メインメニューを開く

エルネスト・ブラン(Ernest Blanc, 1923年11月1日 - 2010年12月22日)は、フランスバリトン歌手。清々しく豊麗な美声、気品溢れる歌唱で戦後のフランスを代表する歌手として活躍した。

サナリー=シュル=メールに生まれ、1946年から1949年までトゥーロンの音楽学校で学ぶ。1950年、マルセイユにて『道化師』のトニオでデビューする。その後、フランス各地でフランス・イタリアオペラの役柄を歌った。1954年、パリガルニエ宮リゴレットを歌いデビューする。25年間にわたってラモーモーツァルトグノービゼーマスネヴェルディプッチーニなどの広いレパートリーを歌い、オペラ=コミック座エクサン・プロヴァンス音楽祭にも出演した。

1958年のバイロイト音楽祭出演後、活躍の舞台を世界に広げ、ミラノスカラ座ロンドンロイヤル・オペラ・ハウスグラインドボーン音楽祭ウィーン国立歌劇場ザルツブルク音楽祭ブリュッセルモネ劇場、ジュネーヴ大劇場、モンテカルロ歌劇場リスボンサン・カルルシュ国立劇場バルセロナリセウ大劇場ベルリン国立歌劇場などで歌った。米国シカゴ・リリック・オペラサンフランシスコ・オペラブエノスアイレステアトロ・コロンなどでも成功を収めた。

代表的な役としては、モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』、ヴァランタン(グノーの『ファウスト』)、ズルガ(ビゼーの『真珠採り』)、エスカミーリョ(ビゼーの『カルメン』)、ゴロー(ドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』)、ジェルモン(ヴェルディの『椿姫』)、レナート(同『仮面舞踏会』)、アモナスロ(同『アイーダ』)、スカルピア(プッチーニの『トスカ』)、リッカルド(ベッリーニの『清教徒』。ジョーン・サザーランドと組んだ)、アルフォンゾ11世(ドニゼッティの『ラ・ファヴォリータ』)、ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハワーグナーの『タンホイザー』)、フリードリヒ・フォン・テルラムント(同『ローエングリン』)などがある。

引退後は、パリで後進の指導にあたった。2010年、生地のサナリー=シュル=メールで死去した。