エドマンド・オブ・スコットランド

スコットランド王族

エドマンド(またはエドムンド・オブ・スコットランド(Edmund of Scotland / Etmond mac Maíl Coluim / Eadmund Margotsson, 1070年以降 - 1097年以降)は、スコットランドマルカム3世と王妃マーガレットの次男。ダンカン2世の異母弟で、エドワードの同母弟、エドガーエゼルレッド英語版アレグザンダー1世イーディス(マティルダ)、メアリー英語版デイヴィッド1世の同母兄。スコットランド王の一人に数えられる場合もあるが、王位についていたという明白な証拠はない。

エドマンド
Edmund

出生 1070年以降
死去 1097年以降
家名 アサル家
父親 スコットランドマルカム3世
母親 マーガレット・オブ・ウェセックス
テンプレートを表示

生涯編集

叔父ドナルド3世が異母兄ダンカン2世に王位を奪われると、ダンカン2世の殺害に加担してドナルド3世の復位に協力した。ドナルド3世の復位後はドナルドとエドマンドの共同統治とされ、エドマンドはロージアンおよびストラスクライドの南部を統治した[1]。しかし、同母弟エドガーによりドナルド3世が廃位されると、エドマンドは修道院に送られ、僧として一生を送ることとなり、悔恨の中、1100年頃死去した[2]。エドマンド自身の希望により、鎖で縛られて葬られたという[2]

脚注編集

  1. ^ 森、p.52
  2. ^ a b N. Best, p. 14

参考文献編集

  • 森護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年
  • N. Best The Kings and Queens of Scotland Weidenfeld & Nicolson, 1999.