メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロペス第二姓(母方の)はモーラです。

エルナン・ロドリゴ・ロペス・モーラ(Hernán Rodrigo López Mora, 1978年1月21日 - )は、ウルグアイモンテビデオ出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード

エルナン・ロペス Football pictogram.svg
名前
本名 エルナン・ロドリゴ・ロペス・モーラ
Hernán Rodrigo López Mora
ラテン文字 Hernán LÓPEZ
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
生年月日 (1978-01-21) 1978年1月21日(41歳)
出身地 モンテビデオ
身長 181cm
選手情報
ポジション FW
ユース
ウルグアイの旗 リーベル・プレート
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1998 ウルグアイの旗 リーベル・プレート 57 (10)
1998 イタリアの旗 トリノ 8 (0)
1998 ギリシャの旗 カヴァラ 4 (0)
1999-2000 ウルグアイの旗 リーベル・プレート 14 (3)
2000 チリの旗 コロコロ 14 (1)
2001 ウルグアイの旗 ダヌービオ 22 (4)
2022 ウルグアイの旗 ラシン・デ・モンテビデオ 17 (10)
2002-2004 パラグアイの旗 オリンピア 51 (12)
2004 メキシコの旗 パチューカ 11 (1)
2005-2007 パラグアイの旗 リベルタ 61 (39)
2007-2008 メキシコの旗 クラブ・アメリカ 19 (8)
2009-2010 アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド 53 (23)
2010-2011 アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス 19 (7)
2011-2012 アルゼンチンの旗 バンフィエルド 12 (4)
2012-2013 パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ 15 (1)
2013 パラグアイの旗 スポルティボ・ルケーニョ 17 (17)
2014-2016 パラグアイの旗 リベルタ 62 (35)
2016-2017 パラグアイの旗 グアラニー 63 (17)
代表歴
1996-1997 ウルグアイの旗 ウルグアイ U-20
1996-2009 ウルグアイの旗 ウルグアイ 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

クラブ編集

1996年にCAリーベル・プレートからデビューした。1998年にはギリシャのAOカヴァラやイタリアのトリノFCに短期間在籍し、2000年にチリのCSDコロコロに移籍。2001年にウルグアイに戻ってダヌービオFCでプレーし、2002年にラシン・クラブ・デ・モンテビデオに移籍した。2002年にはパラグアイのオリンピア・アスンシオンに移籍し、同年にはコパ・リベルタドーレスで優勝を、2003年にはレコパ・スダメリカーナで優勝を果たした。2004年にはメキシコのCFパチューカに移籍したが、わずか数試合しか出場しないうちにパラグアイに戻り、クラブ・リベルタに移籍した。リベルタでは71試合に出場して39得点を挙げ、2006年には自身が得点王に輝くとともにチームはプリメーラ・ディビシオン優勝を果たした。

2008年にメキシコのクラブ・アメリカに移籍し、アルゼンチンのフェデリコ・インスアサルバドール・カバニャスなど様々な国籍の南米出身選手とともにプレーした[1]。アメリカでは成功を収め、アペルトゥーラ2007ではエストゥディアンテス・テコス戦でハットトリックを達成した[2]。2008年にはインテルリーガで優勝を果たした。2008年にはアルゼンチンのCAベレス・サルスフィエルドに移籍。移籍当初はチームになじめなかったが、すぐにかつての状態を取り戻してクラウスーラ2009では11得点を挙げた[3]。2010年6月、約75万ドルの移籍金でアルゼンチンのエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタに移籍した[4]。移籍初年度には重要な得点をいくつも挙げ、アペルトゥーラ2010優勝に貢献した。2011年のコパ・リベルタドーレス、クラブ・グアラニー戦 (5-1) ではすべてヘディングシュートでエストゥディアンテス加入後初のハットトリックを達成した[5]。グアラニー戦の次の試合はリーグ首位を走るラシン・クラブ戦であったが、この試合でも決勝点を挙げた[6]。2011年7月、CAバンフィエルドと2年契約を結んだ。

代表編集

1996年、中国との親善試合でウルグアイA代表デビューを果たした[7]。1997年にはU-20ウルグアイ代表としてFIFAワールドユース選手権に出場した。決勝のU-20アルゼンチン戦にも出場したが、この試合に敗れて準優勝となった。それからは代表から遠ざかっていたが、13年の歳月を経た2009年、オスカル・タバレス監督からアルジェリア戦(親善試合)とペルー戦・コロンビア戦(2010 FIFAワールドカップ・南米予選)のために招集された[7]。ウルグアイは南米予選5位で大陸間プレーオフに回ったが、そのプレーオフのコスタリカ(北中米カリブ海地区代表)戦にも招集された。2010 FIFAワールドカップ本大会の出場メンバーからは漏れた。2010年7月27日、ポルトガルのリスボンで行われたアンゴラとの親善試合で代表2キャップ目を刻んだ。

タイトル編集

クラブ編集

オリンピア
リベルタ
アメリカ
ベレス・サルスフィエルド
エストゥディアンテス
プリメーラ・ディビシオン : 2010-11A

個人編集

脚注編集

  1. ^ Federico Insúa gambeta vs Tecos
  2. ^ Rodrigo López golazo vs Tecos
  3. ^ 26 Minutos 26noticias.com、2009年12月22日 (スペイン語)
  4. ^ “Con Rorro y el Torito” (Spanish). Olé. (2010年6月26日). http://www.ole.com.ar/estudiantes/Rorro-Torito_0_287371326.html 2010年6月27日閲覧。 
  5. ^ Rodrigo López vs Guaraní
  6. ^ Hernán Rodrigo López vs Racing, Clausura 2011
  7. ^ a b "La Celeste" Olé、2009年8月21日 (スペイン語)

外部リンク編集