エルヴィス・コステロ

デクラン・パトリック・アロイシャス・マクマナスDeclan Patrick Aloysius MacManus OBE1954年8月25日 - )は、エルヴィス・コステロElvis Costello)の名で知られるイングランドのミュージシャン、作曲家、プロデューサーである。

エルヴィス・コステロ
OBE
ElvisCostello09TIFF.jpg
トロント国際映画祭にて(2009年)
基本情報
出生名 デクラン・パトリック・アロイシャス・マクマナス
別名
  • D.P.コステロ
  • ジ・インポスター
  • リトル・ハンズ・オブ・コンクリート
  • ナポレオン・ダイナマイト
  • ハワード・カワード[1]
  • マック・マヌス[2]
生誕
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1970年 -
レーベル
共同作業者
著名使用楽器

ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第80位。

経歴編集

1954年にイングランドリヴァプールに生まれる。芸名の「エルヴィス・コステロ」は、エルヴィス・プレスリーと、父方の祖母の旧姓コステロに由来する。「コステロ」はイタリア系の響きに聞こえるが、一般にアイルランド系の名前として多い苗字である。父親のロス・マクマナスはアイルランド系のジャズ・ミュージシャンで、ジョー・ロス&ヒズ・オーケストラでシンガー&トランペッターをつとめた。コステロは父親がもらってくる大量の試聴用レコードに囲まれて育ち、その豊富な音楽的素養を培い、音楽への関心を深めていった。

幼少よりビートルズ、特におなじアイルランド系のジョン・レノンの影響を受け[4]、働きながら「フリップ・シティ」というバンドで活動を始める。デビュー前の1974年に最初の妻・メアリーと結婚、デビュー時には既に長男・マシューがいた。1977年パブロックムーブメントの立役者ニック・ロウのプロデュースにより、シングル『レス・ザン・ゼロ(Less Than Zero)』[5]でデビュー。当時はインディーズの代表レーベルである、スティッフ・レコードからレコードが発表されていた。その後、ニック・ロウとともにレイダー・レーベルに移籍している。 ファースト・アルバムは『マイ・エイム・イズ・トゥルー(My Aim Is True)』(1977)である[6]。 セカンド・アルバムの『ディス・イヤーズ・モデル(This Year's Model)』(1978)は日本でも発売された。このアルバムからは自身のバンドであるジ・アトラクションズを率いるようになった。デビュー当初のコステロは、パンク調の作品が多く「怒れる若者」とも言われた。初来日時東京にてプロモーションのため、トラックの荷台に乗り日本の学生服を着てライヴ・パフォーマンスを行ったが、この時は全く見向きもされなかったという[7]。ライブ盤の後の3枚目のオリジナル・アルバム『アームド・フォーセズ』まではニュー・ウェーヴのミュージシャンとして注目を集めたが、80年代に入ってからは注目度が薄れた。コステロにとって80年代は、大人向けの音楽を演奏するミュージシャンへの、産みの苦しみの時期であった。

彼は、その後もソロやオーケストラとのコラボレーション等々、多彩な活動を展開した。ポール・マッカートニーとも共作し、「ヴェロニカ」を発表した。また、ポール・マッカートニーに、彼のトレードマークであるヘフナー・500-1の再使用を勧めたのはコステロであると言われている。その他の有名曲には「シー」がある。

2000年以降はNorthのようなジャズ作品や、アラン・トゥーサンとの共作であるThe River In ReverseではR&B、Secret, Profane & Sugar Caneではカントリー・ミュージック、Il Sognoではバレエ音楽を手がけるなど、など従来の枠に収まらない活動を積極的に行っている。2003年に「エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ(Elvis Costello & the Attractions) 」名義でロックの殿堂入りを果たした。

シングル"A Town Called Big Nothing (Really Big Nothing)"では父と親子共演を果たしている。プロデューサーとして関わったのが縁でザ・ポーグスのベーシスト、ケイト・オリオーダンと1986年に再婚。2003年にはジャズ歌手のダイアナ・クラールと3度目の結婚。2006年に双子の息子が生まれている。

カップヌードルの発明者である安藤百福への敬意から、自身のアルバムに『momofuku(百福)』と名付けたものがある。またフジロック・フェスティバルにも、複数回出演している。

2018年7月6日、悪性腫瘍の除去手術を受けていたことを明らかにした。手術後にツアーを開始していたが、体力回復に時間がかかるため、その後予定されていた欧州公演をキャンセルすると発表した。

ディスコグラフィ編集

シングル(イギリス盤のみ)編集

  1. 1977 - Less Than Zero / Radio Sweetheart
  2. 1977 - Alison英語版 / Welcome To The Working Week
  3. 1977 - (The Angels Wanna Wear My) Red Shoes/Mystery Dance
  4. 1977 - Watching The Detectives
  5. 1978 - (I Don't Want To Go To) Chelsea
  6. 1978 - Pump It Up
  7. 1978 - Radio Radio
  8. 1979 - Oliver's Army
  9. 1979 - Accidents Will Happen
  10. 1980 - I Can't Stand Up For Falling Down
  11. 1980 - High Fidelity
  12. 1980 - New Amsterdam
  13. 1980 - Clubland
  14. 1981 - From A Whisper To A Scream
  15. 1981 - Good Year For The Roses
  16. 1981 - Sweet Dreams
  17. 1982 - I'm Your Toy(live)
  18. 1982 - You Little Fool
  19. 1982 - Man Out Of Time
  20. 1982 - From Head To Toe
  21. 1982 - Party Party
  22. 1983 - Pills And Soap (The Imposter名義)
  23. 1983 - Everyday I Write The Book
  24. 1983 - Let Them All Talk
  25. 1984 - Peace In Our Time(The Imposter名義)
  26. 1984 - I Wanna Be Loved (radio version)
  27. 1984 - The Only Flame In Town
  28. 1985 - The People's Limousine(The Coward Brothers名義)
  29. 1986 - Don't Let Me Be Misunderstood(The Costello Show名義)
  30. 1986 - Tokyo Storm Warning - part 1+2
  31. 1986 - I Want You
  32. 1987 - Blue Chair (single version)
  33. 1987 - A Town Called Big Nothing (Really Big Nothing) (single version)(The MacManus Gang名義)
  34. 1989 - Veronica
  35. 1989 - Baby Plays Around
  36. 1991 - The Other Side Of Summer
  37. 1991 - So Like Candy
  38. 1993 - Jacksons, Monk And Rowe
  39. 1994 - Sulky Girl (single version)
  40. 1994 - 13 Steps Lead Down
  41. 1994 - You Tripped At Every Step
  42. 1994 - London's Brilliant Parade
  43. 1996 - It's Time (single version)
  44. 1996 - Little Atoms
  45. 1996 - The Other End (Of The Telescope)
  46. 1996 - Distorted Angel
  47. 1996 - All This Useless Beauty
  48. 1999 - Toledo
  49. 1999 - She
  50. 2002 - Tear Off Your Own Head (It's A Doll Revolution)
  51. 2002 - 45
  52. 2004 - Monkey To Man
  53. 2005 - Brilliant Mistake

アルバム編集

 
エルヴィス・コステロ 1979
  1. 1977 - My Aim Is True (UK #14, US #32)
  2. 1978 - This Year's Model (UK #4, US #30)
  3. 1979 - Armed Forces (UK #1, US #10)
  4. 1980 - Get Happy!!(UK #1, US #11)
  5. 1981 - Trust (UK #9, US #28)
  6. 1981 - Almost Blue (UK #7, US #50)
  7. 1982 - Imperial Bedroom (UK #6, US #30)
  8. 1983 - Punch the Clock (UK #1, US #24)
  9. 1984 - Goodbye Cruel World (UK #10, US #35)
  10. 1986 - King of America (UK #11, US #39)
  11. 1986 - Blood and Chocolate (UK #16, US #84)
  12. 1989 - Spike (UK #2, US #32)
  13. 1991 - Mighty Like a Rose (UK #3, US #55)
  14. 1993 - The Juliet Letters (UK #18)
  15. 1994 - Brutal Youth (UK #2, US #34)
  16. 1995 - Kojak Variety (UK #21)
  17. 1995 - Deep Dead Blue
  18. 1996 - All This Useless Beauty (UK #28, US #53)
  19. 1998 - Painted from Memory, with Burt Bacharach (UK #32, US #78)
  20. 2001 - For The Stars , with Anne Sofie Von Otter
  21. 2002 - When I Was Cruel (US #20)
  22. 2003 - North (UK #44, US #57, US Traditional Jazz #1)
  23. 2004 - Il Sogno
  24. 2004 - The Delivery Man (US #40)
  25. 2005 - Piano Jazz: Costello/McPartland
  26. 2006 - My Flame Burns Blue
  27. 2006 - The River in Reverse , with Allen Toussaint
  28. 2008 - Momofuku
  29. 2009 - Secret, Profane & Sugar Cane
  30. 2010 - National Ransom
  31. 2013 - Wise Up Ghost , with the Roots
  32. 2018 - Look Now
  33. 2020 - Hey Clockface

主な編集盤編集

  • 1980 - Ten Bloody Marys & Ten How's Your Fathers
  • 1985 - The Man - The Best Of Elvis Costello & The Attractions
  • 1987 - Out of Our Idiot
  • 1989 - Girls, Girls, Girls
  • 1994 - The Very Best Of Elvis Costello & The Attractions
  • 1997 - Extreme Honey - The Very Best of Warner Brothers Years
  • 2001 - The Very Best Of Elvis Costello
  • 2002 - Cruel Smile
  • 2003 - Singles, Volume 1
  • 2003 - Singles, Volume 2
  • 2003 - Singles, Volume 3
  • 2007 - Best of Elvis Costello: The First 10 Years
  • 2007 - Rock And Roll Music
  • 2011 - Pomp & Pout: The Universal Years

日本公演編集

11月23日 福岡大博多ホール、11月24日 大阪御堂会館、11月27日28日 日本教育会館11月29日30日 西武劇場
6月4日,5日 東横劇場、6日 渋谷公会堂
11月16日,17日,18日 中野サンプラザ、20日 北海道厚生年金会館、21日 東京厚生年金会館、23日 京都会館、24日 大阪サンケイホール、25日 愛知県勤労会館、27日 福岡サンパレス
3月1日 Bunkamuraオーチャードホール、3月3日 サンケイホールブリーゼ
12月11日,12日,13日 EXシアター六本木、12月15日 Zepp Namba
  • 2016

映画出演編集

脚注編集

  1. ^ Upchurch, Michael (2014年4月17日). “Diana Krall takes fresh twist on forgotten tunes | Concert review”. The Seattle Times. 2021年6月30日閲覧。
  2. ^ (1993年) Elvis Costello『The Juliet Letters』のアルバム・ノーツ. Warner Bros Records.
  3. ^ a b c d e Erlewine, Stephen Thomas. “Elvis Costello | Biography & History”. AllMusic. All Media Network. 2021年6月30日閲覧。
  4. ^ ジョンのアルバムの『ザ・ヒッツ〜パワー・トゥ・ザ・ピープル』の解説によると、まだ少年だったコステロは「彼が(ビートルズの)リーダーだったことは、すぐにわかったよ。あの目は俺たち不良仲間と同じ目だったよ」と述べている。
  5. ^ http://www.songfacts.com/detail.php?id=1144
  6. ^ http://www.discogs.com/ja/artist/55029-Elvis-Costello
  7. ^ エルヴィス・コステロ、かつて日本で行った路上ライヴが悲惨だったと語る”. NME Japan (2015年10月23日). 2015年10月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集