エリオット・グレアム

エリオット・グレアムElliot Graham, 1976年 - )は、アメリカ合衆国編集技師である。

エリオット・グレアム
Elliot Graham
生年月日 1976年
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州クレアモント
テンプレートを表示

1999年にニューヨーク大学で歴史と映画の学士号を取得した[1]。初めて編集でクレジットされた作品はスティーヴン・ノリントン監督・脚本によるインディペンデント映画『クレイジー・ワールド英語版』(2001年)であった。グレアムは当初はノリントンの編集アシスタントとして雇われたが、最終的に共同でクレジットされた[2]ブライアン・シンガー監督の映画『X-MEN2』(2003年)と『スーパーマン リターンズ』(2006年)ではジョン・オットマンと共同で編集を務めた[3]。他にシンガー企画のテレビシリーズ『Dr.HOUSE』の第1話でも編集を務めた。

2008年の映画『ミルク』では俳優と実在の人物の映像を織り交ぜた編集を行い[4][5]アカデミー編集賞などにノミネートされた。

フィルモグラフィ編集

参考文献編集

外部リンク編集