エリア・ミロセヴィッチ

エリア・ミロセヴィッチ(Elia Filippo Francesco Giuseppe Maria Millosevich、1848年9月5日 - 1919年12月5日)は、ヴェネツィアで生まれローマで亡くなったイタリア天文学者である。

エリア・ミロセヴィッチ

彼は彗星小惑星の軌道計算の専門家で、特にエロスの軌道の計算で知られる。

彼はパドヴァ大学に入学し、最初の論文は1874年と1882年の金星の日面通過に関するものだった。この論文は注目を集め、彼はReale Istituto di Marina Mercantile a Veneziaの天文学の教授となった。1879年、彼はローマ学院天文台の台長代理となり、1902年から死去するまではピエトロ・タッキーニの後を継いで中央気象局の局長となった。

エロスの軌道の計算の研究に対して、1898年と1904年にイタリアのアッカデーミア・デイ・リンチェイから、また1911年にはフランスの科学アカデミーからも天文学賞を贈られた。彼は生涯で450以上の論文を出版し、多くの惑星や彗星の観察を行った。小惑星(69961) Millosevichは彼の名前にちなんでいる[1]

エリア・ミロセヴィッチが発見した小惑星[2]
303 ジョセフィーナ 1891年2月12日
306 ウニタス 1891年3月1日

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ (69961) Millosevich = 1998 VS33”. MPC. 2021年8月1日閲覧。
  2. ^ Minor Planet Discoverers”. MPC. 2021年8月1日閲覧。