メインメニューを開く

エディス・ボッシュラテン語: Edith Bosch1980年5月31日 - )は、オランダデン・ヘルダー出身の女子柔道家。身長183cm[1]

エディス・ボッシュ
基本情報
ラテン文字 Edith Bosch
オランダの旗 オランダ
生年月日 (1980-05-31) 1980年5月31日(39歳)
選手情報
階級 女子70kg以下級
段位 5段
 
獲得メダル
オランダの旗 オランダ
柔道
オリンピック
アテネ 2004 70kg級
北京 2008 70kg級
ロンドン 2012 70kg級
世界柔道選手権
カイロ 2005 70kg級
パリ 2011 70kg級
大阪 2003 70kg級
テンプレートを表示

来歴編集

柔道は7歳の時に始めた[2][3]。1996年の世界ジュニアでは16歳で優勝を果たした。2000年シドニーオリンピックでは7位となった。2003年の世界選手権では、準決勝で上野雅恵に合技で敗れて3位となった。翌年のアテネオリンピックでは、決勝で上野の袖釣込腰で一本負けして2位に終わった[1]。2005年の世界選手権決勝では、フランスのジブリズ・エマヌに指導2で破り世界チャンピオンとなった。2008年の北京オリンピックでは準決勝で上野の内股で技ありを取られて3位に終わった[1]。2011年の世界選手権決勝では、フランスのリュシ・ドコスに指導3で敗れた。2012年7月のロンドンオリンピックでは準々決勝で敗れたが、その後の敗者復活戦を勝ち上がりオリンピック三度目のメダルとなる銅メダルを獲得した[1]。2013年のヨーロッパ選手権団体戦決勝ではフランス相手に2-1とリードした段階において出番を迎え、相手に優勢勝ちを収めてチームに優勝をもたらすことになった。そしてこの試合を最後に現役を引退した[4][5]

陸上競技観戦におけるトラブル編集

8月5日の陸上男子100m決勝をオリンピック・スタジアムで観戦していた際、隣の男がウサイン・ボルトに対する罵声を叫びながらトラックに向かってペットボトルを投げ込んだのを見て、平手でその男の背中を叩いて冷静になるように諭した。男はすぐさま駆けつけた警備員に取り押さえられたが、この騒動でボッシュは決勝レースの模様を見逃してしまったという [6][7]

主な戦績編集

脚注編集