メインメニューを開く

エリオット・スピッツァー

エリオット・ロレンス・スピッツァー(Eliot Laurence Spitzer、1959年6月10日 - )は、アメリカ合衆国政治家。ニューヨーク州司法長官(第63代)、ニューヨーク州知事(第54代)を歴任している。

エリオット・スピッツァー
Eliot Spitzer
Eliot Spitzer.jpg
生年月日 (1959-06-10) 1959年6月10日(60歳)
出生地 ニューヨークブロンクス区
出身校 プリンストン大学
所属政党 民主党

在任期間 2007年1月1日 - 2008年3月17日

アメリカ合衆国の旗 第63代ニューヨーク州司法長官 New York state flag.png
在任期間 1999年1月1日 - 2006年12月31日
テンプレートを表示

経歴編集

州司法長官編集

ニューヨークブロンクス区ドイツ系ユダヤ人移民の家庭に生まれた。プリンストン大学を卒業した。その後ニューヨーク州司法長官として、アナリストの中立性についてメリルリンチを追及した。また、AIGの不正会計を追及し、同社のCEOとして君臨したモーリス・グリーンバーグを辞任に追い込むなどした。その活動ぶりと名前から、「現代のエリオット・ネス」とも呼ばれた。

州知事編集

所属政党は民主党であり、こうした名声を梃子に、2006年にニューヨーク州知事選に勝利し、2007年1月1日に第58代ニューヨーク州知事に就任した。次代の民主党を担う人材と目され、その手法のみならず将来の政界における将来も注目されていた。

しかし就任から1年少々しか経たない2008年3月12日に、ニューヨークのエスコートエージェンシー「エンペラーズクラブVIP」を利用し数万ドルを支払ったという疑惑を指摘されたことから、辞任を表明した[1][2][3][4]

同日にニューヨーク・タイムズは、相手の売春婦の実名と会見内容を報道した[5][6]。さらにニューヨーク・ポストは、スピッツァーが靴下を履いたまま性行為を行ったことを報じた。

脚注編集