メインメニューを開く

エドワード・リア(Edward Lear、1812年5月12日 - 1888年1月29日)は、イギリスの画家、ナンセンス詩人。リメリック詩(5行脚韻詩)に滑稽な挿絵をつけた作品を発表し、ルイス・キャロルなどに影響を与えた。

エドワード・リア
Edward Lear 1866.jpg
1866年
誕生 1812年5月12日
イギリスミドルセックス州ホロウェイ
死没 (1888-01-29) 1888年1月29日(75歳没)
イタリア王国リグーリア州サンレーモ
職業 画家、挿絵画家、小説家、詩人、音楽家
国籍 イギリス
市民権 イギリス、イタリア
活動期間 19世紀
ジャンル 児童文学ナンセンス文学、リメリック
代表作 『ナンセンスの絵本』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

リアはロンドン郊外のホロウェイに、株式仲買人の父の20番目の子供として生まれた。21歳年の離れた姉のアンに育てられたが、15歳のときに父親が破産したため、絵を学ぶために徒弟奉公に出た。19歳のときに写生画をまとめた『オウム図譜』を出版する。彼の鳥類図はジョン・ジェームズ・オーデュボンなどとよく比較され、彼は終世このような写実的な画家として活動した。絵の技術を見込まれて短期間ヴィクトリア女王に絵の手ほどきをしたこともある。

リアの鳥類図はダービー伯の目に留まり、彼はダービー伯の私設動物園で動物画を描くことになった。1832年から1836年までの滞在中、彼は動物画を描く傍らダービー伯の孫たちに滑稽な絵を描いたりその絵におかしな詩をつけたりして楽しませた。1846年にこれらをまとめた『ナンセンスの絵本』を出版、これ以後も画家として活動する傍らナンセンスの詩画集を執筆した。彼のナンセンス作品は彼の存命中から広く読まれ、これによってリメリックの詩形が一般に知られるようになった。

その詩はジョージ・オーウェルオルダス・ハクスリーハーバート・リードといった後世の作家に高く評価された。またジョージ・オーウェルによると彼の画家としての作品はジェームズ・サーバーに影響を与えている[1]

また「ランシブル(Runcible)」と呼ばれる造語を作ったことで知られる。この言葉自体は意味を持たない言葉だがその後、さまざまな作家によって形容詞、キャラクター名、地名などとして使われるようになった。

目次

エドワード・リアの絵画編集

参考文献編集

  • エドワード・リア 『ナンセンスの絵本』 柳瀬尚紀訳、岩波文庫、2003年
  • リチャード・ダルビー 『子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち』 吉田新一、宮坂希美江訳、西村書店、2006年

参照編集

外部リンク編集