メインメニューを開く
エル・クアルト・デル・レスカテ

エル・クアルト・デル・レスカテ(El Cuarto del Rescate)(身代金の部屋)は、ペルー北部カハマルカにある建築物である。インカ帝国の皇帝アタワルパが幽閉されていた場所と考えられている。

アタワルパがフランシスコ・ピサロに捕らえられた際に、解放の交換条件として、この建物を金銀で満たして与えると約束した。 しかしピサロらにアタワルパを逃がす意図は無く、結果的に、金銀を譲り受けた後、アタワルパをキリスト教に改宗させ処刑してしまった。