エディ・ラマ(Edi Rama、出生名:Edvin Kristaq Rama、1964年7月4日 - )は、アルバニア政治家画家広報担当者、元バスケットボール選手。文化・青年・スポーツ大臣(第22代、1998年 - 2000年)、ティラナ市長(2000年 - 2011年)、首相(2013年以降)を歴任[1]

エディ・ラマ
Edi Rama
Edi Rama (portret).jpg
2021年
生年月日 (1964-07-04) 1964年7月4日(58歳)
出生地 アルバニアの旗 アルバニア共和国ティラナ
出身校 ティラナ芸術大学
前職 バスケットボール選手画家
現職 政治家
所属政党 アルバニア社会党
配偶者 マチルダ・マコチアルバニア語版(元妻)
リンダ・バシャ(後妻)
子女 1
サイン Edi Rama signature.svg

在任期間 2013年9月28日 - 在任中
大統領 ブヤル・ニシャニ
イリール・メタ

在任期間 2000年10月11日 - 2011年7月25日

在任期間 1998年10月2日 - 2000年10月26日
テンプレートを表示

同国の与党であるアルバニア社会党の党首も務めている。

経歴・人物編集

1964年彫刻家であるクリスタク・ラマ英語版とエドビン・ラマの息子として生まれた。幼い頃からの才能を開花していた。10代の時には、アルバニア代表バスケットボール選手としても活躍している[2]

1982年にはティラナ芸術大学に入学[3]。卒業後は広報担当者として働いていた。

政治家として編集

2000年10月に行われたティラナ市長選挙では、アルバニアの外交官であったベスニーク・マスタファジ英語版を57%で破り、市長に当選。当時、荒廃していたティラナの街を再生させるためにキャンペーンを行った。キャンペーンの中で都心部周辺の開発ラナ川英語版沿いの不法な建築物を取り壊した上で、古い建築物はカラフルな色合いに塗装した[4]。彼は建築認可に関しての問題で汚職で告発されたが証拠不十分で不起訴になっている。

2011年反政府デモについて、彼は当時の与党であったアルバニア民主党に責任を追及し、退陣を求めていた[5]

2013年の議会選挙で彼率いるアルバニア社会党は、前大統領のサリ・ベリシャ候補率いるアルバニア民主党を破り、彼が首相に当選した。

就任以降は欧州一、腐敗していたアルバニアの司法改革[6]を模索し続けた。2016年には議会で「審査法」を承認している[7]。様々な財政や教育改革に携わる中で対立しているセルビアとの和解政策も言及していて、2014年にアルバニアの首相として、70年ぶりのセルビア訪問を果たした[8]2019年に発生したアルバニア地震が発生した際[9]、彼は3ヶ月の非常事態宣言を発出した[10]

2021年の議会選挙でも、アルバニア社会党が勝利した[11]

私生活編集

日常生活では画家として活躍していて、個展を定期的に開いている[12]。元女優のマチルダ・マコチとの間に1男を儲けたが、1991年に離婚している。

脚注編集

外部リンク編集

公職
先代
サリ・ベリシャ
  アルバニア共和国首相
第33代:2013 -
次代