メインメニューを開く

エドマンド・シェフィールド (第2代バッキンガム=ノーマンビー公)

第2代バッキンガム=ノーマンビー公エドマンド・シェフィールド(Edmund Sheffield, 2nd Duke of Buckingham and Normanby, 1716年1月11日 - 1735年10月30日)は、イギリスの貴族。父は初代バッキンガム=ノーマンビー公ジョン・シェフィールド、母はイングランドジェームズ2世の庶子キャサリン・ダーンリー。1716年から1721年までノーマンビー侯でもあった[1]

唯一存命の嫡男だったため、1721年に父が没した時に5歳で公位を継承した。1732年オックスフォード大学ザ・クイーンズ・カレッジへ入学したが[2]、1735年、ローマ結核により死去した。独身で子供も無かったため爵位は消滅したが、異母兄のチャールズ・ハーバートが領地と家名を受け継ぎ、シェフィールド家は準男爵として存続した[3]

脚注編集

  1. ^ Doyle, James William Edmund (1885). The Official Baronage of England, v. 1. London: Longmans, Green. p. 270. http://books.google.com/books?id=B-kIAAAAIAAJ&pg=PA270 2009年3月22日閲覧。. 
  2. ^ Foster, Joseph (1891–1892). Alumni Oxonienses: The Members of the University of Oxford, 1715–1886. Parker & Co. p. 1284. ISBN 978-1-85506-843-8. http://books.google.com/books?id=q-otAAAAIAAJ&pg=PA1284 2009年3月22日閲覧。. 
  3. ^ Deed Poll Office: Private Act of Parliament 1735 (9 Geo. 2). c. 20
イングランドの爵位
先代:
ジョン・シェフィールド
バッキンガム=ノーマンビー公
1721年 - 1735年
消滅