エティエンヌ1世 (ブルゴーニュ伯)

エティエンヌ1世フランス語:Étienne Ier, 1065年 - 1102年5月17日)は、ブルゴーニュ伯マコン伯およびヴィエンヌ伯(在位:1097年 - 1102年)。

エティエンヌ1世
Étienne Ier
ブルゴーニュ伯
Etienne de Bourgogne.JPG
在位 1097年 - 1102年

出生 1065年
死去 1102年5月17日
配偶者 ベアトリス・ド・ロレーヌ
子女 イザベル
ルノー3世
ギヨーム3世
クレマンス(マルグリット)
家名 アンスカリ家
父親 ブルゴーニュ伯ギヨーム1世
母親 エティエネット
テンプレートを表示

生涯編集

エティエンヌ1世はブルゴーニュ伯ギヨーム1世とエティエネットの息子で、ローマ教皇カリストゥス2世は弟である。

1097年に兄ルノー2世第1回十字軍のさなかに死去し、エティエンヌが伯位を継承した[1]。エティエンヌも1101年にブロワ伯エティエンヌ2世軍の指揮官として十字軍に参加し[2]アンカラの占領を支援し、メルジフォンの戦いに参加した[3]。エティエンヌは1102年ラムラの戦いで戦死した[3]。伯位は長男ルノー3世が継承した。

家族編集

ロレーヌ公ジェラールの娘ベアトリス(1116/7年没)と結婚し[4]、以下の子女をもうけた。

脚注編集

  1. ^ Setton, Kenneth M.; Baldwin, Marshall W., eds. (1969) [1955]. A History of the Crusades, Volume I: The First Hundred Years (Second ed.). Madison, Milwaukee, and London: University of Wisconsin Press. pp. 350, 363. ISBN 0-299-04834-9.
  2. ^ Setton, Kenneth M.; Baldwin, Marshall W., eds. (1969) [1955]. A History of the Crusades, Volume I: The First Hundred Years (Second ed.). Madison, Milwaukee, and London: University of Wisconsin Press. p. 349. ISBN 0-299-04834-9.
  3. ^ a b Crusade of 1101, Alan V. Murray, The Crusades to the Holy Land: The Essential Reference Guide, (ABC-CLIO, 2015), 57-58.
  4. ^ a b c Mary Stroll, Calixtus the Second, 1119-1124, ed. Robert J. Bast, (Brill, 2004), 9.
先代
ルノー2世
ブルゴーニュ伯
1097年 - 1102年
次代
ルノー3世