophie chrétienne) は、過去には存在しなかったし、本質的に存在し得ないと主張した。これに対して、キリスト教的哲学を肯定する立場から、論争を繰り広げた。ジルソンによれば、哲学には、形式的本質と歴史的実在の二つの秩序がある。そして、キリスト教的哲学は、歴史的実在としての秩序に属し、その意味で過去に存在したし、イスラム哲学ユダヤ哲学と共に、哲学史の研究対象になると説いた。

著書編集

  • 『スコラ哲学=デカルト哲学索引』 (Index scolastico-cartésien, 1912)
  • 『中世哲学史』 (La philosophie au Moyen Âge, 1922)
  • 『デカルト体系の形成における中世思想の役割』 (Études sur le rôle de la pensée médiévale dans la formation du système cartésien, 1930)
  • 『中世哲学の精神』 (L’Esprit de la philosophie médiévale, 1932)
  • 『アベラールとエロイーズ』 (Héloïse et Abélard, 1938)
  • 『存在と本質』 (L'être et l'essence, 1948)
  • 『絵画と現実』 (Peinture et réalité, 1958)
  • 『ベルクソンへの賛辞』 (Hommage à Bergson, 1967)

訳書編集

参考文献編集

  • エティエンヌ・ジルソン『理性の思想史 -哲学的経験の一体性』(三嶋唯義訳、行路社、1985年)の解説ほか。

人物論編集

  • ノーマン・F.キャンター 『中世の発見 偉大な歴史家たちの伝記』
    朝倉文市・横山竹己・梅津教孝訳、法政大学出版局・りぶらりあ選書、2007年
    「第8章 堕落の後で」にジルソン論。本書は歴史家たちの生涯と著作・思想を通し、中世史研究の創始期の足跡を描く。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『理性の思想史 -哲学的経験の一体性』381頁
  2. ^ アメリカ・フランシスコ会で活動した中世思想研究者(1901-1955)

外部リンク編集