エバラ食品工業

エバラ食品から転送)

エバラ食品工業(エバラしょくひんこうぎょう、英語表記: Ebara Shokuhin)は、神奈川県横浜市西区に本社がある食品メーカー焼肉のたれなど家庭用・業務用調味料の製造・販売を行っている企業である。独立系で、通称はエバラ食品エバラ。コーポレート・スローガンは「こころ、はずむ、おいしさ。」。ポンプなどで知られる荏原製作所とは共通点が本社・工場が旧荏原区(現:品川区)にあったと言う部分のみで有り、資本・人材を含めて関連は一切ない。

エバラ食品工業
Ebara Shokuhin
Ebara logo.svg
Shimizu Kensetsu MM46 Office Building 04.jpg
本社が入居する横浜アイマークプレイス
種類 株式会社
市場情報
略称 エバラ食品、エバラ
本社所在地 日本の旗 日本
220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目4番5号
横浜アイマークプレイス14階
設立 1958年5月9日
業種 食料品
法人番号 5020001022870 ウィキデータを編集
事業内容 調味料の製造販売
代表者 代表取締役社長 宮崎遵
資本金 13億8,713万円
売上高 連結:512億2,800万円
単体:427億6,500万円
(2020年3月期)
純資産 連結:254億7,500万円
単体:220億3,800万円
(2020年3月31日現在)
総資産 連結:375億700万円
単体:326億100万円
(2020年3月31日現在)
従業員数 連結:753名
(2020年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 有限会社ウッドヴィレッジ 12.62%
株式会社池竹研究所 9.75%
(2013年3月31日現在)
関係する人物 森村國夫(創業者)
外部リンク https://www.ebarafoods.com/ Sound-icon.svg音量注意
テンプレートを表示

沿革編集

拠点編集

主な商品編集

  • 焼肉のたれシリーズ
  • 黄金の味シリーズ - 同社の主力商品。ネーミングは1978年(昭和53年)のNHK大河ドラマ黄金の日日』から採った[2]。焼肉のタレ部門では日本食研の焙煎にんにくと並んでシェア争いを繰り広げている。年間出荷は約4000万本で、2017年に初の大幅リニューアルを実施した[3]
  • 焼肉応援団シリーズ
  • おろしのたれシリーズ
  • 浅漬けの素シリーズ
  • 担々ごま鍋の素
  • キムチ鍋の素
  • プチッと鍋
  • すき焼のたれ
  • どんぶりのたれシリーズ
  • 横濱舶来亭シリーズ

※ また、一般販売されていないが日本マクドナルドで販売されるてりやきマックバーガーのテリヤキソースなどもある。

スポンサー活動編集

製作は電通博報堂。全国の民放テレビ局スポットCMが放送されている。なお、提供番組は下記の通り。

現在
過去

※ 「エバラでいっただきま~す」と題したCMも放送されていた。また「焼肉のたれ」のCMジングルはたかしまあきひこ作曲である。

出演者編集

現在の出演者

女性

男性

過去の出演者

女性

男性

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 出典:本間之英『誰かに教えたくなる「社名」の由来 不況に強い企業精神』講談社 ISBN 4062812657 p87
  2. ^ “焼肉のたれ「黄金の味」35周年 商品名の由来は“大河ドラマ”にあった!”. えん食べ. (2013年7月4日). http://entabe.jp/news/article/2316 2015年7月31日閲覧。 
  3. ^ 発売以来初!「黄金の味」シリーズを大幅リニューアル”. エバラ食品工業(2017年5月17日). 2017年9月1日閲覧。
  4. ^ "佐藤栞里が「プチッと鍋」のCMに「普段あまり料理をしない私でもすぐ作れました」". サンスポ(2016年8月2日)2016年8月16日閲覧.
  5. ^ 「私はベジタリアン」と菜食主義をテレビで発言したことから途中降板。焼肉のたれのCMのスピンオフ企画映画「エバラ家の人々」にも出演。
  6. ^ 現在も『はやく起きた朝は…』(フジテレビ)で共演。

関連項目編集

外部リンク編集