エリアコードドラマ

エリアコードドラマは、1994年から1996年にかけて地域限定で放送されたテレビドラマ諸作品の総称。

概要編集

ソニーミュージックの新レコード会社アンティノスレコードが、楽曲の新しいプロモーションの手段として始めたプロジェクトであり、地方局のエリア限定で放送するという希少性や地域密着性をセールスポイントとし、アンティノスレコード所属アーティストの楽曲を主題歌に使うという狙いのもとに作られた。表題の数字(011、025、098等)は、その番組を放送する放送局の本社所属地方自治体)の電話番号市外局番にちなんでいる。

出演者は東京で活動する全国区のタレントが中心であったが、全放送回で地元でオーディションを行い、準主役クラスで出演のチャンスが与えられていた。北海道テレビ放送の『テレビ局物語 今にみてろ!』は当時大学生であった大泉洋森崎博之のテレビドラマ初出演作であり、沖縄テレビ放送の『青い夏』はオーディションで選ばれた仲間由紀恵のデビュー作である。

放送作品一覧編集

エリアコードドラマ011編集

北海道テレビ(HTB)で毎週金曜深夜23:30-24:00に放送された。

エリアコードドラマ025編集

新潟テレビ21(NT21)で毎週金曜深夜23:25-23:55に放送された。

エリアコードドラマ052編集

名古屋テレビ放送(NBN、メ~テレ)で毎週火曜深夜23:25-23:55に放送された。

エリアコードドラマ054編集

テレビ静岡で毎週金曜深夜24:20-24:50に放送された。

エリアコードドラマ06編集

MBSで毎週金曜深夜24:20-24:50に放送された。

エリアコードドラマ092編集

福岡放送(FBS)で毎週木曜深夜に放送された。

エリアコードドラマ096編集

熊本放送(RKK)で放送された。

エリアコードドラマ098編集

沖縄テレビ(OTV)で毎週木曜深夜に放送された。

脚注編集