エリーザベト・フォン・アンハルト (1563-1607)

エリーザベト・フォン・アンハルトElisabeth von Anhalt, 1563年9月15日 - 1607年11月8日)は、ドイツブランデンブルク選帝侯ヨハン・ゲオルクの3番目の妻。

エリーザベト・フォン・アンハルト
Elisabeth von Anhalt
ブランデンブルク選帝侯
ElisabethAnhaltBrandenburg.JPG
在位 1577年 - 1598年

出生 (1563-09-15) 1563年9月15日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
アンハルト=ツェルプスト侯領、ツェルプスト
死去 (1607-11-08) 1607年11月8日(44歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Brandenburg (1340-1657).svg ブランデンブルク選帝侯領クロッセン・アン・デア・オーダー
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Brandenburg (1340-1657).svg ブランデンブルク選帝侯領ベルリン大聖堂
配偶者 ブランデンブルク選帝侯ヨハン・ゲオルク
子女 一覧参照
家名 アスカーニエン家
父親 アンハルトヨアヒム・エルンスト
母親 アグネス・フォン・バルビ
テンプレートを表示

生涯編集

アンハルトヨアヒム・エルンストとその最初の妻アグネス・フォン・バルビとの間の第3子、三女として生まれた。1577年10月6日にガルデレーゲン郊外のレッツリンゲン狩猟用城館(Jagdschloss Letzlingen)において、ヨハン・ゲオルク選帝侯と結婚した。エリーザベトは当時14歳の少女だったのに対し、ヨハン・ゲオルクは52歳の初老であり、夫婦には38歳の年齢差があった。夫の長子ヨアヒム・フリードリヒですら、エリーザベトより16歳年上であった。

結婚式は大して盛大に祝われることも無かったが、エリーザベトは朝の贈り物(Morgengabe)として年金400グルデンを保障された。エリーザベトは1万5000ターラーの持参金付きで輿入れし、婚資(寡婦財産)としてクロッセン(現ポーランドルブシュ県クロスノ・オジャンスキェ)の城と市街、ツューリハウおよびボーベルスベルク(現ボブロヴィツェ)の市街と農地など、相当に裕福な資産を与えられた。

エリーザベトは夫の先妻ザビーナと同じく宮廷侍医レオンハルト・トゥルナイッサーの研究活動の支援者となった。エリーザベトは度重なる妊娠と出産を繰り返し、1598年に夫と死別する頃にはすでに健康を損なっていた。寡婦になると年少の子供たちを連れてクロッセン城に引退し、9年後に44歳で亡くなって、ベルリン大聖堂に葬られた。

子女編集

夫との間に7男4女をもうけた。

参考文献編集

  • Friederike Bornhak: Elisabeth von Anhalt: Kurfürstin von Brandenburg, dritte Gemahlin des Kurfürsten Johann Georg von Brandenburg, geboren 1563, gestorben 1607, S. Geibel, 1889
  • Ernst Daniel Martin Kirchner: Die Kurfürstinnen und Königinnen auf dem Throne der Hohhenzollern, 2. Teil: Die letzten acht Kurfürstinnen, Berlin 1867, Seite 34 ff. (Digitalisat)