エリーザベト・ハウプトマン

エリーザベト・ハウプトマン (Elisabeth Hauptmann、1897年6月20日ドイツ帝国ウェストファリアペッケルスハイム - 1973年4月20日東ベルリン)は、演出家のベルトルト・ブレヒトと一緒に仕事をしたドイツ脚本家劇作家である。

経歴編集

彼女は1922年ベルリンを訪問し、同じ年にブレヒトと知り合った。彼女はドイツ系アメリカ人詩人であり作家でもあるヘルマン・ジョージ・シェファウアーの秘書として働いていた[1] 。彼女は1924年にブレヒトとのコラボレーションを開始し、三文オペラ(1928)の共著者としてリストされている。彼女はうわさによれば[2]、ベースとなったジョン・ゲイザ・ベガーズ・オペラのドイツ語への翻訳をブレヒトと作曲のクルト・ヴァイルに材料として提供しただけでなく、テキストの大半を書いた。 彼女は伝えられるところによると、マガゴニー・ソングスピルの少なくとも半分を書いたが、クレジットさなかった。 彼女はミュージカルコメディHappy End (1929)のメインテキストの作者であった。

ナチズムの台頭により、ハウプトマンは1934年から1949年まで米国亡命し、1943年にドイツの作曲家指揮者パウル・デッサウと結婚した。1956年にブレヒトが亡くなった後、ドイツの出版社であるズーアカンプヴェルラークで彼の作品を発表し、ベルリンアンサンブルドラマトゥルクとして働いた。

1961年、彼女は文化省(東ドイツ)が毎年授与したレッシング賞を受賞した。 彼女は元王朝時代の中国の演劇であるヘハンシャン対決されたアンダーシャツ)のドイツ語版を作った。死去から4年経った1977年に、彼女の作品のコレクションがJulia ohne RomeoJulia without Romeo)というタイトルで公開された[3]

参考文献編集

  • Hanssen, Paula. Elisabeth Hauptmann: Brecht's Silent Collaborator. New York University/Ottendorfer, Book 46, 1995; ISBN 9783906753119. 173pp.
  • Tian, Min. The Poetics of Difference and Displacement: Twentieth-Century Chinese-Western Intercultural Theatre. Hong Kong University Press, 1 June 2008; ISBN 9622099076/ISBN 9789622099074.

脚注編集

  1. ^ See Sabine Kebir Ich fragte nicht nach meinem Anteil Elisabeth Hauptmanns Arbeit mit Bertolt Brecht (Aufbau-Verlag GmbH: Berlin 1997), p. 22.
  2. ^ Brecht & Co.: Sex, Politics and the Making of the Modern Drama by John Fuegi
  3. ^ Tian, Min, p. 40. "[...]a Yuan play, He hanshan (The Confronted Undershirt)[..]and it was later rendered into German by Elisabeth Hauptmann."