メインメニューを開く

エリック・アイバー

ドミニカ共和国出身の野球選手

エリック・ヨハン・アイバーErick Johan Aybar, 1984年1月14日 - )は、ドミニカ共和国ペラビア州バニ英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投両打。メキシカンリーグモンクローバ・スティーラーズ所属。

エリック・アイバー
Erick Aybar
モンクローバ・スティーラーズ #8
Erick Aybar takes live batting practice (24911210339).jpg
アトランタ・ブレーブス時代
(2016年2月26日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ペラビア州バニ英語版
生年月日 (1984-01-14) 1984年1月14日(35歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2002年 アマチュアFA
初出場 2006年5月16日 トロント・ブルージェイズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国代表
WBC 2013年
獲得メダル
男子 野球
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球

ウィリー・アイバーは兄である。

目次

経歴編集

プロ入りとエンゼルス時代編集

 
ロサンゼルス・エンゼルス時代
(2011年7月22日)

2002年アナハイム・エンゼルスへドラフト外で入団。マイナー時代にタイ・バンバークレオ打撃コーチの指導により成長[1]

2006年5月16日のトロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビュー。34試合に出場し打率.250。守備では二塁手遊撃手として出場し、遊撃手として39回の守備機会に対して4失策と守備率は9割を下回った。

2007年は開幕からメジャーロースター入りを果たすも2回故障者リスト入りを経験し、79試合の出場に終わった。

2008年は、98試合に出場。

2009年には遊撃手のレギュラーに定着し、ア・リーグ8位となる打率.312を記録してブレイクを果たした。レギュラーに定着した事で、走力を生かした安打が増加し、内野安打35本、バントヒットに至ってはメジャー最多となる18本を記録した[2]。守備でも高い守備力を発揮し、リーグの遊撃手としては最多の102併殺を記録した。ポストシーズン対ヤンキース戦で、ジーターが打った高いバウンドのゴロを素手で取り、素早く送球してアウトにしたり、打撃ではサバシアからセンターにヒットを放つなど活躍した。6月28日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦ではアイバーがセーフティバントを試みた際、相手の投手が一塁へ悪送球し、ボールがライト方向に転がった隙に、アイバーは三塁にヘッドスライディングするが、ライトの野手がまたも三塁に悪送球しアイバーはホームイン。記録上はシングルヒットとエラーであるが、バントしたのが結局ホームランになるという珍事が発生した[3]。日本でも1982年に巨人の篠塚和典が類似の経験をしている。

2010年は、打率が.253まで低下したが、自身初の20超えとなる22盗塁を決めたほか、38本の内野安打と2年連続メジャー最多となる16本のバントヒットを記録した[4]

2011年は、打率を.279まで引き上げ、ホームランでも自身初の二桁となる10本塁打を放った。走力面でのスタッツでは、自身初の30盗塁を決め、バントヒットは14本だった[5]。また、ファーストに守備力の高いトランボ[5]が入った事で、併殺獲得数が再増加して、2年ぶりにア・リーグ1位となる102併殺を取った。シーズン終了後にはゴールドグラブ賞も受賞した。

2012年はシーズン開始後に球団と4年3350万ドルで契約延長。シーズンでは、マイク・トラウトが台頭した事により、リードオフマンの座を失ったが、相変わらずのスピードを発揮[6]。盗塁は減少したとは言え、3年連続20盗塁以上をマーク。メジャー3位の内野安打40本、メジャー1位のバントヒット16本を決めた[6]。バントヒット数でメジャー最多を記録するのは、3度目の事である。また、この年は左投手をよく打った(対左打率.336)。バッティングでは、打率を.290まで上げて2年連続で打率上昇となった。

2013年開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ドミニカ共和国代表に選出された[7]。レギュラーシーズンでは引き続き遊撃のレギュラーを務めたが、8月に脛を痛めた影響で走力に関する成績(盗塁、内野安打、バントヒット)が軒並み低下した [8]。それでも、3年連続で.270台の打率を維持した。

2014年は、レギュラー獲得後では最多の156試合に出場し、打率.278・7本塁打・68打点・16盗塁という成績を記録。盗塁は2年連続で20に届かなかったが、打点は自己ベストの数値である。遊撃守備では、前年と比較してエラーを15から10に、DRSを - 7から - 3に改善した。オフの日米野球2014のMLB選抜に選出されていたが、11月7日に怪我で辞退となった[9]

2015年は2年連続で156試合に出場し、打率.270・3本塁打・44打点という打撃成績をマーク。また、30二塁打を放って5年連続で30本以上の二塁打を放った。走塁面では15盗塁を決め、2009年から7年連続2ケタ盗塁を継続した。

ブレーブス時代編集

2015年11月12日にアンドレルトン・シモンズホセ・ブリセーニョ英語版とのトレードで、ショーン・ニューカムクリス・エリス英語版+金銭と共にアトランタ・ブレーブスへ移籍した[10]

2016年は遊撃手のレギュラーで起用され、97試合で打率.242・2本塁打・26打点・3盗塁(5盗塁死)という成績を残した。守備面では、93試合で13失策・守備率.964・DRS - 5という数字を記録した。

タイガース時代編集

2016年8月16日にマイク・アビレスケイド・シビキーとのトレードで、デトロイト・タイガースへ移籍した[11]。タイガース加入後は三塁手及び遊撃手で起用され、29試合に出場。打率.250・1本塁打・8打点という打撃成績と、三塁手12試合でDRS - 2・遊撃手11試合でDRS0という守備成績を残した。また、6試合で二塁手の守りにも就いた。ブレーブス時代との合算では、126試合に出場して打率.243・3本塁打・34打点・3盗塁という成績で、2008年以来8シーズンぶりに規定打席相当数(リーグは別々である)に届かなかった。遊撃守備は、104試合で13失策・守備率.968・DRS - 5という内容だった。オフの11月3日にFAとなった[12]

パドレス時代編集

2017年2月7日にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[13]。3月28日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[14]。この年は108試合に出場して打率.234・7本塁打・22打点・11盗塁の成績を残した。オフの11月2日にFAとなった[15]

メキシカンリーグ時代編集

2018年2月23日にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んでスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[16]が、3月23日に自由契約となった[17]。その後、7月13日にメキシカンリーグモンクローバ・スティーラーズと契約を結んだ[12]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2006 LAA 34 40 40 5 10 1 1 0 13 2 1 0 0 0 0 0 0 8 1 .250 .250 .325 .575
2007 79 211 194 18 46 5 1 1 56 19 4 4 3 2 10 0 2 32 8 .237 .279 .289 .568
2008 98 375 346 53 96 18 5 3 133 39 7 2 9 1 14 0 5 45 2 .277 .314 .384 .699
2009 137 556 504 70 157 23 9 5 213 58 14 7 12 5 30 1 5 54 9 .312 .353 .423 .776
2010 138 589 534 69 135 18 4 5 176 29 22 8 11 2 35 1 7 81 7 .253 .306 .330 .636
2011 143 605 556 71 155 33 8 10 234 59 30 6 9 3 31 1 6 68 13 .279 .322 .421 .743
2012 141 554 517 67 150 31 5 8 215 45 20 4 7 2 22 1 5 61 11 .290 .324 .416 .740
2013 138 589 550 68 149 33 5 6 210 54 12 7 8 5 23 1 3 59 14 .271 .301 .382 .683
2014 156 642 589 77 164 30 4 7 223 68 16 9 3 8 36 4 5 62 10 .278 .321 .379 .700
2015 156 638 597 74 161 30 1 3 202 44 15 6 7 5 25 1 4 73 12 .270 .301 .338 .639
2016 ATL 97 368 335 27 81 14 2 2 105 26 3 5 3 4 20 5 6 59 14 .242 .293 .313 .607
DET 29 91 80 7 20 5 0 1 28 8 0 0 0 0 11 1 0 11 1 .250 .341 .350 .691
'16計 126 459 415 34 101 19 2 3 133 34 3 5 3 4 31 6 6 70 15 .243 .303 .320 .623
2017 SD 108 370 333 37 78 15 1 7 116 22 11 4 3 2 28 2 4 57 5 .234 .300 .348 .648
MLB:12年 1454 5627 5175 643 1402 256 46 58 1924 473 155 62 75 39 285 18 52 670 107 .271 .313 .372 .685
  • 2018年度シーズン終了時

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2017 SD 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 1.1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.75
MLB:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 1.1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.75
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手(P) 二塁(2B) 三塁(3B) 遊撃(SS) 左翼(LF) 右翼(RF)








































































2006 LAA - 3 1 3 0 0 1.000 - 19 13 22 4 6 .897 - -
2007 - 43 60 106 4 25 .976 1 0 2 0 0 1.000 20 14 24 3 2 .927 6 5 0 0 0 1.000 2 0 0 0 0 ----
2008 - 2 0 1 0 0 1.000 - 96 140 276 18 63 .959 - -
2009 - - - 136 240 378 11 102 .983 - -
2010 - - - 135 198 344 21 59 .963 - -
2011 - - - 142 240 406 13 102 .980 - -
2012 - - - 139 232 359 15 86 .975 - -
2013 - - - 138 217 328 15 78 .973 - -
2014 - - - 155 194 359 10 75 .982 - -
2015 - - - 154 244 359 17 71 .973 - -
2016 ATL - 1 1 6 0 2 1.000 - 93 109 241 13 46 .964 - -
DET - 6 1 2 0 0 1.000 12 4 9 0 1 1.000 11 17 24 0 5 1.000 - -
'16計 - 7 2 8 0 2 1.000 12 4 9 0 1 1.000 104 126 265 13 51 .968 - -
2017 SD 2 0 0 0 0 ---- - - 99 117 273 9 63 .977 - -
MLB 2 0 0 0 0 ---- 55 63 118 4 27 .978 13 4 11 0 1 1.000 1337 1975 3393 149 758 .973 6 5 0 0 0 1.000 2 0 0 0 0 ----
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 32(2006年 - 2007年)
  • 2(2008年 - 2015年)
  • 1(2016年 - 同年途中)
  • 15(2016年途中 - 同年終了)
  • 8(2017年 - 同年終了)

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』廣済堂出版、2008年、201頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  2. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』廣済堂出版、2010年、198頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  3. ^ 【トレビアン動画】「これはひどい」バントでランニングホームランを達成”. livdoor news (2009年7月3日). 2016年3月18日閲覧。
  4. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』廣済堂出版、2011年、225頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  5. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2012』廣済堂出版、2011年、211頁。ISBN 978-4-331-51612-6
  6. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2013』廣済堂出版、2013年、221頁。ISBN 978-4-331-51711-6
  7. ^ 2013 Tournament Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月18日閲覧。
  8. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、2014年、229頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  9. ^ 日米野球のMLB選手確定!今季16勝のシューメーカーら追加発表
  10. ^ Alden Gonzalez (2015年11月12日). “Baldoquin's path unclear after Simmons trade”. MLB.com. 2015年11月13日閲覧。
  11. ^ Anthony Fenech (2016年8月16日). “Tigers trade Aviles, Scivicque for IF Aybar” (英語). 2016年8月19日閲覧。
  12. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2018年9月9日閲覧。
  13. ^ http://www.mlive.com/tigers/index.ssf/2017/02/erick_aybar_padres.html
  14. ^ AJ Cassavell (2017年3月28日). “Aybar wins Padres' shortstop job” (英語). MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/221240396/erick-aybar-named-padres-opening-day-ss/ 2017年3月30日閲覧。 
  15. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月28日閲覧
  16. ^ Jeff Todd (2018年2月24日). “Twins Sign Erick Aybar” (英語). MLB Trade Rumors. 2018年3月21日閲覧。
  17. ^ Erick Aybar: Leaves Twins” (英語). CBS Sports (2018年3月23日). 2018年9月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集