メインメニューを開く

エドマンド・テューダー (リッチモンド伯)

初代リッチモンド伯エドマンド・テューダー(Edmund Tudor, 1st Earl of Richmond, 1430年頃 - 1456年11月1日)は、イングランドの貴族。オウエン・テューダーキャサリン・オブ・ヴァロワフランスシャルル6世の娘でヘンリー5世の未亡人)の長男でベッドフォード公ジャスパー・テューダーの兄、ランカスター朝最後の国王であるヘンリー6世の異父弟、テューダー朝の始祖である国王ヘンリー7世の父。

エドマンド・テューダー
Edmund Tudor
初代リッチモンド伯
Edmund Tudor.jpg
出生 1430年
イングランド王国の旗 イングランド王国ハートフォードシャー、マッチ・ハダム
またはベッドフォードシャー、ハダム
死去 1456年11月1日
ウェールズの旗 ウェールズ、カーマーセン城
配偶者 マーガレット・ボーフォート
子女 ヘンリー7世
父親 オウエン・テューダー
母親 キャサリン・オブ・ヴァロワ
テンプレートを表示

生涯編集

エドマンド・テューダーは、ハートフォードシャーのマッチ・ハダム(Much Hadham)もしくはベッドフォードシャーのハダム(Hadham)で、オウエン・テューダーとキャサリン・オブ・ヴァロワの息子として生まれた。彼の両親が密かに結婚して、合法的に生まれてきた子なのかどうかは分かっていない。事実はともかくとして、1437年に母が亡くなった後、サフォーク伯ウィリアム・ド・ラ・ポールの姉妹でバーキング女子修道院長キャサリン・ド・ラ・ポールに引き取られ養育、異父兄であるヘンリー6世からは1452年にリッチモンド伯に叙爵・認知された。弟ジャスパーもペンブルック伯に叙された[1][2]

1455年、エドマンドはマーガレット・ボーフォートサマセット公ジョン・ボーフォートの娘)と結婚した。彼女はその時12歳であって、翌1456年に妊娠した。しかしながら、薔薇戦争の始まりでエドマンドはヨーク派ウィリアム・ハーバート(またはウォルター・デヴルー)によって捕らわれ、南ウェールズのカーマーセン城に収監された。そしてそこで伝染病にかかって亡くなった[1][3]

エドマンドの唯一の子であるヘンリーが生まれたのは、その2ヵ月後のことである。

脚注編集

  1. ^ a b 森、P281。
  2. ^ 尾野、P32 - P33、ロイル、P160、P209、桜井、P193 - P195。
  3. ^ 尾野、P33 - P34、ロイル、P228、桜井、P195 - P198。

参考文献編集

爵位
先代:
新設
リッチモンド伯
1452年 - 1456年
次代:
ヘンリー・テューダー