メインメニューを開く

エリファレット・ブラウン・ジュニア

エリファレット・ブラウン・ジュニアが撮影した『田中光儀像』。首おさえ台が見え、長時間露光が窺える[1]

エリファレット・ブラウン・ジュニアEliphalet Brown Jr.1816年 - 1886年)は、アメリカ合衆国画家写真家

日本においては、黒船来航時にペリーに随行した写真家として知られている。寄港した琉球日本で、自然や人物をダゲレオタイプ(銀板写真)で撮影した。このうち人物写真6点が現存している。ブラウンが撮影した銀板写真は、現存する日本最古の写真とされ[2]、日本国内で日本人を撮影した現存最古の写真群である[3][4]

目次

生涯編集

1816年、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ニューベリーポートに生まれる[5]。若くしてニューヨークに出て商業的な画家となり、肖像画や歴史画、風景画などを手掛けた[5]

弟のジェームズも画家であった[5]ダゲレオタイプの技術に触れたのはジェームズが先で、エリファレットは弟からダゲレオタイプ撮影技術を習得した[5]

1852年、マシュー・ペリーの日本遠征に随行[5]アメリカ合衆国海軍のマスター・メイト(Master's mate. 「衛生伍長代理助手」という訳もある[5])という身分を与えられた。同様にペリー一行に同行した画家にはヴィルヘルム・ハイネがいる。

1853年5月、琉球王国那覇天久聖現寺(天久山聖現寺)で地元住民を撮影した記録が残る[6]。ブラウンは、そのほか下田・箱館・横浜などの上陸地で人物・風景・建築を撮影した[5]

横浜に近い石川郷(横浜市中区石川町)の名主が記した『亜墨理駕船渡来日記』(武相叢書に収録[7])には、1854年4月(嘉永7年2月)に石川郷でブラウンが写真撮影をおこなった様子が記されており、「写真鏡」が描写されている[5]。箱館には1854年5月17日(旧暦4月21日)から6月3日(旧暦5月8日)まで滞在し、実行寺にスタジオを構えた[5]

ブラウンの撮影した写真をもとに木版画やリトグラフが制作され、『ペリー提督日本遠征記』に収録された[5]。ペリーの遠征中、ブラウンは400点以上のダゲレオタイプを撮影したと主張しているが[5]、後述の通りほとんどの写真原版は失われ、現存する写真は6点のみである(2006年現在)[5]

ブラウンは帰国後もアメリカ海軍にとどまり、自己の旧作管理を除いて写真や版画の制作から離れた[5]。地中海艦隊提督秘書などを務めたあと1875年に退役。1886年にニューヨークで死去[5]

作品編集

 
下田の鐘楼。ブラウンのダゲレオタイプをもとに製作されたリトグラフ
 
那覇の高官。ブラウンのダゲレオタイプをもとに製作されたリトグラフ

ブラウンがペリーに同行した際に撮影したダゲレオタイプで現存するものは、以下の6点のみである[8]。ブラウンが制作したダゲレオタイプは、『ペリー提督日本遠征記』出版のためいくつかの印刷所に預けられていたが、1856年にそのうちのひとつデュバル社が火災で焼失[8]。また、ほかの会社に預けられたものも紛失したとされる[8]

日本国内に現存するブラウンのダゲレオタイプ5点は、2006年6月9日付で日本の重要文化財に指定された[9]。うち、松前藩関係者である松前・遠藤・石塚の写真には添状が付属しており、いずれも箱館で撮影されたこと、1854年6月1日にペリーから贈られたものとする旨が英文で記されている[10]。ペリー側の通訳ウィリアムズの日記によれば、手渡しは5月24日とあるが[5]、遠藤・石塚の写真裏にはペリーから贈られたものとする趣旨が漢文で記され、日付は「甲寅五月初六日(旧暦5月6日)」とあり[11][5]、横浜美術館では6月1日の手渡しを裏付けるものとしている[5]

  • 石塚官蔵と従者像』(1854年。個人所有、函館市寄託、函館市立函館博物館保管) - 日本国の重要文化財[18][19][20]
    石塚は松前藩勘定奉行[21]で、松前勘解由の配下としてペリーとの応接にあたった。この写真のオリジナルの銀板は劣化が著しいが、劣化進行以前に作成された複製により、画像が確認できる[22][23]
  • 黒川嘉兵衛像』(1854年。個人所有、日本大学芸術学部写真学科寄託[5]) - 日本国の重要文化財[24][25][26]
    黒川は幕臣。ペリーの来航時・再来時に浦賀奉行組頭として交渉事務にあたった。

日本の重要文化財指定の5点のうち、田中光儀像はクオータープレート(10.5x8.2センチ)、他の4点はハーフプレート(約14x11センチ)である。[31]

備考編集

脚注編集

  1. ^ 銀板写真(田中光儀像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。の「詳細解説」。
  2. ^ 日本最古の銀板写真”. 函館市公式観光サイトはこぶら. 2016年8月16日閲覧。
  3. ^ 重要文化財指定された5点いずれも「外国人が日本国内で日本人を撮影した現在確認される現存最古の写真の1枚」と評価されている。銀板写真(田中光儀像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。の「詳細解説」。
  4. ^ 「日本人を撮影した写真」としては、1850年にサンフランシスコで撮影された、栄力丸乗組員(ジョセフ・ヒコこと浜田彦蔵ら)の写真が古い。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t エリファレット・ブラウン・ジュニア《遠藤又左衛門と従者》特別展示”. 横浜美術館. 2016年8月16日閲覧。
  6. ^ 写真史年表”. 琉球文化アーカイブ 沖縄写真史. 沖縄県立総合教育センター. 2016年8月16日閲覧。
  7. ^ 武相叢書”. 神奈川県立図書館. 2016年8月16日閲覧。
  8. ^ a b c 森重和雄. “幕末明治の写真師列伝 第四回 下岡蓮杖 その三 (PDF)”. 横浜美術館. 2016年8月16日閲覧。
  9. ^ 平成18年6月9日文部科学省告示第79号(5件とも)
  10. ^ 「国指定文化財等データベース」各「詳細解説」
  11. ^ 「国指定文化財等データベース」遠藤と従者像の「詳細解説」
  12. ^ 重要文化財としての指定名称は「銀板写真(松前勘解由と従者像)1枚 エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影 一八五四年 附 添状1通」。
  13. ^ 銀板写真(松前勘解由と従者像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。
  14. ^ 銀板写真(松前勘解由と従者像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。
  15. ^ 重要文化財としての指定名称は「銀板写真(遠藤又左衛門と従者像)1枚 エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影 一八五四年 附 添状1通」。
  16. ^ 銀板写真(遠藤又左衛門と従者像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。
  17. ^ 銀板写真(遠藤又左衛門と従者像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。
  18. ^ 重要文化財としての指定名称は「銀板写真(石塚官蔵と従者像)1枚 エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影 一八五四年 附 添状2通、ウィリアムス羅森合筆扇面1面」
  19. ^ 銀板写真(石塚官蔵と従者像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。
  20. ^ 銀板写真(石塚官蔵と従者像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。
  21. ^ 松前藩勘定奉行の石塚官蔵子孫 27日に講演会”. 函館新聞 (2016年2月21日). 2016年8月16日閲覧。
  22. ^ 文化庁文化財部「新指定の文化財」『月刊文化財』、第一法規、2006、p.48
  23. ^ 市立函館博物館館報『SARANIP』46号、2007(参照:[1]
  24. ^ 重要文化財としての指定名は「銀板写真(黒川嘉兵衛像)1枚 エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影 一八五四年」
  25. ^ 銀板写真(黒川嘉兵衛像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。
  26. ^ 銀板写真(黒川嘉兵衛像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。
  27. ^ 重要文化財としての指定名は「銀板写真(田中光儀像)1枚 エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影 一八五四年」
  28. ^ 銀板写真(田中光儀像)<エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年>”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。
  29. ^ 銀板写真(田中光儀像)〈エリファレット・ブラウン・ジュニア撮影/一八五四年〉”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2016年8月16日閲覧。
  30. ^ 名村五八郎”. はこだて人物誌. 函館市文化・スポーツ振興財団. 2016年8月16日閲覧。
  31. ^ 文化庁文化財部「新指定の文化財」『月刊文化財』、第一法規、2006、pp.44 - 48
  32. ^ “(ひと)エバレット・ブラウンさん 日本の面影を撮り続ける湿板写真家”. 朝日新聞. (2017年6月5日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12972762.html 2017年6月5日閲覧。 
  33. ^ ペリー提督と従軍写真家ブラウンの子孫が160年ぶりに会談?!<外国人から見た開国と写真>7月18日開催【下田市】”. イズハピ. 伊豆新聞本社 (2015年7月9日). 2017年6月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集