メインメニューを開く

エニイ・タイム・アット・オール

エニイ・タイム・アット・オール」 ("Any Time At All") はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

エニイ・タイム・アット・オール
ビートルズ楽曲
収録アルバム ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
リリース 1964年7月10日
録音 1964年6月2日
ジャンル ロック
時間 2分15秒 (monaural version)
2分11秒 (stereo version)
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ハード・デイズ・ナイト 収録曲
A面
  1. ハード・デイズ・ナイト
  2. 恋する二人
  3. 恋におちたら
  4. すてきなダンス
  5. アンド・アイ・ラヴ・ハー
  6. テル・ミー・ホワイ
  7. キャント・バイ・ミー・ラヴ
B面
  1. エニイ・タイム・アット・オール
  2. ぼくが泣く
  3. 今日の誓い
  4. 家に帰れば
  5. ユー・キャント・ドゥ・ザット
  6. アイル・ビー・バック

目次

解説編集

本作は1964年に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバムビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』のB面1曲目に収録された楽曲である。レノン=マッカートニーの作。実質的にはジョン・レノンの作品である。レコーディングに入った時点では未完成であり、ミドルエイトが未完成であったため、レコーディング中に完成された。

冒頭の「バン」というドラム音はリンゴ・スターによる、スネア・ドラムバス・ドラムを同時に叩いて出した音である。続くタイトル・コールの最初の部分はジョン・レノンで、すぐに続く2回目はポール・マッカートニー[1]が歌っている。

ジョン・レノンは後年、セカンドアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』A面1曲目の「イット・ウォント・ビー・ロング」に感化して作ったと語っている。

ミキシング編集

アメリカ盤『サムシング・ニュー』のモノラル盤ヴァージョンは間奏のピアノが遅れてフェード・インしてくる。

収録盤編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 高音のためジョンでは出せなかったためである。

関連項目編集