メインメニューを開く
エミール・ソーレ

エミール・ソーレÉmile Sauret, *1852年5月22日 ダン=ル=ロワ – †1920年2月12日 ロンドン)はフランスヴァイオリニスト作曲家・音楽教師。

8歳からヴァイオリン神童ヴィルトゥオーゾとしてフランスはもちろん、イギリスドイツオーストリアイタリアで演奏活動を行い、1872年アメリカ合衆国にデビューした。フランツ・リストとも共演している。1873年から1875年までベネズエラ人ピアニストのテレサ・カレーニョと結婚。テオドール・クラックのベルリン新音楽アカデミーや、ロンドン英国王立音楽院で教鞭を執る。1903年から1906年までシカゴジュネーヴで指導を行い、最終的にロンドンに定住した。

100以上のヴァイオリン曲を作曲しており、そこにはパガニーニの《ヴァイオリン協奏曲 第1番》第1楽章の有名なカデンツァも含まれている。その他に《ヴァイオリン・ソナタ イ長調》やヴァイオリン独奏と管弦楽のためのセレナードバラードスケルツォ舟歌などがある。また教程本『パルナッソス山への階梯 "Gradus ad Parnassum" 』(1894年)も執筆した。

参考文献編集

  • ヴァイオリン・ソナタの出版譜(ISMN M-001-03262-9)

外部リンク編集