エリザベート王妃国際音楽コンクール

エリザベート王妃国際音楽コンクール英語: Queen Elisabeth International Music Competition of Belgiumフランス語: Concours musical international Reine Élisabeth de Belgiqueオランダ語: Internationale Muziekwedstrijd Koningin Elisabeth van België)は、ベルギーブリュッセルで開催される国際音楽コンクール。チャイコフスキー国際コンクールショパン国際ピアノコンクールと並ぶ、世界三大コンクールの一つと言われる。

エリザベート王妃国際音楽コンクール
出身地 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1951年~
公式サイト http://cmireb.be/

概要編集

ベルギーの首都ブリュッセルで4年ごとに開催されている。世界三大コンクールの中で最も歴史が古く、他の2つのコンクールのように、主催国出身の音楽家に対する過剰な思い入れがなく、審査は比較的公平だと言われている。前身は、ベルギーの生んだヴァイオリンの巨匠ウジェーヌ・イザイ(1856-1931)を讃えるために創設されたイザイ国際コンクールであった。

1951年、ベルギー青少年音楽院の創設者ルネ・ニコリが提唱し、音楽に深い理解を持たれるベルギーの元王妃エリザベートアルベール1世の王妃で、同年に即位したボードゥアン1世の祖母)の名を冠した国家的行事に格上げされた。年齢制限はかつては34歳までで争われていたが、1990年代に27歳へ変更。現在は30歳である。現行部門は、ピアニストヴァイオリニスト声楽家チェリストのためのものである。

第1位の賞金については、2006年の作曲部門が10,000ユーロ、2007年のピアノ部門、2008年の声楽部門、2009年のヴァイオリン部門がそれぞれ20,000ユーロである。ピアノとヴァイオリン部門は、ダリウス・ミヨーなどの大家に協奏曲の作曲を依頼し、城の中で10日間で演奏させるルールで有名でこれは現在も守られている。のちに作曲部門が併催されたが2012年度で打ち切られている。

1990年代から20年以上にもわたり、ピアノ部門とヴァイオリン部門の要綱には「新曲演奏は作曲部門の優勝者の作品」という規約であったが、2015年度からはこの限りではなくなり、委嘱者の作品を演奏する規約に改定された。2017年は作曲部門が廃止された代わりとして、新たにチェロ部門を開催することが決定し現在に至る。

ルール編集

ショパン国際ピアノコンクールで、「Distinctionsがセミファイナルなのかファイナルなのか、年によって毎回変動し、予選会の数まで勝手に審査員に変えられる」というメディア側からの批判を受けたことを反省し、ここでの受賞者はFinalistSemi-Finalistという呼称を採用している。ファイナリスト上限は12人、セミファイナリスト上限は24人と決まっている。

提示される課題曲の選択がヴァイオリンやチェロ、声楽部門は予選会から非常に狭いのに対し、ピアノは非常に広く設定しているのでピアニスト同士で予選曲の重複は回避できるようになっている。しかし、ヴァイオリンとピアノの本選曲はベルギーの保守的な楽壇を考慮して、ここ40年ほど全く代わり映えがない。この代わり映えのなさを打開するためか、2019年のヴァイオリン部門の本選の協奏曲は「2019年用課題協奏曲」と「任意(スコアとパート譜が用意できるもののみ)」とされており、選択リストが存在しなくなった[1]

2021年はCovid-19感染リスク軽減のため、ファイナリストは6人に半減される[2]

開催年度編集

ヴァイオリン編集

  • 1937, 1951, 1955, 1959, 1963, 1967, 1971, 1976, 1980, 1985, 1989, 1993, 1997, 2001, 2005, 2009, 2012, 2015, 2019.

ピアノ編集

  • 1938, 1952, 1956, 1960, 1964, 1968, 1972, 1975, 1978, 1983, 1987, 1991, 1995, 1999, 2003, 2007, 2010, 2013, 2016, 2021.

作曲編集

  • 1953, 1957, 1961, 1965, 1969. 1977, 1982, 1991, 1993, 1995, 1997, 1999, 2001, 2003, 2007, 2010, 2013年で無期限休止

声楽編集

  • 1988, 1992, 1996, 2000, 2004, 2008, 2011, 2018.

チェロ編集

  • 2017.

開催年と入賞者編集

詳細はこちら[3][4]

1937年 ウジェーヌ・イザイ・コンクール(ヴァイオリン部門)編集

1938年 ウジェーヌ・イザイ・コンクール(ピアノ部門)編集

1951年 ヴァイオリン部門編集

1952年 ピアノ部門編集

1953年 作曲部門編集

1955年 ヴァイオリン部門編集

1956年 ピアノ部門編集

1957年 作曲部門編集

(オーケストラ作品)

(室内楽作品)

1959年 ヴァイオリン部門編集

  • 第1位 ハイメ・ラレード (ボリビア)
  • 第2位 アルベルト・マルコフ英語版(ソ連)
  • 第3位 ジョゼフ・シルヴァースタイン (アメリカ)
  • 第4位 ヴラディミール・マリーニン(Vladimir MALININE)(ソ連)
  • 第5位 ボリス・コーニエフ (Boris KOUNIEV) (ソ連)
  • 第6位 ゲオルギウ・ミンチェフ・ヴァデフ(Georgui Mintchev BADEV)(ブルガリア)
  • 第7位 シュムエル・アシュケナジ(イスラエル)
  • 第8位 デズモンド・ブラッドレー(Desmond BRADLEY)(オーストリア)
  • 第9位 オーギュスティン・レオン・アラ(Augustin Léon Ara)(スペイン)
  • 第10位 ラファエル・ソヴォレフスキー(Raphael SOBOLEVSKY) (ソ連)
  • 第11位 ジェラルド・カンタジャン(Gérard KANTARJIAN)(エジプト)
  • 第12位 豊田耕兒(日本)

1960年 ピアノ部門編集

1961年 作曲部門編集

(オーケストラ作品)

(室内楽作品)

1963年 ヴァイオリン部門編集

1964年 ピアノ部門編集

1965年 作曲部門編集

(オーケストラ作品)

  • 第1位 ルドルフ・ブルーチ英語版(ユーゴスラヴィア)
  • 第2位 ニーニ・ブルテリス英語版(ベルギー)
  • 第3位 ロバート・ダーシー(Robert DARCY) (ベルギー)
  • 第4位 ガブリエレ・ビアンキ(Gabriele BIANCHI) (イタリア)
  • 第5位 ファビオ・ビダリ(Fabio VIDALI) (イタリア)
  • 第6位 ヴィンチェンゾ・マンノ(Vincenzo MANNO) (イタリア)

(ヴァイオリン協奏曲)

1967年 ヴァイオリン部門編集

1968年 ピアノ部門編集

  • 第1位 エカテリーナ・ノヴィツカヤ(ソ連)
  • 第2位 ヴァレリー・カミチョフ(Valère KAMYCHOV)(ソ連)
  • 第3位 Jeffrey SIEGEL (アメリカ)
  • 第4位 セミョーン・クルチン(Semion KROUTCHINE) (ソ連)
  • 第5位 André DE GROOTE (ベルギー)
  • 第6位 François-Joël THIOLLIER (アメリカ)
  • 第7位 Edward AUER (アメリカ)
  • 第8位 Eva-Maria ZUK (ベネズエラ)
  • 第9位 エリザーベト・レオンスカヤ(ソ連)
  • 第10位 内田光子(日本)
  • 第11位 フランソワ=ルネ・デュシャーブル(フランス)
  • 第12位 Waled HOWRANI (レバノン)

1969年 作曲部門編集

(オーケストラ作品)

(ピアノ協奏曲)

1971年 ヴァイオリン部門編集

1972年 ピアノ部門編集

1975年 ピアノ部門編集

  • 第1位 ミハイル・フェールマン(ソ連)
  • 第2位 スタニスラフ・イゴリンスキー(ソ連)
  • 第3位 ユーリ・エゴロフ(ソ連)
  • 第4位 ラリー・ミカエル・グラハム(Larry Michael GRAHAM)(アメリカ)
  • 第5位 セルゲイ・ユシケヴィチ(Sergueï IUCHKEVITCH) (ソ連)
  • 第6位 オリヴィエ・ギャルドン (フランス)
  • 第7位 ミハイル・ペトコフ(Mikhaïl PETOUKHOV) (ソ連)
  • 第8位 エフゲニー・ブランコート英語版(ベルギー)
  • 第9位 花房晴美(日本)
  • 第10位 H. Daniel RIVERA (アルゼンチン)
  • 第11位 ドミニク・コーニル(Dominique CORNIL) (ベルギー)
  • 第12位 セタ・タニエル(Seta TANYEL)(オーストリア)

1976年 ヴァイオリン部門編集

1977年 作曲部門編集

(カテゴリーA、オーケストラ作品)

(カテゴリーB、協奏曲)

  • 該当者なし

(カテゴリーC、弦楽四重奏曲)

1978年 ピアノ部門編集

1980年 ヴァイオリン部門編集

1982年 作曲部門編集

1983年 ピアノ部門編集

1985年 ヴァイオリン部門編集

1987年 ピアノ部門編集

1988年 声楽部門編集

  • 第1位 アガ・ヴィンスカポーランド語版(ソプラノ、ポーランド)
  • 第2位 ジャベット・トンプソン(Jeanette THOMPSON)(ソプラノ、アメリカ)
  • 第3位 ヒューブ・クラセンス(Huub CLAESSENS)(バスバリトン、オランダ)
  • 第4位 ジェイコブ・ウィル(Jacob WILL)(バスバリトン、アメリカ)
  • 第5位 イヴォンンヌ・シフェラー(Yvonne SCHIFFELERS)(メゾソプラノ、オランダ)
  • 第6位 マルティナ・ムサッチョ(Martina MUSACCHIO)(ソプラノ、イタリア)
  • 第7位 マリー=ノエル・ド・カラタイ(Marie-Noëlle de CALLATAŸ)(ソプラノ、ベルギー)
  • 第8位 チェン・チーリェン(Qi-lian CHEN)(ソプラノ、中国)
  • 第9位 ウェルナー・ヴァン・メヘレン(Werner VAN MECHELEN)(バスバリトン、ベルギー)
  • 第10位 ファン・ゾエ(Zoë HWANG)(ソプラノ、台湾)
  • 第11位 Yiang YONG (ソプラノ、中国)
  • 第12位 ルクサンドラ・ヴォダ(Ruxandra VODÀ)(ソプラノ、ルーマニア)

1989年 ヴァイオリン部門編集

1991年 作曲・ピアノ部門編集

(作曲部門)

  • パトリス・シャルロー(フランス):Nella città dolente

(ピアノ部門)

1992年 声楽部門編集

  • 第1位 ティエリー・フェリクスロシア語版(バリトン、フランス)
  • 第2位 レジナルド・ピンヘイロ(Reginaldo PINHEIRO)(テノール、ブラジル)
  • 第3位 ウェンディー・ホフマン(Wendy HOFFMAN)(メゾソプラノ、アメリカ)
  • 第4位 レジーナ・ネイサン英語版 (ソプラノ、アイルランド)
  • 第5位 クリスティナ・ガラルド-ドマス(Cristina GALLARDO-DOMAS)(ソプラノ、チリ)
  • 第6位 マリッサ・マルダー(Marisca MULDER)(ソプラノ、オランダ)
  • 第7位 ソニア・ブロウスキ-トゥドール(Sonja BOROWSKI-TUDOR)(メゾソプラノ、ドイツ)
  • 第8位 ヴェーラ・ドヴロルヴォヴァ(Vera DOBROLUBOWA)(ソプラノ、ロシア)
  • 第9位 カテリーネ・ヴァンデヴェルデ(Catherine VANDEVELDE)(ソプラノ、ベルギー)
  • 第10位 ドロタ・ラドムスカ(Dorota RADOMSKA)(ソプラノ、ポーランド)
  • 第11位 オ・ヨンゾ(Young-Zoo OH)(ソプラノ、韓国)
  • 第12位 イザベレ・カバト英語版(ソプラノ、ベルギー)

1993年 作曲・ヴァイオリン部門編集

(作曲部門)

(ヴァイオリン部門)

1995年 作曲・ピアノ部門編集

(作曲部門)

(ピアノ部門)

1996年 声楽部門編集

  • 第1位 ステファン・ソルターズフランス語版(バリトン、アメリカ)
  • 第2位 アンナ・カメリア・ステファネスカ(Ana Camelia STEFANESCU) (ソプラノ、ルーマニア)
  • 第3位 エレニ・マトス英語版(メゾソプラノ、アメリカ)
  • 第4位 マリーナ・ズヴェトコヴァ(Mariana ZVETKOVA) (ソプラノ、ブルガリア)
  • 第5位 Ray WADE (テノール、アメリカ)
  • 第6位 アーニャ・ヴィンチェン英語版(ソプラノ、オランダ)
  • ファイナリスト ソウレン・チャニダニアン(Souren CHAHIDJANIAN)(バス、アルメニア)、ポール・ゲイ英語版(バスバリトン、フランス)、ローベルト・ギールラッハ(Robert GIERLACH)(バスバリトン、ポーランド)、ステファニー・ホーツェール英語版(メゾソプラノ、アメリカ)、ミハイル・ニキフォロフ(Michail NIKIFOROV)(バス、ロシア)、Milagros POBLADOR (ソプラノ、スペイン)

1997年 作曲・ヴァイオリン部門編集

(作曲部門)

(ヴァイオリン部門)

  • 第1位 ニコライ・シュナイダー英語版(デンマーク)
  • 第2位 ローラン=アルブレヒト・ブロイニンガー (ドイツ)
  • 第3位 クリストフ・バラーティ(ハンガリー)
  • 第4位 アンドリュー・ハベロン (イギリス)
  • 第5位 玉井菜採(日本)
  • 第6位 高木和弘(日本)
  • ファイナリスト Jennifer FRAUTSCHI (アメリカ)、Susanna HENKEL (ドイツ)、Bin HUANG (中国)、Jaakko KUUSISTO (フィンランド)、Irina MURESANU (ルーマニア)、大谷玲子(日本)

1999年 作曲・ピアノ部門編集

(作曲部門)

(ピアノ部門)

  • 第1位 ヴィタリー・サモシュコ英語版(ウクライナ)
  • 第2位 アレクサンドル・ギンジン (ロシア)
  • 第3位 安寧(Ning AN) (アメリカ)
  • 第4位 Shai WOSNER (イスラエル)
  • 第5位 Roberto COMINATI (イタリア)
  • 第6位 ヴラディミール・スヴェルドロフ(Vladimir SVERDLOV) (ロシア)
  • ファイナリスト Esther BUDIARDJO (インドネシア)、Jakob KATZNELSON (ロシア)、Roland KRÜGER (ドイツ)、永野英樹(日本)、高橋礼恵(日本)、Gottlieb WALLISCH (オーストリア)

2000年 声楽部門編集

  • 第1位 マリー=ニコル・ルミュ英語版(コントラルト、カナダ)
  • 第2位 マリウス・ブレンチュ(Marius BRENCIU) (テノール、ルーマニア)
  • 第3位 オルガ・パシチニク(Olga PASICHNYK) オルガ・パシチニク英語版(ソプラノ、ウクライナ)
  • 第4位 Pierre-Yves PRUVOT (バリトン、フランス)
  • 第5位 Lubana AL QUNTAR (ソプラノ、シリア)
  • 第6位 Margriet VAN REISEN (コントラルト、オランダ)
  • ファイナリスト Sunhae IM (ソプラノ、韓国)、David Dong Qyu LEE (カウンターテナー、韓国)、Robert POMAKOV (バス、カナダ)、マリーナ・ポプラフスカヤ(Marina POPLAVSKAYA) (ソプラノ、ロシア)、Véronique SOLHOSSE (ソプラノ、ベルギー)、Karen WIERZBA (ソプラノ、カナダ)

2001年 作曲・ヴァイオリン部門編集

(作曲部門)

(ヴァイオリン部門)

2002年 作曲部門編集

  • イアン・ムンロー英語版(オーストリア)
  • ファイナリスト ソレン・ニルス・エイヒベルク(デンマーク/ドイツ)、Sampo HAAPAMÄKI (フィンランド)、Francisco LARA TEJERO (スペイン)、Ilkka VON BOEHM (フィンランド)

2003年 ピアノ部門編集

2004年 声楽・作曲部門編集

(声楽部門)

  • 第1位 イウォナ・ソボトカ英語版(ソプラノ、ポーランド)
  • 第2位 Hélène GUILMETTE (ソプラノ、カナダ)
  • 第3位 シャディ・トベイフランス語版 (バス、ベルギー)
  • 第4位 テオドラ・ゲオルハイウ英語版 (ソプラノ、ルーマニア)
  • 第5位 Diana AXENTII (メゾソプラノ、モルドバ)
  • 第6位 Lionel LHOTE (バリトン、ベルギー)
  • ファイナリスト Aile ASSZONYI (ソプラノ、エストニア)、ヴラディミール・バイコフ(Vladimir BAYKOV) (バス、ロシア)、Talar DEKRMANJIAN (ソプラノ、シリア)、Johannes SCHENDEL (バリトン、ドイツ)、Hye-Soo SONN (バス、韓国)、Mary Elizabeth WILLIAMS (ソプラノ、アメリカ)

2004年 作曲部門編集

2005年 ヴァイオリン部門編集

2006年 作曲部門編集

2007年 ピアノ部門編集

2008年 作曲部門編集

  • チョ・エンファ(Cho Eun-Hwa)(韓国)

2008年 声楽部門編集

  •  第1位 スザボリック・ブリクナー(Szabolcs Brickner) (ハンガリー)
  •  第2位イザベラ・ドゥレト英語版(フランス)
  •  第3位 ベルナデッタ・グラビアス(Bernadetta Grabias) (ポーランド)

2009年 ヴァイオリン部門編集

2009年 作曲部門編集

2010年 ピアノ部門編集

  •  第1位 デニス・コジュヒン英語版 (ロシア)
  •  第2位 エフゲニー・ボジャノフ英語版(Evgeni BOZHANOV) (ブルガリア)
  •  第3位 ハンネス・ミナー (オランダ)
  •  第4位 ユーリー・ファヴォリン英語版(Yury FAVORIN) (ロシア)
  •  第5位 キム・テヒョン(KIM Tae-Hyung) (韓国)
  •  第6位 キム・ダソル(KIM Da-sol) (韓国)
  • (ファイナリスト)Claire HUANGCI (アメリカ)、キム・キュヨン(KIM Kyu-yeon) (韓国)、Andrejs OSOKINS (ラトビア)、PARK Jong-Hai [Korea]、佐藤卓史(日本)、SUNWOO Yekwon [Korea]

2011年 声楽部門編集

  • 第1位 Haeran Hong
  • 第2位 Thomas Blondelle
  • 第3位 Elena Galitskaya
  • 第4位 Anaïk Morel
  • 第5位 Konstantin Shushakov
  • 第6位 Clémentine Margaine

2011年 作曲部門編集

  • 酒井健治 (日本[5])「ヴァイオリンとオーケストラのための協奏曲」

2012年 ヴァイオリン部門編集

  • 第1位 アンドレイ・バラーノフロシア語版(ロシア)
  • 第2位 成田達輝(日本)
  • 第3位 シン・ヒョンス(韓国)
  • 第4位 エスター・ヨー英語版(Esther YOO)(アメリカ)
  • 第5位 曾宇謙(台湾)
  • 第6位 アルテョム・シシコフ(Artiom Shishkov)(ベラルーシ)
  • (ファイナリスト)Ermir Abeshi(アルバニア - アメリカ)、 Marc Bouchkov(ベルギー)、 ニッキー・チョイ(Nikki CHOOI)(カナダ)、 キム・ダミ(Da-mi KIM)(韓国)、 Josef Spacek(チェコ)、 Nancy ZHOU(アメリカ)

2012年 作曲部門編集

  • 大賞 ミシェル・ペトロッシアン英語版 (フランス)
    • 佳作Hooshyar Khayam (イラン(イギリス在住)) : Before the Dream is Over
    • Yiğit Kolat (トルコ) : ピアノとオーケストラのための協奏曲
    • Arthur Lavandier (フランス) : ピアノとオーケストラのための協奏曲
    • Herrmann Torsten (ドイツ) : ピアノとオーケストラのための協奏曲
    • Nils Van der Plancken (ベルギー) : Garden of Sorrows

2013年 ピアノ部門編集

(ファイナリスト)タチアナ・チェルニチュカ(ロシア)、デイヴィッド・ファング(オーストラリア)、ローペ・グロンダール英語版(フィンランド)、ショーン・ケナード英語版(アメリカ)、サンヨン・キム(韓国)、ユンティエン・リュウ(中国)

2014年 声楽部門編集

(ファイナリスト) エモケ・バラート英語版(ソプラノ、ハンガリー)、ダニエラ・ゲルステンマイヤー(Daniela Gerstenmeyer)(ソプラノ、ドイツ)、キム・スン・ジク(Kim Seung-Jick)(テノール、韓国), レヴェンテ・パル(Levente Pall)(バス、ハンガリー)、シェヴァ・テオヴァルドイツ語版(ソプラノ、ベルギー)、ユー・ハンスン(Yoo Han-sung)(バリトン、韓国)

2015年 ヴァイオリン部門編集

  • 第1位 イム・ジヨン英語版(韓国)
  • 第2位 オレクシイ・セメネンコ(ウクライナ)
  • 第3位 ウィリアム・ハーゲン(William Hagen)(アメリカ)
  • 第4位 トビアス・フェルドマン(ドイツ)
  • 第5位 ステファン・ウォーツ(アメリカ)
  • 第6位 毛利文香(日本)

(ファイナリスト) キム・ボンソリ英語版(韓国)、チン・ウィリアム・イー・ウェイ(台湾)、リム・イーヨン(韓国)、シャオ・ワン(中国)、イ・イーヨン(韓国)

2016年 ピアノ部門編集

(ファイナリスト) ホワン・ルオユー(中国)、岡田奏(日本)、ラリー・ウェン(Larry Weng)(アメリカ)、ハン・H・スー(韓国)、今田篤(日本)、キム・ヨンジ(韓国)

2017年 チェロ部門編集

(ファイナリスト) ブリュノ・フィリップ(フランス)、アストリク・シラノシアン(フランス)、シハオ・へ(中国)、ソンミン・カン(韓国)、イ・ヨンヒュン(韓国)、ヤン・ルヴィオノワ(フランス)

2018年 声楽部門編集

  • 第1位 サミュエル・ハッセルホルンフランス語版(バリトン、ドイツ)
  • 第2位 エヴァ・ザイチーク(メゾソプラノ、フランス)
  • 第3位 アオ・リー(バス、中国)
  • 第4位 ロシオ・ペレス(ソプラノ、フランス)
  • 第5位 エロイーズ・マス(メゾソプラノ、フランス)
  • 第6位 マリアンヌ・クルー(ソプラノ、ベルギー

(ファイナリスト) ヘルマン・エンリケ・アルカンターラ(バリトン、アルゼンチン)、アレックス・デソシオ(バリトン、アメリカ)、ユーリー・ハゼツキー(バリトン、ウクライナ)、ソーヨン・リー(ソプラノ、韓国)、ダニロ・マトヴィエンコ(バリトン、ウクライナ)、シャルロッテ・ワインベルク(ソプラノ、ベルギー)

2019年 ヴァイオリン部門編集

(ファイナリスト) ルーク・スー(アメリカ)、シルヴィア・ファン(ベルギー)、岡本誠司(日本)、エヴァ・ラプチェフスカ(ウクライナ)、チ・ウォンソン(韓国)、宇野由樹子(日本)

2021年 ピアノ部門編集

  • 第1位 Jonathan Fournel(フランス)
  • 第2位 Sergei Redkin(ロシア)
  • 第3位 務川慧悟(日本)
  • 第4位 阪田知樹(日本)
  • 第5位 Vitaly Starikov(ロシア)
  • 第6位 Dmitry Sin(ロシア)

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ violin 2019”. cmireb.be. 2018年12月14日閲覧。
  2. ^ Modifications to the 2021 Piano Competition”. queenelisabethcompetition.be. queenelisabethcompetition.be. 2021年2月13日閲覧。
  3. ^ palmares 1973-2013”. cmireb.be. 2018年12月14日閲覧。
  4. ^ 開催年と入賞者”. concoursreineelisabeth.be. concoursreineelisabeth.be. 2020年7月29日閲覧。
  5. ^ 投函当時スイス在住