エルゼ・ベルクElse Berg1877年2月19日 - 1942年11月19日)とは、ドイツ生れのオランダの画家。ユダヤ系ベルゲン派英語版に属する。夫はオランダ人画家のモミー・シュワルツ英語版

Else Berg
エルゼ・ベルク
Else Berg Selfportrait 1917.jpg
自画像 (1917)
生誕 (1877-02-19) 1877年2月19日
ドイツの旗 ドイツ帝国 ラチブシュ
死没 1942年11月19日(1942-11-19)(65歳)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所
国籍 ドイツの旗 ドイツ
オランダの旗 オランダ
教育 アントウェルペン王立芸術学院
ベルリン芸術大学
著名な実績 絵画
運動・動向 ベルゲン派英語版
配偶者 モミー・シュワルツ英語版

生涯編集

生れたのは当時ドイツ領だったシレジアラチブシュ。父親は葉巻工場を経営していた改革派ユダヤ人1895年アントウェルペン(アントワープ)のアントウェルペン王立芸術学院に入学し、絵を学ぶ。5年後、両親の経済的支援を受けベルリン芸術大学に留学し[1]アルトゥール・カンプ英語版に師事。

1905年ニューヨーク帰りでベルリンドイツ表現主義を学んでいたモミー・シュワルツと出会う。二人でパリに行き、最先端の美術を見る。翌年にはアムステルダムに居を構え、モダンアート運動に加わる。それから数年、アトリエは別々だが、二人で旅行して回った。1920年に結婚、その4年後、ベルクはオランダに帰化した[2]

生活は苦しかったが、二人で東ヨーロッパ、イタリア、フランスを旅行。マヨルカ島には長期滞在し、レオ・ゲステル英語版夫妻とともにキュビスムを学ぶ[2]

ナチズムが勢力を増すと、家族や友人たちは次々にイングランドアメリカ合衆国に去っていった。二人は大丈夫だと思ってアムステルダムに残った。しかし、ユダヤ人であることを示すイエロー・バッジ英語版の着用を求められて、二人は拒否してバアンブルヘに潜伏。しかし、仲間に裏切られた。1942年11月、二人は逮捕され、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に送られ、到着後すぐに処刑された[2]

ギャラリー編集

出典編集

  1. ^ Profile @ the Rijksbureau voor Kunsthistorische Documentatie
  2. ^ a b c Brief biography @ Schilderijen Site.

関連書籍編集

  • Linda Horn, Else Berg en Mommie Schwarz, kunstenaarspaar in Amsterdam 1910-1942, Uitgeverij De Kunst, 2011 94-911961-8-9

外部リンク編集