エド 山口(エド やまぐち、本名:武東 郁夫(むとう いくお)、1948年昭和23年〉7月9日 - )は、日本タレント俳優ギタリストラジオパーソナリティ[1][2][3][4][5][6]

エド 山口やまぐち
本名 武東 郁夫
生年月日 (1948-07-09) 1948年7月9日(75歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都中央区
身長 177cm
職業
ジャンル
活動期間 1982年 -
配偶者 井上望
著名な家族 モト冬樹(実弟)
主な作品
テレビドラマ
電光超人グリッドマン
激走戦隊カーレンジャー

ラジオ番組
野放しワイド!エド山口のしびれて土曜日
バラエティー番組など
お笑いスター誕生
 
受賞
お笑いスター誕生』19週連続勝ち抜き入賞
テンプレートを表示

エレクトリック・ギターバンド「エド山口&東京ベンチャーズ」のリーダー。モト冬樹の実兄。釣り好き芸能人としても有名。東京都中央区築地出身。和光大学成城大学中退。

所属事務所は、株式会社オフィスアイリス(2013年〜)。

来歴・人物

編集

裕福な開業医の家に生まれる。曾祖父は警察署長、祖父は海軍主計大佐という堅い家系だった。医者の息子ということで慶應義塾大学医学部、東京慈恵会医科大学日本医科大学東京医科大学順天堂大学医学部を受験するが全て不合格。和光大学経済学部成城大学経済学部に進学するがいずれも中退。ザ・ベンチャーズに影響を受けてギターを知り、高校時代にセミプロ的活動ののち、大学時代には横浜ジャズベースを勉強し、帰郷後すぐ弟(モト冬樹)らとソウルバンド“ブルーエンジェル”を結成。当時のメンバーにはエド、モトのほか、グッチ裕三らがいる。エドはブルーエンジェルに参加していたが、いそがしバンドやビジーフォーには参加していない。父親は「代々の医家ではないし、アメリカでもなければ医者は儲からない」などと言ってエドの自由にさせていたが、母親は「音楽なんて堅気の仕事ではない」と、エドの音楽活動には猛反対していた。

1982年、『お笑いスター誕生』で8週勝ち抜き、金賞を獲得。以後、テレビ・ラジオを中心にタレント俳優音楽家として多岐にわたり活動。

内藤やす子に提供した「六本木ララバイ」は第40回NHK紅白歌合戦でも歌われたヒット曲として有名。

1996年、自らのバンド「エド山口&東京ベンチャーズ」を結成、活動開始。兄弟で東京ドンバーズとしても活動したことがあった。

ラジオではYBSラジオエフエム世田谷の番組のラジオパーソナリティとして軽快なトークでリスナーの支持を得ている。

これまでは俳優としての活動がメインだったが、2012年、漫談家としての活動も本格化。「ギタージョッキー・エド山口の作詞講座」と題し、ヒット歌謡曲の歌詞の矛盾や、洋楽カバー曲の珍妙な訳詞に突っ込みを入れる内容の漫談を、エレクトリック・ギターを鳴らしながら披露している。

釣りが趣味であり、磯釣りでは小笠原をはじめ日本・世界の全ての離島で大物釣りに挑戦している。また釣り関連のテレビ番組にも時折出演し、釣り専門の雑誌にコラムを連載するなど、釣りにも造詣が深い。

自身がプロデュースした浮子(ウキ)が佐賀県の釣り具製作販売会社「kizakura」から商品化されている。

2番目の妻は元アイドル・音楽プロデューサー井上望。2人の娘と家族で『土曜スペシャル』(テレビ東京)の旅行番組に出演。

2020年1月より、YouTubeチャンネルを開設。71歳でYouTubeデビューを果たす。

エド山口としての活動

編集

ドラマ

編集
など

映画

編集

ラジオ・メディア

編集

舞台

編集

バラエティー

編集

釣り番組

編集

連載

編集
  • つりマガジン 「エド山口のOh!エド釣り談義帳」
  • つりえさの本 「エド山口の釣り伝道師が征く !」
  • 釣場速報関東版「エド山口の江戸っ子釣り談義」

エド山口&東京ベンチャーズ

編集
エド山口&東京ベンチャーズ
別名 東京ベンチャーズ
活動期間 1996年 ~
レーベル ガウスエンタテインメント(1996年 - 2005年)
徳間ジャパンコミュニケーションズ(2005年 - )
テイチクエンタテインメント
ホリデージャパン
アクセスエンタテインメント
夢レコード
公式サイト http://www.oh-edo.com
メンバー エド山口(Guitar)
TAKUちゃん(Bass)
"DON"清原(Guitar)
おのひろみち(Drums)
ザ・ベンチャーズ

エド山口&東京ベンチャーズ (エド・やまぐち・アンド・とうきょうベンチャーズ)は、1996年リードギター担当のエドを中心に結成された本格的インストゥルメンタルバンド。主にライブハウスを中心に活動する。これまでアルバム12枚、DVD1巻を発売。

メンバー

編集

ディスコグラフィ

編集

アルバム

  1. 激突! エレキ天国
  2. 激突! エレキ天国2
  3. 激突! エレキ天国3
  4. 激突! エレキ天国番外編 ~ Oh! エド冬の陣 ~
  5. 激突! エレキ天国4
  6. 激突! エレキ天国5
  7. 激突! エレキ天国6
  8. 突激! エレキ地獄777
  9. Plays THE VENTURES 1
  10. Plays THE VENTURES 2
  11. 激突! エレキパーティー2012
  12. 激突! エレキ・パラダイス

ビデオ(2008年にDVDで再リリース)

  1. バンドテクニック向上委員会

発売はアルバム「激突! エレキ天国(1 〜 5、番外編)」ビデオ「バンドテクニック向上委員会」まではガウスエンタテインメント(2005年7月1日付で徳間ジャパンコミュニケーションズと合併)、「激突! エレキ天国6」は徳間ジャパンコミュニケーションズ、「Plays THE VENTURES 1・2」はテイチクエンタテインメント、「突激! エレキ地獄777」はホリデージャパン、「激突! エレキパーティー2012」はアクセスエンタテインメント、「激突! エレキ・パラダイス」は夢レコードからそれぞれリリースされている。

関連人物

編集

外部リンク

編集

脚注

編集

出典

編集
  1. ^ "六本木の交差点で松崎しげるに言われた「衝撃の言葉」/芸能界の奇才・エド山口の「おひとりさま」破天荒人生(1)". Asagei Plus. 徳間書店. 9 December 2023. 2023年12月10日閲覧
  2. ^ "浅丘雪路の曲に「あなたのステテコ」アホな歌詞を挿入/芸能界の奇才・エド山口の「おひとりさま」破天荒人生(2)". Asagei Plus. 徳間書店. 9 December 2023. 2023年12月10日閲覧
  3. ^ "黒ブチ眼鏡のオトコと大塚の連れ込み宿に入ったらエライことに!/芸能界の奇才・エド山口の「おひとりさま」破天荒人生(3)". Asagei Plus. 徳間書店. 10 December 2023. 2023年12月10日閲覧
  4. ^ "8週連続勝ち抜いたお笑いオーディションに「そのまんま東、おぼん・こぼん、コロッケ」がいた/芸能界の奇才・エド山口の「おひとりさま」破天荒人生(4)". Asagei Plus. 徳間書店. 10 December 2023. 2023年12月10日閲覧
  5. ^ "「たけし軍団に入らないか」と誘われて断ったワケ/芸能界の奇才・エド山口の「おひとりさま」破天荒人生(5)". Asagei Plus. 徳間書店. 11 December 2023. 2023年12月11日閲覧
  6. ^ "実弟・モト冬樹が「アニキは周回するマグロと一緒。止まったら終わり」/芸能界の奇才・エド山口の「おひとりさま」破天荒人生(6)". Asagei Plus. 徳間書店. 11 December 2023. 2023年12月11日閲覧