エルキュール・グリマルディ

デ・ボー侯爵エルキュール・グリマルディHercule Grimaldi, marquis des Baux, 1623年12月16日 - 1651年8月2日)は、初代モナコ公オノレ2世の長男で後継者[1]

エルキュール・グリマルディ
Hercule Grimaldi
デ・ボー侯
Ercole Grimaldi (Marquis of Baux) hier of Prince Honoré II of Monaco by unknown artist.jpg
馬上のデ・ボー侯爵
在位 1642年 - 1651年

出生 (1623-12-16) 1623年12月16日
Pavillon royal de la France.svg フランス王国パリ
死去 (1651-08-02) 1651年8月2日(27歳没)
Lozenge flag of Monaco.svg モナコ公国モンテカルロ
配偶者 マリーア・アウレーリア・スピノラ
子女 ルイ1世
マリーア・イッポーリタ
ジョヴァンナ・マリーア
テレーザ・マリーア
家名 グリマルディ家
父親 モナコ公オノレ2世
母親 イッポーリタ・トリヴルツィオ
テンプレートを表示

生涯編集

オノレ2世とミラノ貴族メルツォ伯爵家の娘イッポーリタ・トリヴルツィオの間の一人息子。1642年より、父が宗主のフランス王ルイ13世に授けられた従属称号の1つ、デ・ボー侯爵英語版の称号を名乗った[2]。長じて有能な軍指揮官となり、セッラヴァッレ・ランゲを攻撃し砦の歩哨を捕虜とする軍功を立てた[3]

1641年7月4日、マリーア・アウレーリア・スピノラと結婚[1]、4人の子が生まれ全員が成人した。舅のモルフェッタ公ルーカ・スピノラはジェノヴァ共和国の名門スピノラ家英語版の一員であった[4]

1651年初夏、デ・ボー侯爵は妻子とマントンのカルノール修道院を訪問した。モナコへの帰国後、侯爵は数人の衛兵と共に居城の中庭で実弾による射撃ゲームを始めた[5]。衛兵の1人が銃器が壊れていないか確かめようとして実弾を誤射し、侯爵と他の衛兵2名を負傷させた。侯爵は脊椎を損傷する致命傷を負い、治療の甲斐なく事故の翌日に27歳の若さで死んだ[5]。誤射した衛兵は罪に問われないはずだったが、投獄されたため自殺未遂を起こした。その後この衛兵は解放され、2度とモナコに帰らなかった[5]

地元の聖職者が残した侯爵の死に関する記録によれば、侯爵は死ぬ前に自分の死を告げる幽霊に出くわしたとされる[5]

長男ルイが祖父の後を継いでモナコ公家の当主となった。

子女編集

末娘テレーザ・マリーアの曾孫マッサ・カッラーラ女公マリーア・テレーザを通じて、デ・ボー侯爵はルクセンブルク大公アンリなど現在の欧州諸王家の先祖の1人に数えられる[1]

引用・脚注編集

  1. ^ a b c van de Pas, Leo. “Ercole Grimaldi, Marquis des Baux”. Genealogics.org. 2013年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月1日閲覧。
  2. ^ Velde, François. “Monaco”. Heraldica.org. 2010年10月23日閲覧。
  3. ^ The Mad Monarchist (2010年3月24日). “The Tragic Prince Hercules”. Mad for Monaco. madformonaco.blogspot.com. 2012年9月17日閲覧。
  4. ^ Malleson, George Bruce (2010) [1875]. Studies from Genoese History. Read Books Design. p. 294. ISBN 1-4455-6775-X 
  5. ^ a b c d The Mad Monarchist (2012年4月10日). “Whatever Happened to Hercules”. Mad for Monaco. madformonaco.blogspot.com. 2012年9月17日閲覧。