エリーザベト・フォン・デア・プファルツ (1381-1408)

エリーザベト・フォン・デア・プファルツ(ドイツ語:Elisabeth von der Pfalz, 1381年10月27日以前 - 1408年12月31日[1]は、オーストリア公フリードリヒ4世の最初の妃。

エリーザベト・フォン・デア・プファルツ
Elisabeth von der Pfalz
Elisabeth of the Palatinate.jpg

出生 1381年10月27日以前
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Banner of the Palatinate.svg プファルツ選帝侯領アンベルク
死去 1408年12月31日(27歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Tirol and Upper Austria.svg チロル伯領インスブルック
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Tirol and Upper Austria.svg チロル伯領、シュタムス修道院
配偶者 オーストリア公フリードリヒ4世
子女 エリーザベト
家名 プファルツ家
父親 ローマ王ループレヒト
母親 エリーザベト・フォン・ニュルンベルク
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

エリーザベトは、ローマ王ループレヒトエリーザベト・フォン・ニュルンベルクニュルンベルク城伯フリードリヒ5世の娘)の間の娘で、6人の兄弟と3人の姉妹がいた。1406年12月24日インスブルックオーストリア公フリードリヒ4世と結婚し、これにより父ループレヒトとレオポルト系ハプスブルク家との同盟が成立した。しかし結婚後まもなく、エリーザベトは娘エリーザベトの出産時に27歳で死去し、生まれた娘も生後間もなく死去した。エリーザベトはチロルにあるシュタムス修道院に埋葬された。

ブラントシュテッター(Klaus Brandstätter)は、結婚式は1407年の11月か12月にロッテンブルクで行われたとしている[2]

脚注編集

  1. ^ Brigitte Hamann (Hrsg.), Die Habsburger, S. 85; abweichend geben Hans und Marga Rall (König Ruprecht von der Pfalz, in: Gerhard Hartmann, Karl Rudolf Schnith (Hrsg.): Die Kaiser, 1996, ISBN 3-222-12421-3, S. 446) では、エリーザベトの生年月日を1409年12月31日としている。
  2. ^ Klaus Brandstätter: Die Tiroler Landesfürstinnen im 15. Jahrhundert. In: Margarete Maultasch. Zur Lebenswelt einer Landesfürstin und anderer Tiroler Frauen des Mittelalters. Hrsg. v. Julia Hörmann-Thurn und Taxis. (= Schlern-Schriften 339). 2007, S. 177.

参考文献編集

  • Elisabeth, in: Brigitte Hamann (Hrsg.), Die Habsburger, 1988, S. 85.
  • Klaus Brandstätter: Die Tiroler Landesfürstinnen im 15. Jahrhundert. In: Margarete Maultasch. Zur Lebenswelt einer Landesfürstin und anderer Tiroler Frauen des Mittelalters. Hrsg. v. Julia Hörmann-Thurn und Taxis. (= Schlern-Schriften 339). 2007, S. 175–217.
  • Ellen Widder: Elisabeth von Bayern († 1408), erste Ehefrau Friedrichs IV. – Leben und Sterben einer Fürstin, in: Herzog Friedrich IV. von Österreich (1403–1439). Akten der internationalen Tagung Landesmuseum Schloss Tirol, 19./20. Oktober 2017. Hrsg. v. Gustav Pfeifer. Bozen/Bolzano 2018, S. 209–239.