エリカ・アビー・ライト英語: Erica Abi Wright1971年2月26日 - )は、エリカ・バドゥ英語: Erykah Badu)の名で知られるアメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のミュージシャン[3]ヒップホップR&Bジャズを融合させたスタイル、ネオ・ソウルで知られている[4]

エリカ・バドゥ
Erykah Badu in Nation19 Magazine.jpg
エリカ・バドゥ(2011年)
基本情報
出生名 エリカ・アビー・ライト
生誕
ジャンル
職業
担当楽器 ボーカル
活動期間 1994年 -
レーベル
公式サイト エリカ・バドゥ 公式サイト

略歴編集

 
Erykah Badu(2002年)

映画を学ぶ為にルイジアナ州グランブリング州立大学英語版の黒人史カレッジに通った。その後完全に音楽へ集中する為に大学を辞め、サウス・ダラス文化センターで子どもに演劇ダンスを教えたりと、いくつか仕事を掛け持ちした。

1997年2月にデビュー・アルバム『バドゥイズム』(Baduizm)発表。全米2位の大ヒットとなり、第40回グラミー賞(最優秀R&Bアルバム賞および最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞)や、ソウル・トレイン・ミュージック・アワードのR&B/ソウル・アルバム(女性)部門等を受賞する[5]

2004年から2005年にかけて日本の歌手のMISIAコラボレートし、「Everything」をカバーしたり、MISIAのアルバム『MARS&ROSES』に参加。また愛知万博でジョイントライブを行った。

2006年には「ブラック・アイド・ピーズ」のウィル・アイ・アムとともに、セルジオ・メンデスのアルバム『Timeless』への楽曲提供を行った[6]。また、音楽のみならずく俳優として『サイダーハウス・ルール』や『ブルース・ブラザース2000』などの映画にも出演している。

2010年には5作目のアルバム『New Amerykah Part Two (Return of the Ankh)』をリリースし、批評家から絶賛を受けた[7]

音楽性編集

 
Erykah Baduのパフォーマンス(2002年)

エリカ・バドゥの音楽はマックスウェルディアンジェロらと共にネオ・ソウル(ニュー・ソウル - Nu soul)と呼ばれることもあり、の面ではビリー・ホリデイに例えられることがある[8][9]。またルーツ・ロックレゲエ)のバーニング・スピアと共演するなど、音楽的バックグラウンドは非常に豊富である。都会的感性できわめて深い自己内面や、世の中の不条理(crazy worldという言葉でそれを表現)を歌ったエリカ・バドゥの詩は、聴く者に感情的な葛藤をもたらすことが多いとされる[10]

人物編集

 
ライブでのErykah Badu(2010年)

家族編集

1998年アウトキャストのアンドレ3000との間に息子が生まれている[11]。また、2005年にはラッパーのThe D.O.C.との間に娘が生まれたと報道された[12]。2009年にはラッパーのジェイ・エレクトロニカとの間に娘が生まれた[13]

事件編集

2010年、ミュージックビデオの撮影で、ジョン・F・ケネディが1963年に暗殺された現場で全裸になるという内容の撮影を行い、ダラス警察から訴追された[14]

慈善活動編集

故郷のサウス・ダラスでは、貧困家庭などの子供たちにもチャンスを与える為の慈善団体をつくった。音楽、ダンス映画ヴィジュアル・アートを通して、インナーシティ地域の子供や若者の能力を開発させてゆく趣旨を持った非営利団体である。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム

  • Baduizm『バドゥイズム』 (1997年)
  • Mama's Gun『ママズ・ガン』 (2000年)
  • Worldwide Underground『ワールドワイド・アンダーグランド』 (2003年)
  • New Amerykah Part One (4th World War)『ニュー・アメリカ・パート1(第4次世界大戦)』 (2008年)
  • New Amerykah Part Two (Return of the Ankh)『ニュー・アメリカ・パート2(リターン・オブ・ザ・アンク)』 (2010年)

ライヴ・アルバム

  • Live『ライヴ』 (1997年)

ミックステープ

  • Feel Better World! ... Love, Ms. Badu (Various Artists) (2015年)
  • But You Caint Use My Phone (2015年)

フィルモグラフィ編集

受賞歴編集

日本公演編集

11月14日 横浜ベイホール、15日 大阪MOTHER HALL、18日 Zepp Fukuoka、19日,20日 恵比寿ガーデンホール
3月31日 愛知万博・長久手会場EXPOドーム
4月1日,2日 新木場STUDIO COAST、3日 なんばHatch
4月1日 大阪城ホール(Springroove 06)、2日 幕張メッセ(Springroove 06)
4月16日 Zepp東京、17日 横浜ベイホール
9月20日 幕張海浜公園 StarFes.’14 特設会場(千葉県千葉市)、(StarFes.’14)
10月1日,2日,3日,12日 東京 Billboard Live、10月7日 東京(Tokyo Soul Camp Fest)、10月9日,10日 大阪 Billboard Live

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Bush, John. Erykah Badu | Biography & History - オールミュージック. 2020年12月17日閲覧。
  2. ^ Caramanica, Jon (2011年2月11日). “Lots of Beats, but No Drum in Sight”. The New York Times (New York Times Company). https://www.nytimes.com/2011/02/13/arts/music/13beatmachine.html 2020年12月17日閲覧。 
  3. ^ Erykah Badu | Biography & History” (英語). AllMusic. 2020年11月27日閲覧。
  4. ^ Caramanica, Jon (2011年2月11日). “Lots of Beats, but No Drum in Sight (Published 2011)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2011/02/13/arts/music/13beatmachine.html 2020年11月27日閲覧。 
  5. ^ Erykah Badu”. Billboard. 2020年11月27日閲覧。
  6. ^ Sergio Mendes, That Heat(E.Badu&Will.I.am, Concord Ja (Universal Music Austria), https://www.amazon.de/dp/B000XHAU2S 2020年11月27日閲覧。 
  7. ^ (英語) New Amerykah Part Two: Return of the Ankh by Erykah Badu, https://www.metacritic.com/music/new-amerykah-part-two-return-of-the-ankh/erykah-badu 2020年11月27日閲覧。 
  8. ^ Sanneh, Kelefa. “Erykah Badu, the Godmother of Soul” (英語). The New Yorker. 2020年11月27日閲覧。
  9. ^ Erykah Badu: The Last Great Jazz Singer? - Revive MusicRevive Music”. web.archive.org (2013年10月29日). 2020年11月27日閲覧。
  10. ^ Erykah Badu: Soul Diva Scales Back :: Music :: Features :: Paste”. web.archive.org (2016年3月3日). 2020年11月27日閲覧。
  11. ^ Badu’s Voodoo: Erykah Badu & The Effect She Has On Rappers (Kendrick Too)” (英語). Global Grind (2013年8月14日). 2020年11月27日閲覧。
  12. ^ Usmagazine.com | News - UPDATE: Erykah Badu Twitters Third Child's Bi…”. archive.is (2009年2月5日). 2020年11月27日閲覧。
  13. ^ Fiyin, Olowokandi (2020年2月10日). “Meet Mars Merkaba, Erykah Badu's Younger Daughter Who Just Turned 11 in Beautiful Pics” (英語). news.amomama.com. 2020年11月27日閲覧。
  14. ^ Kreps, Daniel (2010年4月30日). “Erykah Badu Pleads Not Guilty to “Window Seat” Charge” (英語). Rolling Stone. 2020年11月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集