メインメニューを開く
エボナイト製品の例

エボナイト英語:ebonite)はゴムの一形態である。硬く光沢をもったゴムで、外観がコクタン(ebony)に似ていることからエボナイトと呼ばれる。開発者はチャールズ・グッドイヤーであり、生ゴムを長時間加硫して硬化させたものである。含硫率は、30%-40%に及ぶ。エボナイトは耐候性、耐酸性、耐アルカリ性にすぐれ、また機械的強度が強い。ボウリングの球や、万年筆の軸・インク供給部フィード、サクソフォーンクラリネットといった楽器のマウスピース喫煙用パイプのマウスピースに用いられている。絶縁性も極めて高く、かつては電材として絶縁体に用いられてきたが、 現在[いつ?]ではより加工の容易な他の材料に取って代わられている。黒い色をしている製品が多いが、マーブル柄などの色エボナイトも存在する。見た目や質感は似ているがいわゆるプラスチック(合成樹脂)とは異なるものであり、あくまでゴムの一種であり天然樹脂に分類されるものである。 万年筆の軸に遣われる素材は他にもレジンセルロイドがあるが、エボナイトで作られた物が最も製品的に優れていると云われている。材質が稀少であるため、現在はエボナイトでレギュラー品を制作するメーカーは少なく、一部のメーカーが軸などにエボナイトを使用する程度である。

関連項目編集

外部リンク編集