エリナー・アボット

エリナー・アボット(Elenore Plaisted Abbott、1875年1935年)はアメリカ合衆国の挿絵画家、舞台美術家である。グリム童話集などの20世紀はじめの書籍の挿絵で知られている。

宝島』の挿絵 (1911)

略歴編集

メイン州ペノブスコット郡のリンカーンという町で生まれた。フィラデルフィアの女子美術学校(Philadelphia School of Design for Women)とペンシルベニア美術アカデミーで学び、パリに留学し、パリの展覧会に出展して[1] 、1899年にフィラデルフィアに帰国した。ドレクセル協会(現在のドレクセル大学)で教えていたハワード・パイルからイラストレーションを学び、その影響を強く受けた[2]

風景画や肖像画家として働き、ペンシルベニアの劇団(Hedgrew Theater)の劇、"The Emperor Jones"の舞台美術の仕事をする一方[2] 、イラストレーターとして有名になった。『ハーパーズ・マガジン』『サタデー・イブニング・ポスト』『スクリブナーズ』といった雑誌の挿絵を描き[2][3]ロバート・ルイス・スティーヴンソンの『宝島』や『誘拐されて』、ルイーザ・メイ・オルコットの『昔気質の一少女』、グリム童話集といった書籍の挿絵を描いた[2]

フィラデルフィア水彩画クラブの会員となり、エミリー・サーテインジェシー・ウィルコックス・スミスやエリザベス・シッペン・グリーン、バイオレット・オークリーといった女性アーティストと「The Plastic Club」を作り、女性芸術家の支援ための運動のメンバーとなった[4]

1898年に法律家で写真家、画家のC・ヤーナル・アボット(C. Yarnall Abbott:1870–1938)と結婚し、1911年からはペンシルベニア州デラウェア郡のローズ・ヴァレーに住み、夫妻の共同のスタジオで活動した[5]

作品編集

参考文献編集

  1. ^ Elenore Plaisted Abbott. The Artists Post 1911, Rose Valley Museum and Historical Society. Retrieved March 5, 2014.
  2. ^ a b c d The Artists post 1911”. The Artists. Rose Valley Museum and Historical Society. 2013年12月7日閲覧。
  3. ^ Library of Congress. Copyright Office. Catalog of Copyright Entries. Part 4. Works of Art, Etc. New Series. 1919. p. 270.
  4. ^ Jill P. May; Robert E. May; Howard Pyle. Howard Pyle: Imagining an American School of Art. University of Illinois Press; 2011. 978-0-252-03626-2. p. 89.
  5. ^ C. Yarnall Abbott. The Artists Post 1911, Rose Valley Museum and Historical Society. Retrieved March 5, 2014.