エリック・エリクソン (合唱指揮者)

エリック・グスタフ・エリクソン(Eric Gustaf Ericson, 1918年10月26日 - 2013年2月16日)は、スウェーデン合唱指揮者

エリック・エリクソン(2007年

略歴編集

1943年にストックホルム音楽大学を卒業後、スイスバーゼル・スコラ・カントルムや、ドイツイギリスアメリカ合衆国へと留学し、音楽を学んだ。

1951年から1991年まで、ウプサラ大学オルフェ・ドレンガル合唱団英語版の主任指揮者を務め、1951年にエリクソンの主導で設立されたスウェーデン放送合唱団の指揮者を1982年まで務めた。また、1951年にストックホルム音楽大学で教鞭をとり、1968年に同校の合唱指揮科の教授に任命された。1983年にはウプサラ大学人文学部から名誉博士号を授与された[1]

1995年、北欧評議会音楽賞英語版を受賞。1997年、「スウェーデンおよび国際合唱音楽の指揮者、教師、芸術的創始者、および啓発者としての先駆的な業績」を称えられ、ポーラー音楽賞英語版を受賞[2]

エリクソンはエリック・エリクソン室内合唱団を設立したほか、ドロットニングホルム・バロックアンサンブル(バッハ受難曲を演奏する合唱団)、オランダ室内合唱団英語版プーランクの作品を演奏する合唱団)、アクセントゥス英語版フィンランドの作品を演奏する合唱団)を含む、多くのアンサンブルと合唱団の客演指揮者を務めた。

受賞編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Honorary doctorates - Uppsala University, Sweden”. 2019年11月28日閲覧。
  2. ^ Eric Ericson | Polar Music Prize”. 2019年11月28日閲覧。

外部リンク編集