メインメニューを開く

エルハーブ (Erhaab) とはイギリス競走馬である。1994年ダービーステークス (G1) とダンテステークス (G2) の優勝馬。現役引退後種牡馬となり日本に輸出されたが、2000年にイギリスに再輸出された。

Erhaab
Owner Mr Hamdan Al Maktoum.svg
ハムダーン・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームの勝負服
品種 サラブレッド
性別
毛色 青毛
生誕 1991年5月24日
Chief's Crown
Histoire
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Shadwell Farm Inc. &
Shadwell Estate Co Ltd.
馬主 ハムダン・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム
調教師 John L.Dunlop(イギリス)
競走成績
生涯成績 11戦4勝
獲得賞金 596,662ポンド
テンプレートを表示

※文中の馬齢は当時の日本で一般的であった数え年ではなく、現在使用されている方法に換算して表記する。

戦績編集

アラブ首長国連邦ハムダン殿下の所有馬として、ダンロップ調教師の管理で、2歳の1993年7月30日ニューマーケット競馬場でデビュー。 デビュー戦は7着に終わり、3戦目で初勝利をあげ、5戦目で2勝目をあげた。 6戦目で重賞初出走となったG3ホーリスヒルステークスは3着で、2歳時は6戦2勝に終わった。

明けて3歳となった1994年は準重賞(リステッドレース)フェイルドンステークスに出走。これは2着に終わったが、ヨーク競馬場で行われたダービーの前哨戦(プレップレース)の1つであるダンテステークスをコースレコードで勝ち、一躍ダービーの本命候補に名乗りを上げた。 多くの産駒が短距離〜中距離を得意とする種牡馬ダンジグの孫ということで血統的な距離不安を唱える声もあったが、レースでは2着キングスシアターに2馬身1/4差をつけて快勝し、ダービー馬となった。

その後は古馬に挑戦するが、エクリプスステークスエズードの3着に終わる。 そして、春の大一番キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに出走するが、ダービーで負かしたキングスシアターから10馬身以上離された7着に敗れ、しかもレース中に故障していたことが判明し、そのまま引退となった。余談だが、最後のレースとなったキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスには、ホワイトマズル武豊が騎乗し、2着となった。

騎手は、全11戦中初勝利をあげた3戦目(W.ニューネス)を除いて、ウィリー・カーソンが務めた。

種牡馬として編集

1995年に日本に輸入され、種牡馬となるが、産駒が期待されたほど走らず、船橋競馬場の重賞・平和賞勝ち馬ノトテイオー、中央から金沢競馬に移籍した後活躍したホシオーを出した程度で、JRAの重賞勝ち馬を出すことなく、2000年にイギリスに再輸出された。 しかし、再輸出後も現時点では目立った活躍馬を出していない。

代表産駒編集

  • イカルガ(吉野ヶ里記念
  • オーミアジル(中日杯、北陸三県畜産会長賞)
  • ノトテイオー(平和賞)
  • ホシオー(百万石賞、北國王冠、中日杯、六甲盃ほか)

血統表編集

エルハーブ血統ダンジグ系 / Nasrullah4×5=9.38%、Nearco5×5=6.25%、Princequillo5×5=6.25% (血統表の出典)

Chief's Crown 1982
鹿毛
父の父
Danzig 1977
鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
父の母
Six Crowns 1976
栗毛
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Chris Evert Swoon's Son
Miss Charmie

Histoire 1979
黒鹿毛
Riverman 1969
鹿毛
Never Bend Nasrullah
Lalun
River Lady Prince John
Nice Lily
母の母
Helvite 1970
黒鹿毛
Kairon Clarion
Kalmia
Heiress Rockfella
Matial Air F-No.1-w


血統背景編集

外部リンク編集