メインメニューを開く

エマ・マースクEmma Maersk)は、マースク・ラインが所有・運航しているコンテナ船で、2012年11月にCMA CGM マルコ・ポーロが就役するまで世界最大のコンテナ船であった。

エマ・マースク
Emma Mærsk2.jpg
オーフスで停泊中のエマ・マースク
基本情報
船種 コンテナ船
クラス PSクラス(エマ・マースク級)
船籍  デンマーク
運用者 A.P. モラー・マースク
建造所 オーデンセ・スチール造船所
経歴
進水 2006年5月18日
竣工 2006年8月31日
要目
総トン数 170,794トン
載貨重量 156,907トン
全長 397.71 m
垂線間長 376.0 m
56.4 m
深さ 30.0 m
喫水 15.5 m
機関方式 ヴァルチーラ-スルザー 14RT-flex96C型ディーゼル 1基
出力 109,000馬力(8万2000kw)
速力 25.5ノット以上(27.0ノットとも)
乗組員 13名
積載能力 11,000 TEU
(14,500 TEU、15,000 TEUとも)
テンプレートを表示
ドイツのブレーマーハーフェンにて
全長の比較

概要編集

PSクラス(エマ・マースク級)8隻の1番船として、2006年8月31日、デンマークのオーデンセ・スチール造船所で竣工(建造中に火災事故が起こり、当初予定より2ヶ月程遅れている)。 9月7日から欧州〜極東航路に就航し、日本には10月8日神戸港(六甲アイランド)、9日名古屋港(飛島埠頭)、10日横浜港(南本牧埠頭)にそれぞれ初寄港した。 しかし、現在では本船を含むPSクラスは日本への寄港を休止している。

特徴編集

総トン数、載貨重量トン数、長さ、幅、全てがそれまでのコンテナ船を大きく凌ぐ、就役当時は史上最大のコンテナ船で、397.71mの全長は船舶の歴史上でも8番目の長さであり(7番目までは全て全長400m超のタンカー)、 56.4m(コンテナ22列)の幅は従来船より10m以上も大きく、これに届くガントリークレーンを備えた港湾は限られている。 また、主機の単機出力109,000馬力のディーゼルエンジンは船舶に搭載されたものでは最強である。

同型船編集

  • 「Estelle Maersk」
  • 「Eleonora Maersk」
  • 「Evelyn Maersk」
  • 「Ebba Maersk」
  • 「Elly Maersk」
  • 「Edith Maersk」
  • 「Eugen Maersk」

関連項目編集

2013年から就役しているコンテナ船。韓国の大宇造船海洋が受注し、2015年までに10から30隻が建造される。全長400m、幅59m、コンテナ積載数は18,000TEUに達し、新たな世界最大級のコンテナ船である。[1]

参考文献編集

  • 海人社『世界の艦船』2006年11月号 No.666
  • 海人社『世界の艦船』2007年1月号 No.668
  • 渡辺逸郎『コンテナ船の話』成山堂書店 2006年 ISBN 978-4-425-71371-4

外部リンク編集