エリコンFF 20 mm 機関砲

エリコンFF 20 mm 機関砲(エリコンFF 20 ミリ きかんほう)は、スイスエリコン社が開発した航空機関砲。また同時に開発されたFFSFFLや、これらを元に他国で開発された派生型についても本項目で述べる。

エリコンFF 20 mm 機関砲
Navy Type 99-1 fixed.JPG
九九式一号二〇粍機銃 (エリコンFFのライセンス生産型)
種類 航空機関砲
原開発国 スイスの旗 スイス
運用史
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発者 ラインホルト・ベッカー
開発期間 1935年
製造業者 エリコン
派生型
諸元
重量 25 kg[1]
銃身 760 mm (38口径)[1]

砲弾 20mm×72RB[1]
口径 20mm(0.787in)
銃砲身 単砲身(右放物線状螺旋, 9溝)
作動方式 API ブローバック
発射速度 520発/秒[1]
初速 600メートル毎秒[2]
テンプレートを表示

開発に至る経緯編集

第一次世界大戦末期のドイツ国では、装甲を強化した爆撃機との交戦を想定して従来よりも大口径・強力な機関砲を求めており、これに応じて開発された機関砲の一つがベッカー20mm機関砲英語版であった[2]。これは1914年クレーフェルト在住のラインホルト・ベッカーが特許を申請した設計に基づいており、砲弾の規格は20mm×70RB、自動機構にAPI(Advanced Primer Ignition)ブローバック方式を採用し、大戦末期に航空機関砲および対空機関砲として実戦投入された[1]

大戦後、ヴェルサイユ条約の軍備制限によってドイツでの兵器開発が制限されると、ベッカーはスイスの自動車関連企業であるSEMAG(Seebach Maschinenbau Aktien Gesellschaft)と接触し、機関砲の開発を継続した[2]。この際には、存在しないことになっているドイツ造兵局がスポンサーとなっており、将来の再軍備に備えて、中立国においてドイツ資本で兵器開発を行うことを目的としたものと考えられている[2]1921年には、弾薬を20mm×99/100RBに変更するとともに、砲身を40口径長から60口径長に延長して高初速化を図った改良型が発表され、SEMAG歩兵砲と称された[2]

SEMAG社の経営破綻を受けて、1924年より、同国のエリコン社が本砲の設計を引き継いだ[1]。エリコン社は、オリジナルのベッカーの設計とSEMAGによる設計とともに、1927年には弾薬を20mm×110RBに変更するとともに砲身を70口径長に延長したタイプをラインナップに加え、それぞれタイプF、タイプL、タイプSと称した[2][1]1930年にはタイプFとタイプLを元にした航空機関砲モデルとしてAFおよびALが発表されたのち、1935年には3タイプそれぞれを元にした航空機関砲モデルが市場に投入され、それぞれFFF、FFLFFSと称されたが、FFFについては、通常は単にFFと称された[1]

各国での派生型編集

フランスでは、イスパノ・スイザ社がFFSを改良してモーターカノンとしたHS.7およびHS.9を開発し、ドボワチン D.501およびD.510戦闘機モラーヌ・ソルニエ M.S.406戦闘機などに搭載された。また、これらの機関砲をさらに発展させたHS.404を開発し、各国で使用された。

ドイツでは、メッサーシュミット Bf109戦闘機用モーターカノンとしてFFSの導入を検討したが、大型すぎて搭載できなかったため、FFを元に弾薬を20x80mm RBに変更・改良を加えたイカリア MG-FFとしてライセンス生産、これを航空機関砲として第二次世界大戦前半に多用、途中から火薬量の多い薄殻弾頭が発射できるMG-FF/Mが登場した。しかし、ドラム給弾式で搭載弾薬が少なく、FFLやFFSに比べ弱装薬で、砲口初速弾道特性・威力で劣り、後にMG 151 機関砲に更新された。フォッケウルフ Fw190戦闘機ではA-2型からA-5型まで、翼の外側(プロペラ圏外)にMG-FF/Mを、内側(プロペラ圏内)にMG 151を搭載している。これは、MG-FF/Mではプロペラ同調ができず、また、軽量であることから外側に搭載した場合の機体の運動性低下が抑えられるためである。

大日本帝国陸軍ではエリコンAFの改良型を試作したが、精度・機能共に不十分であったため不採用に終わった。これに代わり、同時期に輸入されていたエリコンALにそのまま改修を施したものを九四式旋回機関砲として採用し、九二式重爆撃機に搭載した。

大日本帝国海軍では、まずFFを採用し、九九式二十粍一号機銃としてライセンス生産を開始した。また、爆撃機用としてこれを改造した旋回機関砲型を新規に開発した。九九式二十粍一号機銃にはMG-FF同様の問題点があったため、後にFFLをベースにした九九式二十粍二号機銃を採用した。なお、これらの機銃は弾倉式からベルト給弾式に変更されるなど、日本独自の改良が加えられていった。

登場作品編集

映画編集

原子怪獣現わる
アメリカ陸軍マンハッタンのビルの屋上に防盾付きの対空型を据え付け、リドサウルスに対し1発だけの射撃を行う。
サンダーボルト
クリント・イーストウッド演じる主人公が、本砲で金庫室の壁を破壊して銀行強盗を行う。
当作のこの「20ミリ砲で銀行の金庫を破壊して銀行強盗を行う」という行為は、1965年にカナダで実際に発生した強盗事件がモデルになっているが、その事件において実際に用いられたのはフィンランド製のラハティ L-39 20mm対戦車ライフルである。
史上最大の作戦
自由フランス軍部隊が攻略するウイストレアム市街の、ドイツ軍がトーチカに改造したカジノに設置されている。
ステルス
テロリストの拠点に対空火器として設置されており、迎撃に使用される。
大怪獣バラン
ゆり型警備艇などの海上自衛隊艦艇に搭載されたものが、浦賀水道を北上する怪獣バランに対して使用される。
実物の射撃シーンが映されている。
ランボー3/怒りのアフガン
終盤の砂漠でのソ連軍との最後の戦いでMi-24 ハインドへ向けトラウトマン大佐が使用する。
イスラエルでのロケのため、イスラエル軍が使用していた実銃を改造したプロップガンが使用された。

テレビドラマ編集

ウルトラQ
第21話にて、海上保安庁ちふり型巡視船「しきね」に搭載されたものが、キール星人が地球に送り込んだ怪獣ボスタングに対して使用される。
撮影には、実物が使用されている。

アニメ編集

未来少年コナン
第11話にてファルコの武装として登場。ファルコ墜落後はダイス船長が鹵獲して使用した。

ゲーム編集

アズールレーン
装備品の一つとして登場。カテゴリーは対空砲。
コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー
PBY カタリナに2連装のものが搭載されており、日本海軍零式艦上戦闘機への迎撃に使用される。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h Williams, Anthony G. (2013年7月). “OF OERLIKONS AND OTHER THINGS……”. 2022年10月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Chinn 1951, pp. 512–522.

参考文献編集

外部リンク編集