エメリー1世・ド・シャテルロー

エメリー1世・ド ・シャテルロー(Aimery I de Châtellerault, 1075年頃 - 1151年11月7日)は、シャテルロー副伯にしてアキテーヌ公ギヨーム10世アエノール・ド・シャテルローの父。

エメリー1世・ド・シャテルロー
Aimery I de Châtellerault
シャテルロー副伯
Blason ville fr Châtellerault (Vienne).svg
シャテルローの紋章
次代 ユーグ2世・ド・シャテルロー
配偶者 ダンジュルーズ・ド・リル=ブシャール(アモーベルジュ)
子女 ユーグ
ラウル
アエノール
アマブル
アワ
父親 ボソ2世・ド・シャテルロー
母親 アリエノール・ド・トゥーアール
死亡 1151年11月7日
ノートルダム・ド・ノワイエ修道院(ヌットル)
テンプレートを表示

中世ヨーロッパの歴史の中で最も有名な女君主、フランスイングランド両国の王妃でありアキテーヌ女公でもあったアリエノール・ダキテーヌの外祖父に当たる。

親族編集

エメリー1世はシャテルロー卿ボソ2世とその妻アリエノール・ド・トゥアールとの間に生まれた。父方の祖父母はユーグ1世・ド・シャテルローとその妻ジェルベルジュ。母方の祖父母はトゥアール子爵エメリー4世英語版とアレンガルド・ド・モレオン

孫娘アリエノールを通じ、エメリー1世は以下多くの君主・貴族の祖先に当たる。

生涯編集

結婚編集

エメリーは、リル=ブシャール卿バルテルミーとその妻ジェルベルジュ・ド・ブレゾンの娘アモーベルジュと結婚した。妻アモーベルジュは後にギヨーム9世の愛妾となった後にダンジュルーズと称されるようになる[1]

妻との間に少なくとも以下5子をもうけたとされる。

  • アエノール(1103年頃 - 1130年3月) - アキテーヌ公ギヨーム10世[1]。アキテーヌ女公アリエノールペトロニーユ、そしてギヨーム・エグレの母。
  • アマブル(1105年 - 没年不明)- タイユフェル家アングレーム伯ヴュルグラン2世(1140年没)の2人目の妻。
  • ユーグ(1110年頃 - 1176年) - 父からシャテルロー子爵位を継承[1]
  • ラウル(1112年 - 1185年) - フェイ=ラ=ヴィヌーゼ女子相続人エリザベート・ド・フェイと結婚し、フェイ=ラ=ヴィヌーゼ領主となった[1]
  • アワ - ピエール=エリー・ド・ショヴィニーと結婚した。アンドレ・ド・ショヴィニーの母。

フランス王妃となり後にイングランド王妃となった孫娘アリエノール・ダキテーヌは、母方の叔父ユーグとラウルをとても慕っていたと伝えられている。

妻誘拐事件編集

1115年、結婚生活7年経った頃、妻アモーベルジュがアキテーヌ公ギヨーム9世によって寝室から「誘拐」された。アモーベルジュはギヨーム9世が治めるポワティエ伯領の城のモーベルジョン塔に連れて行かれ、囲われた。そのため、アモーベルジュは「ダンジュルーズ」(ポワトゥー語でダンジュローザ Dangerosa, 危険な女)、あるいは住居モーベルジョン塔にちなんで「モーベルジョンヌ」と呼ばれた。

このような女性の誘拐は、中世ヨーロッパの貴族社会ではかなり一般的であった。しかし、この一件に関してはアモーベルジュが自ら望んでギヨーム9世に誘拐されたという説も存在する。アキテーヌ公は、その生前の業績が残った知られている最初のトルバドゥールであり、当時の女性から大層人気があり、それゆえに多くの女性問題を抱えていることで知られていた。

アモーベルジュことダンジュルーズは、以降残りの余生を愛妾としてギヨーム9世に寄り添うことを選んだ。この件に関し、エメリーによる抗議の記録はない。それはエメリーが有力で激しやすい君主の怒りを恐れていたため、エメリーが泣き寝入りする形で事態が収束したとされる。

「誘拐」と不倫に対して訴訟を起こしたのは、アキテーヌ公妃のフィリッパ・ド・トゥールーズである。ダンジュルーズの双方はその所業により、教皇から破門された。

ギヨーム9世は彼の財力と権力を使い(おそらく教皇に多額の金銭などを寄付したとされる)、最終的に教皇と和解し、カトリック教会に破門を撤回させた。

1121年にエメリー1世とダンジュルーズの娘アエノールは、ギヨーム9世の嗣子であるアキテーヌ公ギヨーム10世と結婚した。この縁組はダンジュローズに促されて生じたとされる。

歴史家の見解でも、アキテーヌ公ほどの権力者が家臣の娘と自分の嫡男を結婚させる利点が特になく、他の理由に見当が付かない。それだけでなく、後のギヨーム10世から見ればアエノールは、母のフィリッパを追い詰めた、憎き父の愛妾の娘であった。

そのような理由にもかかわらず、孫娘アエノールの結婚はアリエノール・ダキテーヌの誕生につながり、エメリー1世はヨーロッパで最も有名な君主・貴族たちの先祖となった。

脚注編集

  1. ^ a b c d Painter 1955, p. 381.

参考文献編集

  • Painter, Sidney (1955). "The Houses of Lusignan and Chatellerault 1150-1250". Speculum. Vol. 30, No. 3 July.
  • Markale, Jean. Eleanor of Aquitaine: queen of the troubadours. Rochester, Vt.: Inner Traditions, 2007. Print.
  • Paden, William D.. "The Troubadour's Lady: Her Marital Status and Social Rank." Studies in Philosophy 72.1 (1975): 28-50. JSTOR. Web. 14 Nov. 2010.
  • Swabey, Ffiona. Eleanor of Aquitaine, courtly love, and the troubadours . Westport, Conn.: Greenwood Press, 2004. Print.
  • Weir, Alison. Eleanor of Aquitaine: a life. New York: Ballantine Books, 2000. Print.