メインメニューを開く

エリン・ブロコビッチ』(原題: Erin Brockovich)は、2000年製作のアメリカ映画アメリカ西海岸を拠点とする大手企業PG&Eから、史上最高額の和解金を勝ち取ったエリン・ブロコビッチの半生を描く。

エリン・ブロコビッチ
Erin Brockovich
監督 スティーブン・ソダーバーグ
脚本 スザンナ・グラント英語版
製作 ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ英語版
ステイシー・シェア
製作総指揮 ジョン・ハーディ
出演者 ジュリア・ロバーツ
音楽 トーマス・ニューマン
主題歌 「救いの日」Redemption Day
作・歌:シェリル・クロウ
(CD「シェリル・クロウ」1996年)
撮影 エド・ラックマン
編集 アン・V・コーツ
製作会社 ジャージー・フィルムズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年3月17日
日本の旗 2000年5月27日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $52,000,000[1]
興行収入 $256,271,286[1]
11億1000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

主演のジュリア・ロバーツの演技は絶賛され第73回アカデミー賞をはじめ、ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)英国アカデミー賞 主演女優賞ナショナル・ボード・オブ・レビュー 主演女優賞、全米映画俳優組合賞ロサンゼルス映画批評家協会賞女優賞など数多くの賞を受賞した。

また、エリン・ブロコビッチ本人もカメオ出演している。[3]

ストーリー編集

3人の子供を抱えるシングル・マザーのエリンは子供を抱えていては職探しもままならず、信号無視の車に衝突される交通事故に遭う。こちらに過失のない事故だから絶対に勝てると弁護士のエドワードはエリンの弁護を請け負うが、陪審員の目には加害者が医師であるのに対し、エリンは社会的な信用が低く、証言時の言葉遣い悪さも災いして、金目当ての当たり屋と相手側に匂わされた結果敗訴してしまった。事故で負傷したにもかかわらず賠償金を得ることも出来ず、生活に窮したエリンはエドワードに、勝てる裁判で負けたのだから代わりに仕事を斡旋するように要求、半ば強引に彼の事務所で働くようになる。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ a b Erin Brockovich”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年1月9日閲覧。
  2. ^ 2000年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ エリンが子ども達を連れて行ったレストランのウェイトレス役として登場し、ジュリア・ロバーツとの会話も交わしている。

外部リンク編集