エドフィン・ライネ

エドフィン・ライネフィンランド語: Edvin Laine1905年7月13日 - 1989年11月18日)は、フィンランドの映画監督。

イーサルミ出身。1949年にコメディ映画「Aaltoska orkaniseeraa」を監督。1955年にはヴァイノ・リンナの小説をもとに「無名戦士」を手がけ、国内で一大センセーションを巻き起こした(1985年にはラウニ・モルベルイによりリメイク版が出ている)。1958年の第9回ベルリン国際映画祭では「Sven Tuuva the Hero」が上映され[1]、1968年にもリンナの小説をもとに「Täällä Pohjantähden alla」を制作、国内で成功した。ヘルシンキにて没。

脚注編集

  1. ^ IMDB.com: Awards for Sven Tuuva the Hero”. imdb.com. 2010年1月10日閲覧。