エフロシニヤ・ムスチスラヴナ

エフロシニヤ・ムスチスラヴナロシア語: Ефросинья Мстиславна1130年 - 1186年)はキエフ大公ムスチスラフ1世と、その2人目の妻リュバヴァ(ru)ノヴゴロドポサードニク・ドミトル(ru)の娘)との間の子である。1146年から1162年まで、アールパード朝ハンガリー王国の王妃の座にあった。

エフロシニヤ・ムスチスラヴナ
Ефросинья Мстиславна
ハンガリー王妃
Flight of Vladimir Mstislavich to Hungary; Vladimir with his brother-in-law, Géza II of Hungary, and his wife and sister of Vladimir, Euphrosyne of Kiev.jpg
ハンガリーに逃亡した兄ウラジーミルを迎えるエフロシニアと夫ゲーザ2世
在位 1146年 - 1162年

出生 1130年
死去 1186年
配偶者 ハンガリーゲーザ2世
子女 一覧参照
家名 リューリク家
父親 キエフ大公ムスチスラフ1世
母親 リュバヴァ・ドミトリエヴナ
テンプレートを表示

生涯編集

1146年、16歳の時にハンガリー王ゲーザ2世と結婚し、王妃となった。2人の間には7人の子が生まれ、そのうち2人は後にハンガリー王となった。ゲーザ2世は1162年に死亡するが、エフロシニヤはその後も24年間生き永らえた。1186年に、王位継承問題闘争を原因として、息子のうちの1人であるベーラ3世によってブラニチェヴォの要塞に幽閉され、さらにビザンツ帝国へ移送された。その後すぐにエルサレムのイオアン修道院[注 1]修道女となったことが判明している。

子女編集

ハンガリー王ゲーザ2世との間に以下の子女をもうけた[注 2]

注釈編集

  1. ^ 「イオアン修道院」はмонастыря иоаннитовの直訳による。
  2. ^ 「ボヘミア公ベドジフ」「ボヘミア公スヴァトプルク」「オーストリア辺境伯レオポルト5世」の表記は「パムレーニ・エルヴィン編『ハンガリー史 2』354頁」の家系図内の表記を参照した。

参考文献編集

  • Brigitte Sokop:Stammtafeln europäischer Herrscherhäuser. 3. Aufl. Wien 1993.
  • パムレーニ・エルヴィン編、田代文雄・鹿島正裕訳『ハンガリー史 2』(増補版)恒文社、1990年。