エリック・コーディエ

エリック・マイケル・コーディエErik Michael Cordier, 1986年2月25日 - )は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ブラウン郡グリーンベイ出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。

エリック・コーディエ
Erik Cordier
20160317 CORDIER.jpg
オリックス時代
(2016年3月17日、京セラドーム大阪にて)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウィスコンシン州ブラウン郡グリーンベイ
生年月日 (1986-02-25) 1986年2月25日(31歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 MLBドラフト2巡目(全体63位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 MLB / 2014年9月3日
NPB / 2016年3月25日
最終出場 NPB / 2016年6月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

MLB時代編集

サザン・ドア高等学校から[1]2004年MLBドラフト2巡目(全体63位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名を受けた[2]

2006年までロイヤルズ傘下に所属し、2008年から2012年まではアトランタ・ブレーブス傘下、2013年ピッツバーグ・パイレーツ傘下に所属。2014年サンフランシスコ・ジャイアンツでメジャーリーグ初登板した。2015年8月にDFAとなり、その直後マイアミ・マーリンズに入団して8試合に登板した[1][3]

オリックス時代編集

同年12月12日にオリックス・バファローズがコーディエの獲得を発表し、背番号は52に決まった[1]2016年1月26日ブライアン・ボグセビックブレント・モレルと共に入団会見が行われた[4]

オープン戦では5試合に登板、5回を投げ被安打0、与四球1、無失点だった[5]。開幕前から抑え投手の候補で[6]3月25日埼玉西武ライオンズとの開幕戦では1点リードの9回裏に来日初登板したが、1/3回を投げ被安打2、奪三振1、与四球1、自責点2で敗戦投手になり、チームもサヨナラ負けを喫した[7]。27日の対西武戦では2点リードの9回に登板し、1回を投げ被安打3、奪三振3、与四球1、自責点1で初セーブを挙げた[8]6月7日の対中日ドラゴンズ戦において同点の12回表に6番手で登板し、3者連続で四球を与えたところで降板し、翌8日に出場選手登録を抹消された[9]。その後股関節を痛めた影響もあって一軍での登板は無かったが右の鼠蹊部がスポーツヘルニアと診断され、コーディエがアメリカでの手術を希望したため9月6日に帰国予定であることが5日に発表された[10]12月2日、自由契約公示された[11]

レッドソックス傘下時代編集

2017年1月9日ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結び、11日にAAA級ポータケット・レッドソックスに配属された。だが、開幕から6試合に登板して0勝1敗・防御率5.40・11奪三振の成績で5月11日に自由契約となった[12]

投球スタイル編集

アメリカではかつては先発投手だったが来日するまでの過去3,4年は救援投手を務めており、3Aでは2015年に9セーブを記録、通算では16セーブを挙げていた。

直球の最速は103mph(165.7km/h)を記録しており[13]、2016年のオープン戦では157km/hを記録した[14]。変化球はスライダーチェンジアップツーシームを投げる[15]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2014 SF 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 28 6.0 5 0 2 0 3 9 1 0 4 1 1.50 1.17
2015 MIA 8 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 56 12.1 13 1 6 1 1 7 0 1 8 8 5.84 1.54
2016 オリックス 13 0 0 0 0 0 2 2 0 .000 63 12.1 11 2 15 0 0 14 0 0 10 10 7.30 2.11
MLB:2年 15 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 84 18.1 18 1 8 1 4 16 1 1 12 9 4.42 1.42
NPB:1年 13 0 0 0 0 0 2 2 0 .000 63 12.1 11 2 15 0 0 14 0 0 10 10 7.30 2.11
  • 2016年度シーズン終了時

記録編集

NPB
  • 初登板:2016年3月25日、対埼玉西武ライオンズ1回戦(西武プリンスドーム)、9回裏に3番手で救援登板、1/3回2被安打2失点で敗戦投手
  • 初奪三振:同上、9回裏に鬼崎裕司から見逃し三振
  • 初セーブ:2016年3月27日、対埼玉西武ライオンズ3回戦(西武プリンスドーム)、9回裏に4番手で救援登板・完了、1回1失点

背番号編集

  • 51(2014年)
  • 50(2015年)
  • 52(2016年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 新外国人選手獲得のお知らせ オリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2015年12月21日配信
  2. ^ ホント?オリ新助っ人右腕 事実なら日本最速更新「MAXは…」 スポニチ Sponichi Annex 2016年1月26日掲載
  3. ^ オリックス160キロ新守護神候補 コーディエ獲得へ 日刊スポーツ 2015年12月10日紙面から
  4. ^ ボグセビック選手、モレル選手、コーディエ投手入団会見! オリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2016年1月26日配信
  5. ^ 2016年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(オープン戦) NPB.jp 日本野球機構
  6. ^ オリ新守護神候補コーディエ 最速155キロで3人斬り、被安打0継続 スポニチ Sponichi Annex 2016年3月21日掲載
  7. ^ 2016年3月25日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  8. ^ 2016年3月27日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  9. ^ 2016年6月7日 オリックス 対 中日 成績詳細公示(出場選手登録・抹消) 2016年6月 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  10. ^ オリックスのコーディエ 帰国→退団へ 新守護神候補も2S スポニチ Sponichi Annex 2016年9月6日掲載
  11. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  12. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年5月20日閲覧。
  13. ^ オリックス・コーディエ来日 最速165キロだった 日刊スポーツ 2016年1月26日紙面から
  14. ^ オリックス新外国人コーディエ、来日最速157キロ 日刊スポーツ 2016年3月8日掲載
  15. ^ 最速166キロ?オリックス・コーディエが豪腕披露 日刊スポーツ 2016年2月1日掲載

関連項目編集

外部リンク編集