エリーザベト・アマーリア・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット

エリーザベト・アマーリア・マグダレーネ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットElisabeth Amalia Magdalene von Hessen-Darmstadt, 1635年3月20日 - 1709年8月4日)は、プファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの2番目の妃。

エリーザベト・アマーリア・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット
Elisabeth Amalia von Hessen-Darmstadt
プファルツ選帝侯
Johann Spilberg 002.jpg
在位 1685年 - 1690年

出生 (1635-03-20) 1635年3月20日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ギーセン
死去 (1709-08-04) 1709年8月4日(74歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ノイブルク・アン・デア・ドナウ
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ノイブルク・アン・デア・ドナウ
配偶者 プファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルム
子女 一覧参照
家名 ヘッセン=ダルムシュタット家
父親 ヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク2世
母親 ゾフィー・エレオノーレ・フォン・ザクセン
宗教 キリスト教ルター派カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

ヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク2世とその妻でザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世の娘であるゾフィー・エレオノーレの間に生まれた。エリーザベト・アマーリアは母親によって厳格なルター派教育を受けた。エリーザベト・アマーリアは明るい金髪を持つ美しい女性で、この金髪は何人かの娘達にも受け継がれた。

1653年9月3日、エリーザベト・アマーリアはランゲンシュヴァルバッハ(現在のバート・シュヴァルバッハ)において、20歳年上のプファルツ=ノイブルク公フィリップ・ヴィルヘルムと結婚した。フィリップ・ヴィルヘルムは1685年にプファルツ選帝侯となる。1653年11月1日、エリーザベトはケルン大司教マクシミリアン・ハインリヒ・フォン・バイエルンの立ち会いのもと、夫の宗旨であるローマ・カトリックに改宗した。

エリーザベトとフィリップ・ヴィルヘルムの37年にわたる結婚生活は非常に幸福なものだったと言われ、選帝侯夫妻は間に17人の子女をもうけた。夫妻は結婚当初はデュッセルドルフで暮らし、同市に教会や修道院を建設した。後に夫妻はノイブルク・アン・デア・ドナウに移り、エリーザベト・アマーリアは夫の死後20年の寡婦生活の後に亡くなった。

子女編集

エリーザベト・アマーリアは多産で、23回の妊娠を経験し、9男8女の17人の子女を出産した。