エドワード・ウォード (第9代ダドリー男爵)

第9代ダドリー男爵および第4代ウォード男爵エドワード・ウォード英語: Edward Ward, 9th Baron Dudley and 4th Baron Ward1704年6月16日1731年9月6日)は、イングランド貴族

生涯編集

第8代ダドリー男爵および第3代ウォード男爵エドワード・ウォード(1683年 – 1704年3月28日)とダイアナ・ハワード(Diana Howard、1686年頃 – 1709年3月17日、トマス・ハワード英語版の娘)の息子として、1704年6月16日に生まれた[1]。父の死後に生まれたため、出生と同時にダドリー男爵ウォード男爵の爵位を継承した[1]

1731年9月6日にエプソムで死去、アッシュテッド英語版で埋葬された[1]。生涯未婚だったため、叔父ウィリアムが爵位を継承した[1][2]

出典編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1916). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Dacre to Dysart) (英語). 4 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 484.
  2. ^ "Dudley, Baron (E, 1439/40)". Cracroft's Peerage (英語). 21 September 2009. 2019年10月19日閲覧
イングランドの爵位
先代:
エドワード・ウォード
ダドリー男爵
1704年 – 1731年
次代:
ウィリアム・ウォード
ウォード男爵
1704年 – 1731年