エリエール(elleair)は、大王製紙が販売を行う家庭用品の商品名。大王製紙を代表するブランドにして、衛生用紙での生産量基準の国内市場占有率(シェア)が約15%で首位[1]にあり、業界のトップブランドでもある。

主要商品編集

「エリエール」ブランドの商品は、ティッシュペーパートイレットペーパーのほかにも、ベビー用紙おむつ、大人用紙おむつ、生理用品、ペット用品など幅広い生活用品がラインナップされている。派生ブランドとして「GOO.N(グ〜ン)」、「アテント」、「elis(エリス)」等が著名だが、商品パッケージには「エリエール」のブランドも併記されている。また、家庭用品だけでなく、業務用紙加工製品も販売している[2]

また、2015年8月にブランドロゴを変更したことに伴い、同年9月以降に発売した新製品やリニューアル品、一部の既存品で新ブランドロゴへの移行を開始している。商品によっては正面はカタカナロゴのみを変更し、側面などの別の場所にエアーエンブレム・英字ロゴ付のロゴマークを表記している。なお、「エルフォーレ トイレットティシュー」はブランドロゴ変更に伴い、側面に「エリエール」のブランドロゴ(エアーエンブレム・英字ロゴ付)が新たに表記された[3][4]

2017年(平成29年)4月3日に、日清紡ホールディングスの紙製品事業を担う日清紡ペーパープロダクツの全株式を大王製紙が譲り受け、同日付でダイオーペーパープロダクツに商号変更[5]。2018年(平成30年)1月にダイオーペーパープロダクツの営業部門が大王製紙へ統合された。これらにより、「コットンフィール」や「シャワートイレのためにつくった吸水力が2倍のトイレットペーパー」などが「エリエール」ブランドに組み込まれるようになった。

(2021年(令和3年)11月現在、◎印は旧「NISSINBO」ブランドで発売されていた製品)

ベビー用品
  • GOO.N(グ〜ン)(2002年(平成14年)に「エリエールフレンド」からブランド変更[6]
    • プラス 敏感肌設計(テープタイプ紙おむつ) - 2020年10月発売。表面シートに「エリエール 贅沢保湿」と同じ保湿成分(グリセリンコラーゲンヒアルロン酸)を配合。サイズは生まれてすぐの赤ちゃん用3Sからテープタイプでは珍しいBIGサイズまで6サイズを揃えている。
    • プラス 肌快適設計パンツ(パンツタイプ紙おむつ) - 2020年10月発売。表面シートに「エリエール 贅沢保湿」と同じ保湿成分(グリセリン、コラーゲン、ヒアルロン酸)を配合。
    • まっさらさら通気(パンツタイプ紙おむつ) - 2017年11月にテープタイプの「はじめての肌着」とパンツタイプの「やわらかパンツ」がリニューアルされ、名称を統一。2020年10月にラインナップをパンツタイプのみに絞り、ディズニーキャラクターを採用して全面リニューアルされた。
    • スーパーBIG - 大人用とベビー用の中間サイズ(体重15〜35kg対応)。紙おむつはテープタイプとパンツタイプがあり、2010年3月からは中間サイズ紙おむつ専用パッド「安心吸収パッド」がラインナップされている。2016年4月に全製品リニューアルされた。
    • スイミングパンツ(水遊び用紙おむつ) - 2003年6月発売(当初はトイザらス先行発売だった)。当時、紙おむつとしては日本初となる水遊び対応(吸水ポリマー非採用のため、通常の紙おむつとしての使用は不可)。2018年4月に大容量パックの12枚を追加発売。2021年3月にリニューアル。男女共用(ユニセックスデザイン)となり、ミッキーマウス&ミニーマウスデザインへ変更。少数パックの入数が3枚から4枚に増量された。
    • おむつバイバイ♪トレーニングパッド - 2019年11月に「安心トレーニングパッド」のパッケージと剥離紙のデザインを変更し、改名してリニューアルされた。
    • ナイト - 2019年11月に従来の「おやすみ用 夜1枚安心パッド」に立体平面ギャザーを採用、子供のモデルを使用しないパッケージデザインへ刷新して「ナイトキッズパッド」に改名するとともに、下着サイズに合わせて2サイズの展開した夜用パンツ2種類(ナイトキッズパンツ・ナイトジュニアパンツ)を発売し、「グ〜ン ナイト」としてシリーズ化された。
    • 肌にやさしいおしりふき - 2007年9月発売。2021年10月に単品で使用可能は個包装パックに変更し、ディズニーツムツムデザインへ全面刷新してリニューアルされた(リニューアルに伴って廃止された本体容器へ詰替えて使用することも可能)。
生理用品
介護用品
  • アテント2007年(平成19年)にP&Gよりブランド買収)※製品ラインナップは詳細記事を参照
吸水ケア(軽い尿もれ用)用品
  • ナチュラ
    • さら肌さらり
      • 吸水パンティライナー
      • 吸水ナプキン
ティシューペーパー
2015年10月に「エリエール ティシュー(箱)」がリニューアルされた際、シートの大きさはそのままで外箱の大きさをコンパクト化(幅・奥行ともにコンパクト化)しており、そのほかの箱入ティシューペーパーもブランドロゴの変更に合わせ、外箱の奥行が5mmコンパクト化された。
製品名に記している(P)はポケットタイプが設定されている製品。
  • エリエール ティシュー(P) - 2015年10月のリニューアルに合わせて、水に流せる仕様のポケットタイプを追加。2021年10月に自然由来の柔軟剤を配合し、パッケージデザインを変更してリニューアルされた。
  • エリエール i:na(イーナ)
    • ティシュー
    • ソフトパックティシュー - 2019年11月発売。外装フィルムに植物由来原料を配合したフィルムを使用した国内製造のソフトパック入りティシュー。また、コンパクト化と縦並びとすることでティシューでは珍しい1パック10個の大容量を実現している。
    • petit(プチ)ティシュー - 2021年10月発売。ティシューのシート幅を短くすることでボックスをコンパクト化し、且つ、箱入ティシューでは珍しい7個パックとしている。
  • エリエール ティシューCute(キュート) - 2003年7月発売。発売当初は1箱152組だったが、2007年10月のリニューアルで1箱160組に増量されている。
  • エリエール 北海道ティシュー なまらたっぷり - 2021年10月発売。入数を「i:na ティシュー」2箱分となる300組とした大容量サイズ品。生産はグループ会社の赤平製紙が行い、売上の一部は北海道の「ほっかいどう未来チャレンジ基金」へ寄附される。北海道限定発売。
  • エリエール 贅沢保湿(P) - 2016年9月にリニューアル。
  • エリエール +Water(P) - 2010年10月発売。2021年3月にはフィルム包装とし、入数を120組とした「ソフトパック」を追加発売した。
  • エリエール コットンフィールティシュー(P)◎ - 2018年9月にリニューアル
    • エリエール コットンフィールキッスティシュー◎
  • エリエール オーデュス(P)◎ - 水洗式便所へ流すことが可能なタイプ。ボックスタイプも発売されていたが、2018年2月にパッケージデザインがリニューアルされたポケットタイプのみの設定。
 
トイレットティシュー
※写真は2015年7月以前の仕様
トイレットティシュー
  • エリエール トイレットティシュー
  • エリエール フラワープリント - 2007年2月発売(なお、発売当初は首都圏のみで、それ以外の東日本地区は同年4月、西日本地区は同年6月より順次発売)。2011年9月に1.5倍巻き(37.5m)タイプの「コンパクト 8ロール」が追加発売された。
  • エリエール リーフプリント - 2007年9月に「エリエール ナチュラルプリント」として発売。
  • エリエール Herb Garden(ハーブガーデン)
  • エリエール 消臭+ トイレットティシュー - 2013年3月発売。2018年9月に改良され、既存品は「しっかり香るフレッシュクリアの香り」の香調名が付き、「ほのかに香るナチュラルクリアの香り」が追加発売された。
  • エリエール シャワートイレのためにつくった吸水力が2倍のトイレットペーパー◎ - 2019年春に改良され、1カットの縦の長さを5mm短く(230mm→225mm)して、長さを2m長く(12カット増)したことで、「エリエール 消臭+ トイレットティシュー」・「エリエール フラワープリント」・「エリエール リーフプリント」と同じ長さとなる1ロール25m(112カット)となった。
  • エリエール シャワートイレットティシュー
  • エリエール i:na(イーナ)トイレットティシュー - 2014年4月発売。2倍巻き(シングル100m、ダブル50m)タイプ。2019年4月にはフラワープリントが施されたダブル46m仕様の「プリント」、2021年10月にはシャワートイレ用トイレットペーパーでは初となる2倍巻タイプ(ダブル46m仕様)の「シャワートイレ用」を順次発売した。
  • エルフォーレ トイレットティシュー - 古紙(リサイクルバルブ)配合タイプ
キッチンペーパー・キッチンタオル
  • エリエール 超吸収キッチンタオル - ロールタイプの他に、シートタイプやボックスも展開している。シートタイプは後述の「ラクらクック」シリーズのリニューアルに合わせ、2021年9月に取り出し口を改良してリニューアルされた。
    • Dekiruco!(デキルコ) - 2015年4月発売
  • エリエール ラクらクック
    • ペーパーふきん - 2021年9月発売。ふき掃除用。
    • キッチンペーパー - 2007年9月発売。調理用。当初は150組(300枚)だったが、2010年3月のリニューアルで100組(200枚)に減容している。2021年9月に取り出し口を改良し、パッケージデザインを変更してリニューアルした。
    • パパッと手軽に使えるキッチンペーパー - 2021年8月発売。調理・ふき掃除兼用のコンパクトタイプ。3個入または5個入のパック形態での展開。
  • エリエール ピーチ キッチンタオル◎
  • エリエール ピーチパフィー キッチンタオル◎ - 地域限定発売(このため、エリエールの商品情報サイトには未掲載)
ペーパータオル
  • エリエール plus+キレイ(プラスキレイ)
    • ペーパータオル コンパクトタイプ - お手ふき・拭き掃除用ダブルシートタイプ。2021年8月に3個パック・5個パックから発売され、その翌月に1個(200組)のバラ包装も発売された。
    • すっきりお手ふきタオル - お手ふき用シングルシートタイプ。2011年7月に「エリエール すっきりお手ふきタオル」として発売されていたが、2021年9月に取り出し口を改良し、「plus+キレイ」シリーズに組み込まれ、パッケージデザインを刷新してリニューアルされた。
    • ハンドタオル - お手ふき・お口ふき用ダブルシートタイプ。2017年4月に「ペーパーハンドタオル」として発売し、2020年11月にボックスタイプを追加発売。2021年9月にフィルムタイプの取り出し口を改良し、従来ラインナップしていた120組を廃止して200組のみに集約し、ボックスタイプと共にパッケージデザインを変更してリニューアルされ、製品名が変更された。
ウエットティシュー
ボックスタイプの容器は「除菌できるアルコールタオル」・「Puana」共通となっているため、つめかえ用は相互互換性がある。
  • エリエール 除菌できる
    • アルコールタオル - 1997年発売。ボトルタイプは本体100枚、つめかえ用80枚(2個パック・3個パックの設定あり)、携帯用は10枚と32枚(2011年3月発売)、ボトルタイプ4本分相当の大容量サイズ(400枚)があり、携帯用10枚には3個パック、携帯用32枚には2個パック(2014年4月発売)がある。2021年10月にボトルタイプの取り出し口を改良するなど、既存品のパッケージデザインを順次リニューアルされ、ボックスタイプ(本体/つめかえ用3個パック/つめかえ用8個パック)が新たに発売された。
    • アルコールタオル ウイルス除去用 - 2011年9月発売。既存の「除菌できるアルコールタオル」にポリアミノプロピルビグアニドを追加配合したもの。入数は「除菌できるアルコールタオル」よりも少なく設定されている(ボトルタイプ80枚、つめかえ用70枚、携帯用30枚(ただし、携帯用10枚は「除菌できるアルコールタオル」と同数、2014年4月には30枚2個パックを追加)、大容量320枚)。2021年10月にボトルタイプの取り出し口を改良するなど、既存品のパッケージデザインを順次リニューアルされ、ボックスタイプ(本体/つめかえ用3個パック/つめかえ用8個パック)が新たに発売された。
    • アルコールタオル 抗菌成分プラス - 2021年10月発売。グレープフルーツ種子エキスとユーカリ葉エキスを抗菌成分として配合。ボトルタイプ・ボックスタイプ共に展開(入数はウイルス除去用と同数)されているが、携帯用は30枚入のみの設定となる。
    • ウェットタオル 食卓テーブル用 - 2011年7月発売
  • エリエール 薬用消毒できるアルコールタオル【指定医薬部外品】 - 2013年3月発売。塩化ベンザルコニウムを配合。ボトルタイプ(本体80枚/つめかえ用70枚)と携帯用(28枚)がある。2021年10月にパッケージデザインを変更してリニューアルされ、ボトルタイプ本体は取り出し口が改良された(製造販売元:エリエールプロダクト)。
  • エリエール Puana(ピュアナ) ウエットティシュー - 2019年11月発売。「純水99.9%」・「除菌ノンアルコールタイプ」・「除菌99.9%アルコールタイプ」の3種類がある。当初はボックスタイプの本体とつめかえ用(3個パック・8個パック)を展開していたが、2020年4月に携帯用を追加発売した。
  • エリエール i:na いつでも使えるウェットティシュー - 2017年3月発売。単独で使用可能な個包装パックタイプ。「純水99.9%」・「除菌(ノンアルコール)」・「除菌(アルコール配合)」の3種類があり、それぞれ3個パック・8個パックが用意されている。
汗ふきシート
  • エリエール ドデカシート - 2011年7月に「エリエール for MEN おしぼり感覚でゴシゴシふけるドデカシート」として発売。2015年4月のリニューアルで現在の名称となる。
マスク
  • ハイパーブロックマスク - 2009年10月に「パーフェクトブロックマスク」として発売され、2014年9月の新製品発売に伴い、現在の製品名に改名。発売当初から海外の協力工場で生産されていたが、2020年4月に子会社のエリエールプロダクトに最新鋭の生産設備が導入され、同年7月に設備の増強により一般向けの製造を開始したことで国内製造(内製)化された。
    • ウイルス飛沫ブロック - 2020年7月に「ウイルスブロック」の製品名で一部店舗限定で発売を開始し、生産設備の増強により安定供給が可能になったことから、同年12月に製品名を改名すると同時に、ふつうサイズに加えて小さめサイズを追加して2サイズで本格発売された。また、入数も袋包装の7枚に加え、2021年1月には箱包装の30枚が追加発売された。
    • ジュニアサイズ - 2020年12月に「中・高学年サイズ」として発売。「ウイルス飛沫ブロック」と同じ構造を採用しつつ、口元に当たる部分にマウスバー(快適ワイヤー)を追加し、耳掛け部を太めのソフト耳ひもとした9〜12歳用で、入数も「ウイルス飛沫ブロック」よりも少ない5枚入りとなる。2021年9月に箱包装の20枚を追加発売すると同時に名称が変更された。
    • ムレ爽快 - 2021年5月発売。高通気性素材を使用し、口元にワイヤーを追加。サイズはふつうサイズと小さめサイズの2種類を設定し、入数は袋包装の7枚と箱包装の30枚を設定する。
    • リラカラ - 2021年11月発売(一部の販売店から順次販売を開始)。ローズ、ピンクベージュ、グレーの3色で、箱包装の30枚のみの設定。製品名にある"リラカラ"とは、「リラックス&カラフルマスク」を略したもの。
お掃除用品
  • キレキラ!
    • ルームクリーナー 徹底キレイ おそうじクロス - 2021年10月発売。ボトル入りのお掃除用シート。つめかえ用も設定されている。
    • キッチンクリーナー 徹底キレイ おそうじシート - 2021年10月発売。単品で使用可能なシール付パック仕様。入数を増やした「Light」も用意されている。
    • ワイパー 徹底キレイ - 2017年10月発売。ヘッド裏は着脱式になっており、水洗い可能である。
    • ワイパー 徹底キレイ ウェットシート - 2017年10月発売。2021年10月に香り付きから無香性に変更し、1枚両面12畳まで対応とし、入数を増やした「Light」を追加した。
    • ワイパー 徹底キレイ ドライシート - 2017年10月発売
    • トイレクリーナー 1枚で徹底おそうじシート - 2015年9月に「キレキラ! 1枚で徹底トイレおそうじシート」として発売。2017年10月のリニューアル時に同年4月に発売された「キレキラ! 目に見えない汚れまで徹底トイレおそうじシート ナノEX」と同じ素材(セルロースナノファイバー)を配合したシートに改良、2020年9月に薬液の処方改良と繊維配列の変更により強度を向上してリニューアルされた。香りは「クリーンフローラル」、「ハッピーローズ(2016年9月発売)」、「シトラスミント(2017年6月に数量限定品として発売し、同年10月のリニューアルでレギュラー化される)」の3種類。
  • エリエール ミチガエル トイレクリーナー - 2008年9月発売。「キレキラ!」発売後もブランドロゴを3代目に変更する仕様変更を受けながら継続販売されている。
ペット用品
  • エルル 超吸収システムトイレ用シート - 2012年9月発売。
病院・施設向け製品
  • エリエール サージカルマスク
  • エリエール サージカルマスク スマートタイプ
業務用製品
  • エリエール ティシュー
  • エリエール トイレットティシュー
  • エリエール i:na トイレットティシュー - 家庭用よりもデザインがシンプルとなっている。
  • エリエール ペーパータオル - スマートタイプの一部仕様については、100円ショップを中心に店頭でも販売されている。
  • エリエール ディスペンサー
  • エリエール ミートペーパー
  • エリエール ドリップペーパー
  • エリエール マルチペーパーロール
  • エリエール キッチンパートナー プロ仕様
  • エリエール 厨房用マルチクロス
  • エリエール プロワイプ - 産業用ワイプ
  • エリエール ふんわり吸水タオル

沿革編集

1979年(昭和54年)、大王製紙は「エリエールティッシュー」の販売を開始した。クリネックス十條キンバリー)、スコッティ山陽スコット)(両社とも現:日本製紙クレシア)・ネピア王子製紙)などの大手メーカーの先発ブランドがある中での進出であったが、巧みな広告戦略が実り、7年後の1986年(昭和61年)にはシェア首位にまで拡大した。品種も、ティッシュペーパーの半年後にトイレットペーパー、1980年(昭和55年)に紙おむつ、1981年(昭和56年)にタオルペーパー1982年(昭和57年)に生理用ナプキンと、順次拡大していった[7]

年表編集

  • 1979年(昭和54年)4月1日 - 「エリエールティシュー」販売開始[7]
  • 1980年(昭和55年) - ベビー用紙おむつ「ウォーキーウォーキー」(現:GOO.N(グ〜ン))の販売開始[8]
  • 1982年(昭和57年)7月 - 生理用ナプキン「シルキッシュミニ」(現:エリス)販売開始。
  • 2007年(平成19年)9月1日 - P&Gより紙おむつブランド「アテント」を取得、大王製紙による販売を開始[9]
  • 2011年(平成23年)
    • 1月4日 - タイにおいて、現地の消費材流通大手のサハグループと合弁で「エリエール インターナショナル タイランド」(ELLEAIR INTERNATIONAL(THAILAND) CO.,LTD.)を設立。2012年(平成24年)1月より現地工場でベビー用紙おむつの製造を開始予定[10]
    • 3月1日 - ペットシーツ「エリエール Elulu(エルル)」の販売開始。ペット用品事業参入[11]

ブランド名の由来編集

「エリエール」の由来はフランス語の女性名詞である「エル=elle」と風を意味する「エール=air」を組み合わせ、「風の妖精」という意味を込めたものである[12]

その他編集

提供番組編集

現在
過去

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日経市場占有率』2011年版、日本経済新聞社、2010年、pp202-203
  2. ^ エリエール商品HP」、2012年3月2日閲覧
  3. ^ ブランドロゴリニューアルについて - エリエール ブランドページ 2015年10月23日閲覧
  4. ^ なお、後述するダイオーペーパープロダクツが販売する商品においても、トイレットペーパーの「ポプラ」など、社名変更後も「エリエール」ロゴが表記されない製品においても、裏面に「エリエール」のブランドロゴ(エアーエンブレム・英字ロゴ付)が表記されるようになる
  5. ^ “日清紡ホールディングス株式会社の紙製品事業の譲受を目的とした株式の取得の完了及び取得子会社商号変更に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 大王製紙株式会社, (2017年4月3日), http://www.daio-paper.co.jp/news/2017/pdf/n290403_1.pdf 2017年9月1日閲覧。 
  6. ^ ベビー用おむつの歩み”. エリエール(「GOO.N」ブランドサイト). 2017年11月16日閲覧。
  7. ^ a b 経済界「ポケット社史」編集委員会『ポケット社史 大王製紙』、経済界、1992年、pp53-54, 62-63
  8. ^ ダイオーペーパーコンバーティングHP」、2012年3月2日閲覧
  9. ^ 「大王製紙がP&Gの大人用紙おむつブランド「アテント」の事業を取得」 (PDF) 、大王製紙 2007年6月14日付ニュースリリース
    「大王製紙にP&Gの大人用紙おむつブランド「アテント」の事業が正式移管9月1日から販売開始」 (PDF) 、大王製紙 2007年9月3日付ニュースリリース
    「P&Gの大人用紙おむつ 大王製紙が買収」、2007年6月15日付 日本経済新聞11面
  10. ^ 「タイにおけるベビー用紙おむつ製造・販売の合弁会社設立について」 (PDF) 、大王製紙 2011年1月5日付ニュースリリース
    「ベビー紙おむつタイで来年製販 大王製紙」、2011年1月6日付 日刊工業新聞11面
  11. ^ 「エリエールEluluおしっこチェックもできちゃうシート新発売」、大王製紙 2011年3月1日付ニュースリリース
  12. ^ [1]
  13. ^ 第37回の2014年度分より協賛。

関連項目編集

外部リンク編集