メインメニューを開く

エラッジ・バルデ

カナダのフィギュアスケート選手

エラッジ・バルデフランス語: Elladj Baldé, 1990年11月9日 - )は、ロシアモスクワ出身、カナダフィギュアスケート選手(男子シングル)。

Pix.gif エラッジ・バルデ
Elladj Balde
Figure skating pictogram.svg
2011 Canadian Championships Elladj Baldé.jpg
2011年カナダ選手権でのバルデ
基本情報
代表国: カナダの旗 カナダ
生年月日: (1990-11-09) 1990年11月9日(29歳)
出生地: ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
身長: 171 cm
コーチ: ブルーノ・マルコット
元コーチ: マノン・ペロン
佐藤有香
ジェイソン・ダンジェン
エリック・テリアン
リネット・オーレット
アンナ・シェルバトフ
振付師: ジュリー・マルコット
元振付師: パスカーレ・カメレンゴ
佐藤有香
ベンジー・シュウィマー
タイラー・マイルズ
ジャン=ピエール・バイエル
マイケル・サイバート
所属クラブ: CPA Pierrefonds
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 242.36 2015 CSネーベルホルン杯
ショートプログラム: 78.56 2015 CSネーベルホルン杯
フリースケーティング: 163.80 2015 CSネーベルホルン杯

2015年ネーベルホルン杯優勝。

人物編集

バルデは父がギニア出身、母がロシア出身で、モスクワで生まれてまもなくの1992年に一家でカナダに移民、モントリオールに在住している。フランス語話者の選手に友人が多いが、ロシア語も流暢に話す。かつては母もフィギュアスケート選手で、妹も競技会に出場している。

経歴編集

7歳でスケートを始め、2004-2005シーズンにプレノービスクラスで優勝。2005-2006年シーズンにはノービスクラスに昇級し2位となりカナダジュニアナショナルチームに選出され[1]、翌2006-2007シーズンからジュニアグランプリシリーズに参戦した。

2008-2009シーズン、ジュニアグランプリシリーズのメキシコ杯で2位、スケートサファリで3位となり、ジュニアグランプリファイナルに初進出し7位に入る。世界ジュニア選手権でも8位に入った。前十字靭帯を断裂し手術を行ったため、6ヶ月の休養を要した。その影響で2009-2010シーズンの試合を全て欠場した[2]

2010-2011シーズン終了後にコーチを佐藤有香ジェイソン・ダンジェンに変更し、練習拠点をアメリカデトロイトに移した。2013-2014シーズンのカナダ選手権では3年連続の4位。

2015-2016シーズンよりコーチをブルーノ・マルコットとマノン・ペロンに変更し、練習拠点を4年ぶりにカナダに戻した。ネーベルホルン杯ではシニアの国際大会で初優勝を飾った。

主な戦績編集

大会/年 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18
世界選手権 18
四大陸選手権 18 11 8
カナダ選手権 2 N 2 J 1 J 10 5 4 4 4 6 7 6
GPロステレコム杯 6
GP NHK杯 6 11 10
GP中国杯 11
GPスケートカナダ 10 7 7
CSオータムクラシック 欠場
CS USクラシック 8
CSネーベルホルン杯 10 14 5 1
CS ロンバルディア杯 4
世界Jr.選手権 21 8
JGPファイナル 7
JGPスケートサファリ 3
JGPメキシコ杯 2
JGP J.カリー記念 7
JGP B.シュベルター杯 14
JGPリベレツ 6
JGPミエルクレアチウク 10
  • J - ジュニアクラス
  • N -ノービスクラス

詳細編集

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年1月22日-27日 2018年四大陸フィギュアスケート選手権台北 12
75.17
8
163.03
8
238.20
2017年9月20日-23日 ISUチャレンジャーシリーズオータムクラシックピエールフォン  
 
 
 
欠場
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 3
77.45
6
149.71
6
227.16
2016年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 5
76.29
11
119.03
10
195.32
2016年11月4日-6日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 6
76.36
8
149.09
6
225.45
2016年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 4
74.32
8
133.62
8
207.94
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年1月18日-24日 カナダフィギュアスケート選手権ハリファックス 7
69.02
7
140.99
7
210.01
2015年11月27日-29日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 11
69.47
8
141.62
11
211.09
2015年11月6日-8日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 12
64.68
10
134.73
11
199.41
2015年9月23日-27日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 2
78.56
1
163.80
1
242.36
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年1月19日-25日 カナダフィギュアスケート選手権キングストン 7
64.79
4
139.59
6
204.38
2014年11月28日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯門真 7
67.50
6
145.00
6
212.50
2014年9月24日-27日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 3
71.73
5
125.05
5
196.78
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 22
62.84
17
132.55
18
195.39
2014年1月20日-25日 2014年四大陸フィギュアスケート選手権台北 13
64.33
9
137.12
11
201.45
2014年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 4
75.80
5
144.09
4
219.89
2013年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョン 6
72.35
7
132.84
7
205.19
2013年9月19日-22日 2013年ロンバルディアトロフィーセスト・サン・ジョヴァンニ 8
52.70
4
122.10
4
174.80
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年2月6日-11日 2013年四大陸フィギュアスケート選手権大阪 20
51.91
15
124.42
18
176.33
2013年1月13日-20日 カナダフィギュアスケート選手権ミシサガ 5
68.47
5
135.97
4
204.44
2012年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダウィンザー 6
72.46
9
127.48
7
199.94
2012年9月27日-29日 2012年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 18
52.01
12
119.82
14
171.83
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権モンクトン 4
68.32
3
138.21
4
206.53
2011年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 10
55.99
10
95.58
10
151.57
2011年9月22日-24日 2011年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 10
60.00
10
105.11
10
165.11
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月20日-23日 カナダフィギュアスケート選手権ビクトリア 4
66.07
6
124.09
5
190.16
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年2月25日-26日 2009年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 8
60.63
8
110.13
8
170.76
2009年1月14日-18日 カナダフィギュアスケート選手権サスカトゥーン 7
65.02
12
103.32
10
168.34
2008年12月11日-14日 2008/2009 ISUジュニアグランプリファイナル高陽 8
59.89
7
110.45
7
170.34
2008年10月8日-12日 ISUジュニアグランプリ スケートサファリケープタウン 3
61.41
3
123.48
3
184.89
2008年9月10日-14日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯メキシコシティ 2
62.19
3
99.97
2
162.16
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年2月25日-3月2日 2008年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 22
46.98
21
93.36
21
140.34
2008年1月16日-20日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(バンクーバー 1
55.58
1
109.68
1
165.26
2007年10月18日-21日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 12
47.70
5
103.60
7
151.30
2007年10月10日-14日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ 16
43.56
14
89.17
14
132.73
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年1月15日-21日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(ハリファックス 3
51.74
3
94.32
2
146.06
2006年10月19日-22日 ISUジュニアグランプリ リベレツリベレツ 8
50.17
7
100.18
6
150.35
2006年9月21日-24日 ISUジュニアグランプリ ミエルクレア=チウクミエルクレア=チュク 11
42.18
10
84.74
10
126.92
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年2月1日-4日 カナダフィギュアスケート選手権 ノービスクラス(モンクトン 3
31.10
2
69.87
2
100.97

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2016-2017 サウンド・オブ・サイレンス
演奏:ディスターブド
振付:ジュリー・マルコット
映画『ブラッド・ダイヤモンド』サウンドトラックより
作曲:ジェームズ・ニュートン・ハワード
振付:ジュリー・マルコット
Uptown Funk
曲:マーク・ロンソン feat. ブルーノ・マーズ
2015-2016[3] Echoes of Harlem
作曲:デューク・エリントン
振付:ジュリー・マルコット
Barrio San Miguel
ガリシア・フラメンコ
作曲:ジーノ・ダウリ
ジャンピンジャック
作曲:スコッティ・モリス
振付:パスカーレ・カメレンゴ
2014-2015[4] It's a Man's Man's Man's World
I Got You (I Feel Good)
曲:ジェームス・ブラウン
振付:佐藤有香、ベンジー・シュウィマー
Move (If You Wanna)
曲:ミムズ
Church
曲:T-ペイン
Wall to Wall
曲:クリス・ブラウン
2013-2014 BomBom
作曲:ライアン・ルイス
演奏:マックルモアー
振付:佐藤有香
クレイジー・ダイアモンド
作曲:ピンク・フロイド
演奏:スティーヴ・ルカサー
振付:佐藤有香
2012-2013 マラゲーニャ
Montana Skies
Futuro Flamenco
映画『ガールファイト』サウンドトラックより
振付:パスカーレ・カメレンゴ
ピアノソナタ第14番リミックス
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
Animal Rights
by デッドマン5、ウルフギャング・ガートナー
振付:マイケル・サイバート
マイケル・ジャクソンメドレー
2011-2012 ダーティー・ダイアナ
ビリー・ジーン
バッド
ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス
マン・イン・ザ・ミラー
曲:マイケル・ジャクソン
振付:レネー・ロカ
2009-2010 自由
演奏:女子十二楽坊
「オズレム」より ドラムソロ
by Turku
振付:ジャン=ピエール・バイエル
カルミナ・ブラーナモダンアレンジ
作曲:カール・オルフ
振付:パスカーレ・カメレンゴ
2008-2009
2007-2008 Lunatico
演奏:ゴタン・プロジェクト
タンゲーラ
作曲:マリアーノ・モーレス
ポル・ウナ・カベサ
作曲:カルロス・ガルデル
振付:ジャン=ピエール・バイエル
自由
演奏:女子十二楽坊
「オズレム」より ドラムソロ
by Turku
振付:タイラー・マイルズ

脚注編集

参考文献編集