エルンスト・アーダルベルト・フォン・ハラハ

エルンスト・アーダルベルト・フォン・ハラハErnst Adalbert von Harrach, 1598年11月4日 - 1667年10月25日)は、オーストリアの貴族、聖職者枢機卿プラハ大司教、トリエント司教を務めた。3人のボヘミア王と2人のボヘミア王妃の戴冠式を執り行った。

エルンスト・アーダルベルト・フォン・ハラハ
枢機卿
Ernst Adalbert von Harrach.jpg
大司教区 プラハ
着座 1626年1月19日
離任 1667年10月25日
聖職
枢機卿任命 1644年
個人情報
出生 1598年11月4日
オーストリア帝国の旗 ハプスブルク帝国ウィーン
死去 1667年10月25日
オーストリア帝国の旗 ハプスブルク帝国ウィーン
両親 父:カール・フォン・ハラハ
テンプレートを表示

生涯編集

神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の側近カール・フォン・ハラハ伯爵の三男として生まれた。ケーニヒグレーツ(現在のフラデツ・クラーロヴェー)のイエズス会中等教育学校で学んだあと、ローマのドイツ人神学校(Collegio Teutonico)に移った。教皇グレゴリウス15世の侍従、秘書を務めた後、1622年にプラハ大司教ヤン・ロヘリウスJan Lohelius)が死ぬと、その後継者に指名される。1626年1月19日、教皇ウルバヌス8世によって正式にプラハ大司教に任命された。1644年には、サンタ・プラッサーデ教会Santa Prassede)を名義聖堂とする司祭枢機卿に叙階された。

任地のボヘミアではカトリック教会の有能で精力的な代表者として、対抗宗教改革を推進した。ハラハは主家であるハプスブルク家の皇帝や大公達とは違い、プロテスタント信徒たちを排除する政策はとらず、プロテスタントを再教育してカトリック信仰に回帰させる路線を採った。ハラハの時代に、ボヘミアの聖職者数と信者数はともに増加を続けた。1631年にプラハに大司教座神学校を設立して聖職者養成に尽力し、1655年にライトメリーツ司教区(Bistum Leitmeritz)、1664年にケーニヒグレーツ司教区(Bistum Königgrätz)をそれぞれ大司教管区内に設置した。同時に多くの教会や司祭館を建設させた。聖職者の不足を補うため、ハラハはマイセンからフランシスコ会ピアリスト会ミニミ会など多くの修道会をボヘミアに誘致した。

こうした努力にもかかわらず、相変わらずプロテスタントの反抗は収まらなかったため、ハラハは時として皇帝の軍隊などの世俗の軍事力に頼って改革を進めねばならなかった。ハラハは当初の路線を変え、強制的なボヘミアの再カトリック化に協力することになった。

参考文献編集

  • Die Diarien und Tagzettel des Kardinals Ernst Adalbert von Harrach (1598-1667), herausgegeben von Katrin Keller und Alessandro Catalano, unter Mitarbeit von Marion Romberg, Wien 2010. ISBN 978-3-205-78461-6.
  • Catalano, Alessandro: La Boemia e la riconquista delle coscienze. Ernst Adalbert von Harrach e la Controriforma in Europa centrale (1620-1667). Premessa di Adriano Prosperi, Edizioni di Storia e Letteratura, Roma 2005. ISBN 88-8498-255-3.
  • Václav Medek: Cesta ceské a moravské církve staletími. CKC, Prag 1982

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、Ernst Adalbert von Harrachに関するメディアがあります。

先代:
ヤン・ロヘリウス
プラハ大司教
1623年 - 1667年
次代:
ヨハン・ヴィルヘルム・フォン・コロヴラート=リープシュタインスキー
先代:
ジギスムント・フランツ大公
トリエント司教
1665年 - 1667年
次代:
ジギスムント・アルフォンス・フォン・トゥーン