メインメニューを開く

エドゥアール・ヴュイヤールÉdouard Vuillard, 1868年11月11日 - 1940年6月21日)は、19世紀-20世紀フランス画家

エドゥアール・ヴュイヤール
Édouard Vuillard
Édouard Vuillard par Odilon Redon.jpg
『エドゥアール・ヴュイヤール』(1900年)
オディロン・ルドンによるリトグラフ
生誕 (1868-11-11) 1868年11月11日
フランスの旗 フランス帝国キュイゾー英語版
死没 1940年6月21日(1940-06-21)(71歳)
フランスの旗 フランス共和国ラ・ボール英語版
国籍 フランスの旗 フランス
著名な実績 画家装飾家版画家
運動・動向 ナビ派

モーリス・ドニピエール・ボナールらとともにナビ派の1人に数えられる。ヴュイヤールの画面は、他のナビ派の画家よりもさらに平面的、装飾的傾向が顕著である。室内情景など、身近な題材を好んで描き、自ら「アンティミスト」(「親密派」という程度の意味)と称した。生涯独身を通し、酒もたしなまなかったヴュイヤールの絵画は、その渋い色調ともあいまって、穏やかな人柄を彷彿とさせる。晩年の1937年にはパリのシャイヨー宮の室内装飾を担当している。日本美術に影響を受け、日本風と西洋絵画を融合した屏風絵なども多く描いた[1][2]

生涯編集

1868年、ソーヌ=エ=ロワール県キュイゾーに生まれる。その後パリに移る。リセ・コンドルセ英語版で学んでいたときにケル・グザヴィエ・ルーセルモーリス・ドニらと出会った。

1885年にリセ・コンドルセを卒業し、ルーセルの助言で、ルーセルとともに画家ディオジェーヌ・マイヤールの工房で絵画を学んだ。1886年から1888年はアカデミー・ジュリアンで学んだ。1887年に、国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)の入学試験に合格した。1890年までにピエール・ボナールポール・セリュジエと知り合い、「ナビ派」のメンバーになった。画廊「Le Barc de Boutteville」で開かれた展覧会に出展し、後にボナールやモーリス・ドニとスタジオを共有した。1890年代には「作品座」(Théâtre de l'Œuvre)の美術部門で働いた。

1898年にヴェネツィアフィレンツェを訪れたのを初め、ロンドンやイタリア、スペインを訪れた。1901年かでアンデパンダン展に出展し、1903年からサロン・ドートンヌに出展した。装飾画や雑誌の挿絵も描いた。

代表作編集

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ Introduction: Tastemaking in the Age of Art Nouveau: The Role of Siegfried BingGabriel P. Weisberg, Nineteenth-Century Art Worldwide, 2005
  2. ^ Edouard Vuillard, The Folding ScreenNational Gallery of Art, Washington, DC

参考文献編集

  • 『Vuillard / エドゥアール・ヴュイヤー』ステュアート・プレストン解説、木島俊介訳、東京 : 美術出版社、1974年
  • 『ボナール、ヴュィヤール、ルーセル展』(展覧会カタログ) 東京 : ウィルデンスタイン・東京、1974年
  • 『ヴュイヤール展』(展覧会カタログ) 村木明編集、東京 : 読売新聞社、1977年
  • 『ヴュイヤール』(展覧会カタログ)ギャルリー・ところ編、 ギャルリー・ところ、1979年

外部リンク編集