メインメニューを開く
エドゥアール・リウー
『グラント船長の子供たち』(1868年)の扉絵

エドゥアール・リウーÉdouard Riou1833年12月2日 - 1900年1月21日)は19世紀フランスイラストレーター、画家。

経歴と作品編集

イル=エ=ヴィレーヌ県サン=セルヴァン(Saint-Servan)で1833年12月2日に生まれる。子供時代は港湾都市ル・アーヴルで過ごし、海辺の生活には大きな影響を受けた。

印象派の先駆であるシャルル=フランソワ・ドービニーに師事し、フォンテーヌブローの森の風景画を引っさげて1859年にデビューした。

しかし彼は寧ろ挿絵画家として記憶されている。彼の絵はギュスターヴ・ドレのそれと近しい画風であり、エッツェル(Pierre-Jules Hetzel)が出版するジュール・ヴェルヌの諸作品を飾った。『気球に乗って五週間』(1863年)、『地底旅行』(1867年)、『グラント船長の子供たち』(1868年)、『海底二万里』(1869年)、『チャンセラー号の筏』(1875年)、など多数の作品がリウーの挿絵である。

彼のイラストは版画に写され、ヴェルヌ以外の多くの文学作品にも採用されている。例えばウォルター・スコットの『アイヴァンホー』(1880年)、アレクサンドル・デュマの『モンテ・クリスト伯』(1887年)、そしてエルクマン=シャトリアン(Erckmann-Chatrian)の作品群が挙げられる。リウーはまたカミーユ・フラマリオンの"Le Monde avant la création de l'homme"(人類創世以前の地球)やルイ・フィギェ(Louis Figuier)の"La Terre avant le déluge"(大洪水以前の大地)といった通俗科学書の挿絵も描いた[1]

彼は生涯に数万のイラストを描き、出版者たちからの推薦でレジオン・ドヌール勲章を受賞した。1900年1月27日、パリで没。

出典編集

  1. ^ Béguet (1994) : 32.

参考資料編集

  • Bénézit, Gründ, édition 1999.
  • Bruno Béguet (1994). La vulgarisation scientifique au XIXe siècle, La Science pour tous. Exposition, Musée d'Orsay, Paris, 14 mars-12 juin 1994, Bruno Béguet, Maryline Cantor et Ségolène Le Men (dir.), 52, Réunion des musées nationaux (Paris), collection Les Dossiers du Musée d'Orsay : 5-48.

関連書籍編集

  • Guy Gauthier, Edouard Riou, dessinateur : entre le Tour du monde et Jules Verne : 1860-1900, L'Harmattan, 2008.

外部リンク編集