エドワード・ベルチャー

エドワード・ベルチャー
(画)スティーブン・ピアス
自伝の図版の中国の兵士

エドワード・ベルチャー(Sir Edward Belcher, KCB、1799年2月27日 - 1877年3月18日)はイギリスの海軍士官、極地探検家である。

略歴編集

現在のカナダ・ノバスコシア州ハリファックスで生まれた。曽祖父のジョナサン・ベルチャーニュージャージー植民地総督を務めた人物である。1812年にイギリス海軍に入り、1825年にフレデリック・ウィリアム・ビーチーが率いるベーリング海峡から北極海に入る探検航海に参加した。その後、ビーチーが指揮する調査船 HMS Sulfur と HMS Starling の中南米の探検航海に関わり、1837年からビーチーの後を継いで、HMS Sulfurの指揮をとった。1840年からの阿片戦争が始まると、HMS Sulfurを率いて参加し、香港に上陸して戦い、香港沿岸の測量を行った。戦争終了後、ナイトの称号を得た。1847年まで、HMS Samarang で東インド諸島フィリピン巨文島などの測量作業に従事した。

1848年に有名な極地探検家のジョン・フランクリンが行方不明になると、イギリス海軍は大規模な捜索隊を組織し、1852年にベルチャーは5隻の船からなる救援艦隊の指揮官に任じられた。この捜索は成果があげられず、凍結した海に5隻のうち4隻が閉じ込められ、放棄しなければならないという結果に終わり、1854年にイギリスに戻った。その後その責任を問われ、軍事法廷に召喚されたが無罪の判決を受けた。(詳細は『フランクリン遠征』を参照。)1855年に"The last Arctic voyages" を執筆し、自己弁護した。

1867年にバス勲章(KCB)を受勲し、1872年に海軍大将に昇進した。

カナダ、ハドソン湾にあるベルチャー諸島はベルチャーに因んで命名された。

Zoology of the voyage of H.M.S. Sulphur.の図版編集

著作編集

  • Treatise on Nautical Surveying (1835)
  • Narrative of a Voyage Round the World (1843). (Vol. 1 / Vol. 2).
  • Narrative of the Voyage of H.M.S. Samarang, During the Years 1843–46 (1848). (Vol. 1 / Vol. 2).
  • The Last of the Arctic Voyages (1855). (Vol. 1 / Vol. 2).
  • Horatio Howard Brenton (1856). (Vol. 1 / Vol. 2 / Vol. 3).

外部リンク編集

  • Biografie auf der Website der Belcher Foundation